薔薇とジャスミンと蘭! 女人の休日

帰国早々、風邪を引いた。
例の、SARS? そんな立派なものではない。ただの疲労による発熱&酷い咳。

体力が足りない方なので、旅先で寝込むのは恒例です。
果てしなく広がる砂漠の手前のホテルで40度の熱と吐き気に苦しんだり、現地の解熱剤で胃をやられてしばらくの間はお茶さえ吐いてしまったり、等は、特に珍しくないのだ。

今回は、向こうであれだけごろごろしていた、いや、ほとんどごろごろしかしなかったにもかかわらず、日本で溜めた疲労は抜けきらないまま帰国の日を迎えた。マッサージを受ける時以外は、チャオプラヤ川を眺めるとか、ジム・トンプソンの絹に頬ずりする、とか、溜まった疲れでただ寝てる、とか、川風に吹かれつつお茶を飲む、とか、これ以上ないくらいのごろごろモードだったのだが。入浴や着替えもしんどいくらい、疲れていたなぁ。予定では、毎日ストレッチ&ヨーガをするつもりだったが、そんな余力無しである。

水の気配を身近に感じるのも今回の目的の一つだった。水の気配は私の回復には不可欠だ。最初のホテルは川のこちら側、つまり市街寄り、ロイヤル・オーキッド・シェラトンに泊まった。窓が大きい。湾曲するミルクティー色の川と、西方の空が望める。
次のホテルは、川の向こう、市街に向いて建つペニンシュラ。大きく張り出した窓からは、対岸に打ち並ぶホテルの庭の灯りが川に映る様と、東方の空が見える。
旅日記には、連日、「薔薇とジャスミン。薔薇とジャスミンと蘭!」の繰り返しが現れる。ホテルの部屋には蘭の花が散乱した。

タイは雨季。日本の梅雨のようにひたすら綿々と降り続くのではなく。
たまに降って、すぐ上がる。滞在の前半は、曇り続きだけれど雨は降らず、川に降る雨を存分に眺めようと思っていた私は「まだか、まだか」と密かに待った。ついにいなびかりを眼にし、雨がややつつましげに降り始めると「おお!」と叫んでひたすら眺めた。滞在の後半は、酷く降られた。暗雲はいつも市街の方からやってくる。川の向こう側に唯一建つペニンシュラホテルからは、むくむくと雨雲が押し寄せるさまがよく見えた。凄まじい豪雨と言うほどの物は無かった。日本の台風のもの凄さを期待したが、どうなのだろう、タイにも台風はあるのか? いなびかりも、空全体がピカピカ光りまくる、光が分散した印象のものが中心で、たまに空を裂く剣のような光が走っても、かなり短い。バンコクの人々は特に傘やレインコート、雨靴で防備せず、止むまで適当に立ち止まり、小降りになったら気にせず歩いてゆく。


----------------------------------


ところで。
日本の女性は一人で時間を過ごすのがあまり得意ではない、と言われる。表現者には一人の時間は必須だ。一人で喫茶店や酒場、レストランに一人で入るのは特に変わったことではない。私の周りの女性も、一人の時間を友人たちとの時間同様大切にするひとが多い。そんなわけで、一人で喫茶店に入るのは「ちょっと気後れする」という女性がけっこういるのに気づくのが遅れた。
余所様「そういうとこに誰と行くんですか?」
私「誰って事特にないよ。一人でも行くし」
余所様「えっ、一人で行くんですか?」
多くの場合、奇妙な物でも見る目つきがセットで付いてくる。一人でカラオケなら私も勇気いるが、喫茶店だよ? レストランだよ? バーだよ? 日常動作の単なる延長である。「一人だと変」の理由を聞くと、「一人だと寂しい」、「つまらない」、「ナンパを待ってると思われても迷惑」などなど人それぞれのようだ。女性の一人旅が同性に怪訝な顔をされるのも、「寂しくない?」「物騒じゃない?」と、この路線だ。

誰かといれば楽しいのは間違いない。一人は、気のあった人たちと過ごす楽しい時間とは種類の違う、重要な時間なのだ。両方必要、単にそれだけ。私が時に一人で過ごすからと言って、親しい人たちが疎ましくなったわけでは決してない。そんなこと誰でも同じだと思っていたら、実はそうでもないようなのでカルチャーショックを受けた訳だ。

一人旅だと、タクシーに行き先告げるのもレストランで注文するのも全部自分でしなければならないから、実は孤独感を味わえるