鬱症状の過ごし方・転地療養のすすめ・直前になると気が重くなるパターン


やる事が山積しているが、
転地療養の日が近づいている。

転地療養前になると、
いつも、
心が後ろ向きになる。

経済的に痛いのだ。

とはいえ、
入院すれば、もっと掛かるし、
入院するよりよほど効果がある。

帰って来る頃には、
表情が別人のように明るくなり、
血色も良くなっている。


「入院すればもっと掛かる」と書いたが、
自宅療養が可能な鬱状態くらいでは、
入院指示は出ない。

自殺しそうになったり、
人を殺しそうになったりした場合は別である。

入院したとしても、
手術が有る訳でも無し。
治りません。


鬱状態の皆様は、
自宅で、先の見えない闘病をしていると、
お疲れであろうと思う。

心療内科に掛かるだけではなく、
脳の自然治癒力を、
どうにかしてアップさせたいものだ。



私の場合は、
転地療養を効果的に入れている。

転地療養の効果については、
過去日記をご参照。


私の、根強かった自殺願望が解けたのも、
転地療養効果だった。


あの時、自宅にずっと居たら、
徒歩二分の所にある踏切に、
飛び込んでいたであろう。

と、当時の事を振り返り、
複雑な心境になる。


「行き詰まったら、場所を変えてみる」。

これは、健康な時からそうしていた。

見えるものが違えば、
意識も、違う動きをし始める。


「もう明日は出勤したくない!
家にも帰りたくない!」

と、思う事は、
誰でもあると思う。

私もあった。

「出勤したくない!」と言っても休む訳にも行かないので、
場所を変えて、
頭を強制的に気分転換させるのである。


私は、そのように、
「自分に何が効くか」を、
普段から把握していた。

そのおかげで、
「自殺して俗世から離脱する」、
という解決方法は避けられたが、

「鬱病になったが、
自分に何が効くのか分からない」という人が、
実はほとんどだと思う。


自殺願望が芽生えた人にとっては、
「自殺は最良の解決手段」に見えている。


拙ブログでは、
「クレジットカード一枚あれば、
電車に飛び込むのではなく、
電車に飛び乗ってどこかへ行ってみよう」、と、
提案している。

過去日記に、
職場にも家族にも告げずに西日本を放浪し、
無断欠勤なので懲戒解雇になった教員のニュースを上げた。

よくよく追いつめられ、
電車に飛び込まずに、
飛び乗る事を実践したのであろう。


死ななくて良かったが、
いきなり行方をくらますと、
生きて帰ってきても仕事も家族も失うから、

そこまで追いつめられる前に、
行動した方が良いに決まっている。



それはそうと、
実践編だが、

元々旅人気質な私でさえ、

転地療養は、

実は億劫なのである。



何もしなくても、
宿泊代が飛んで行くのだし。
本当に、もったいない。

今だって、

「住民税とアパートの更新料を払ったので、
転地療養に掛けるお金がない!」
とか、

「無駄だ」
とか、

「かかるお金で指輪が買えてしまうではないか!」
とか、

尻込みしまくりである!




効果があると分かっているから、
自分に鞭打ち、
「自分への投資だ」と自分に言い聞かせて、
出掛けている訳だ。



効果を上げるコツは、

「休養だと割り切る」、

「効果を出すのを焦らない」、

「何かしなくては、と自分を追い込まない」、

要するに、脳が一時でも悩みから解放されればいいのだ。




目に入るものが違うだけでも、

家に居るだけよりも、

脳に何らかの刺激が伝わっている。


そう。

引き籠もっている人は、

転地療養先の、

ホテルなり旅館なり、民宿になり、

引き籠もっていてもいいのである!

部屋の景色が違うのだ。


かく言う私も、

転地先で引き籠もる、謎の客である。

宿の人は、さぞかし謎に思っているであろう。


民宿だと、
宿の人とのコミュニケーションが入って来るので、
しんどいかもしれない。


しかし、旅人なら分かると思うが、
「謎の客」は、
あなただけではない。

宿の人は、
変な客は沢山見ているから、
大丈夫である。

鬱病だという事は、
言わない方が良いと思う。



ところで、

転地療養には、

「自分が居心地がいいと感じる地域を選ぶ」事がコツだ。


人によっては、
「海」、

人によっては、
「山」、

人によっては、
「街の活気」、

人によっては、
「歴史を感じる所」、

人によっては、
綺麗なリゾート地。


自然はメンタルの疲労に効果があると言われている。

実際、効く。

が、私の場合は、

短期なら癒されるが、

長い事滞在していると、

閉塞感に襲われてしまう。



色々な人が行き交う都市部が、
逆に、
ほっとする。




健康になったら、

氷河やオーロラも、

一度は見てみたいものだ、

とか、

南洋のエメラルドグリーンの海を、
おしゃれなコテージから心行くまで眺めたいものだ、

とか、

健康になった時の夢を、

思い描けるようになった。










[PR]
# by leea_blog | 2018-01-06 20:21 | Comments(0)

新年街角景気ウオッチング・池袋の初売り



池袋に出掛けた。

西武デパートとサンシャインは、
元日から初売りで、

東武デパートは二日が初売り初日だ。

私は、
新年のバーゲンが結構好きである。

正月早々、欲しい物をゲットしようと繰り出してくる人出から
元気をもらえる心地がするのだ。

デパートは、普段は十時開店だが、
初売りの日は、九時半開店である。

私は九時35分頃東武デパートに到着。

食品売り場で日本茶とチョコレートの福袋を探そうとしたが、
既に通路は、行き来が出来ないほど人が詰めかけており、
その密集振りに、
食品はさっそく諦めた。

私はバーゲンの雰囲気は好きなのだが、
他のお客さんと争ってでも手に入れようという闘争心が無い。

「戦時中じゃないんだから。。。。」と、
引いてしまうのだ。

しかし、
本当にバーゲンを楽しむ人は、
福袋や数量限定の特売品にダッシュし、
「とりあえず手に掴んでから、
買うかどうかを決める」という、
肉弾戦を辞さない。

そのようにして手に入れたブツは、
きっと、
冬の森で狼がしとめた兎、のような、
原始の血を満足させるものに違いない。

古書市初日の私が、
まさにそうである。

古書市はほぼ絶版もので、
迷っていたらもうお目にかかれないかもしれない。

開店から五分しか過ぎていないのに、
エレベーターには、
既に複数の袋を手にした人々が乗っている。

うわ〜。

これは、
あらかじめ欲しい物と売っている場所を、
事前にチェックし、ダッシュでゲットしたのであろう。

「さ〜て、売り場はどこだったっけ?」などと、
キョロキョロしている客は、
事前の調査と準備が足りず、
その時点で福袋戦に敗退しているのだ。

恐るべし、初売り。


ちなみに、
ネットオークションでは、
手に入れた福袋が、
すぐに転売される。
転売目的で買う人たちに、
私のような素人は、あっさり敗退である。

デパートには、
磁石が砂鉄を吸い付けるが如く、
人がどんどん吸い込まれて行く。

新年のこの時間帯にデパートに来るような人は、
「買うぞ!」という購買意欲に燃えており、
動きも迅速である。


ところで、今年強く感じたのは、
デパートの販売員の、
おもてなしモードである。

正直、
ネットショッピングが普及し、
質の良いものが割安で手に入る時代である。

デパートが太刀打ち出来るとしたら、
「お客に楽しんでもらえるような、
品の良いおもてなし」であろう。


ちなみに、
ネットショッピングでは、
新品未使用だが中古扱いの「新古品」や、
新品同様の衣類等が、
一般ユーザーによって盛んに出品され、
大変な勢いであるという。

私も、家の近くにリサイクルショップがあったおかげで、
衣類の新品を買う意義が見いだせなくなっている。

そのリサイクルショップは、
昨年末に閉店してしまった。

散歩に出ると、いつも気ままに立ち寄っていたので、
無くなって残念だ。

私の若い頃は、
「多少お値段が張っても、
質の良いものを買って、
長く着る」風潮だった。

実際、生地も縫製も良く、
長く着られた。

時代が推移すると、
それなりのお値段がしても、
縫製が中国等になり、
裾はほつれるわ、
ボタンはすぐ取れるわになった。

そして、流通経路の変化もあり、
安価でもまあまあの品質のものが沢山出回るようになった。



それなら、使い捨て感覚で、
お安くてまあまあの品質のものでいいじゃない?

あるいは、
ネットで新古品で充分じゃない?

と、消費者意識も時代とともに変化して、

買う時に既に、

「二三回着たらネットで売ろう。

その為には、中古でも売れそうなものを買おう」と、

思う人も増えた。


ネットの中古市場やリサイクルショップは、

欲しい物が決まっている人には、

欲しい物に出会う確率は低い。

そのかわり、

宝探しのような、

面白さがある。



転地療養を控えて無駄なお金は一切使いたくないし、と、

購買意欲は無いけれど、

散歩と、

初売り観戦がしたくて、池袋まで来たのであった。






「仕事は休み。

帰省の予定無し。

旅行はこの時期高過ぎて無理。

買い物も特にしたくない。

家でゲームばかりしていては体に悪いから、

ちょっと散歩でもしようか」

という風情の人も、

街には沢山行き交っている。







[PR]
# by leea_blog | 2018-01-02 21:37 | Comments(2)

元旦風景・暇な日が一日くらいあっても良いので暇をする。

e0016517_14494805.jpg

新年のお祝いは、
先ほどの日記に書いたので、
日常の風景を貼る。


私一人なら、
特におせち料理も要らない。

が、ウチには、
台湾出身の同居人が二人居る。


黒豆と、かまぼこ。
伊達巻きが高かったので、
卵焼きを買った。

お屠蘇のかわりに、
葡萄酒を開け、

三人で新年を祝った。



その後、
二人の髪を梳く。

宮無后は、
いちゃいちゃし過ぎて
髪が乱れたのは仕方が無いとして、

素還真まで、
白銀の髪が乱れていた。

寝かせてあるだけなのに、
なぜ絡む????


髪が抜けたり、
傷ついたりしないように、
そっと、手櫛で丹念に梳く。

結構大変です。。。。


それでも、
彼らを膝の上に乗せて、
熱心に髪を梳いていると、

段々無心になり、

新春の日差しが窓からうららかに降り注いで、

素還真の白銀の髪に反射し、

今年は良い事が有るのではないか?

と、神経衰弱らしからぬ、

前向きな気持ちも湧いてくる。


行事の効能は、そのような所にあると思う。

昨日と今日と明日は、本当は何も変わらない。


一日が連続したものでしかないが、

行事によって、

心と生活に区切りをつけ、

気持ちを新たに出来るのだ。






ところで。

昭和の、三、四十年代は、

正月になると、

三が日は付近の商店が休みだった。

個人の商店等は、

松の内は休みの所もある。

年末に買いだめをしておかないと、

食べる物が無くなる。



現代のように娯楽があふれている訳でもない為、

子供たちは暇だった。



羽根つき、凧揚げ、独楽回し、カルタ取り、

という、現代ではほとんど見られなくなった遊びをした。



羽根つきをすると、

子供心に「お正月だなあ」と感じたものだ。



現代では、

都内だと、1日から営業している店も沢山ある。

帰省もせず、旅行にも行かない、

「ザ・暇」な人々が沢山居り、

そのような人々がお客さんになる。



買いだめをしなくとも、

食べる物に困らないのは有り難い。



元旦から初売りをする所も結構あり、

特に欲しい物は無いが、

日本茶とチョコレートの福袋は、欲しいかもしれない。


「新年街角景気ウオッチング」に出掛けようか、とも思った。

今日は、やめにした。



せっかく元旦なのだから、

普段しない事をしよう。

「暇」と感じる事だ。
















[PR]
# by leea_blog | 2018-01-01 15:44 | Comments(0)

謹賀新年・書物の樹海より

e0016517_06503704.jpg

明けましておめでとうございます。

昨年は、

多くの方に支えて頂いて、

大波の一年を乗り切れました。

本年も、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様方にとりましても、

良き、充実した一年でありますように。





[PR]
# by leea_blog | 2018-01-01 06:54 | Comments(2)

馬鹿日記・年末篇・単なる馬鹿である


世間は新年に向けて、まっしぐらである。

店には、
年越し蕎麦、お正月の飾り、おせち料理とその材料、
鏡餅、金箔入りの日本酒が、
ところ狭しと並んでいる。

私も、大掃除ならぬ「小掃除」をしている。


疲れると、

年明けにメンテナンスに出す、
宮無后と、
親密に語らったり、
ベタベタしている。

以下は、
普段の「馬鹿日記」に増して、
ただの「馬鹿」であるため、
御用とお急ぎの方は、
読む必要が全くない。

ただの、いちゃいちゃの内容である。


e0016517_15140517.jpg
腕の中で寛ぐ宮無后。


りーあ 「無后。
メンテに出さなくてはならなくなって、
私も反省しています。

来年からは、あなた方の健康管理に、
今まで以上に気を配ります。

今日は、健康管理の一環として、
お医者さんごっこをします」

宮無后「よろしくお願い致します」

りーあ「では、手をこちらへ。
脈を測ります。

あっ!」

宮無后「どうなさったのですか?」

りーあ「大変だ!
脈が止まっている!」

宮無后「公主。
もともと脈はありません。
人形ですから。」

りーあ「手も冷たい!」

宮無后「ずっと握っていて下されば、

公主の体温が移って暖かくなります」

りーあ「では、沢山握ります。

他にどこか悪い所はありませんか?」

宮無后「公主、胸が苦しゅうございます」

りーあ「それは大変だ!
心臓マッサージをします」

宮無后「キスして下されば治ります」

りーあ「では、キスします。
ちゅ。」

宮無后「足にも痛みがございます」

りーあ「それは大変!
足にもキスします。ちゅっ」

宮無后「公主。それは靴でございます」

りーあ「靴は脱がせられないですよ」

宮無后「ふくらはぎとか、腿とか」

りーあ「無后にゃん。
それはエッチです。
変態です。

足にキスは変態だけれど、
そのかわり、撫でるなら、
五割り増しで撫でますよ」

宮無后「では撫でて。。。」

りーあ「ナデナデナデ。
痛いの痛いの、飛んで行け〜。
治りましたか?」

宮無后「治りました」

りーあ「ねえ、無后。

私たち、凄くバカだと思わない?。。。。」

宮無后「ああ、充足する。。。

こんなたわいのない遊びで充足するなんて。。

幼い頃、蛍姐姐と遊んだとき以来です。。。」

りーあ「(ホロリ)無后にゃん苦労人だものね。

沢山甘えて良いんですよ。
(抱きしめる)」



ふう〜、なかなかキモチ悪い人になってしまった。

人形の健康管理なら、

部屋の温度や湿度、虫対策だと思うのだが、

いい歳になってこんな馬鹿な遊びをするなんて、

かつては想像した事も無かった。。。


脳が癒されるんだな、これが。



[PR]
# by leea_blog | 2017-12-30 16:08 | Comments(2)

低温火傷と、誤診について


湯たんぽで足を低温火傷してしまった!


「湯たんぽは、低温火傷の危険もあるから、
タオル等でくるんで使いましょう」、
と言われている。

タオルでくるんだら、
冷え性の私にはちっとも暖かく感じられないではないか。


年末年始で、明日から医療機関も軒並み休みに入る。

病身には、
年末年始はまことに心細い期間だ。


というわけで、
朝から地元のクリニックに出掛けた。

状況を説明しているのに、
「ヘルペス」と言われた。

湯たんぽを当てた部分にヘルペス???



化膿止めの飲み薬は出してくれたが
塗り薬は出してくれず、
「次はいつ来い」との指示も無い。


帰宅して、ヘルペスの症状を検索してみた。
やはりヘルペスではないと思う。


湯たんぽは、
凹凸が有り、
凸の部分が火傷しているので、
ヘルペスのように見えたのだろうか。


膿んでからでは遅い。


と、
遠いが、中野の行きつけの皮膚科に出掛けた。


やはり低温火傷だった。

塗り薬と指示をくれた。

年明け早々、また出掛ける事になった。


ふう。

これで安心して年末年始を過ごせる。。。。


が。


私が状況を説明しているのに、
「ヘルペス」と診断する医師って。。。。


いわゆる「ヤブ医者」であろうか。。。


火傷だから、まだ患者本人にも、

「違うと思う。すぐ別の医者に診てもらわなくては」と、

判断がつくものの、

ほとんどの病気は、

患者本人には判断がつかない。


誤診で重篤化する人も、
世間には多いはずだ。

「医者も神様ではないので、
間違いもあるだろう」、
という前提で居れば、
速やかに別の医者に掛かってみる事も出来る。


ちなみに、地元のクリニックで、
「お風呂はやめた方が良いでしょうか」と聞いた所、
「濡らさない方がいいです」と言われた。


中野の皮膚科では、
「シャワーなら今日からつかえます。
石けんで優しく洗って下さい。
薬の塗り替えは、
毎日一回、お風呂上がりにして下さい」
との事だった。

「濡らさない方が良い」と、
「シャワーなら今日から大丈夫」は、
相当違う。。。

医療機関や医師によっても、
考え方は違うのであろう。。。。



今日の私のささやかな経験が、
読んで下さった通りすがりの人への、
警鐘となる事を祈る。




つまらない心配だが、
低温火傷は、
なかなか治らない。

私は年明け早々、
転地療養に出掛ける予定があるのだ。
治らないまま出掛ける事になるだろう。。。

転地療養のスケジュールには、
北投温泉の通い湯治も予定していたのに、
今回、温泉は無しだなあ。。。
歩き過ぎて疲労しても、治りが遅くなるなあ。

湯治と運動は、
転地療養のメインイベントなのに。


なんとタイミングが悪い時に、
低温火傷してしまったものよ。。。







[PR]
# by leea_blog | 2017-12-28 19:31 | Comments(2)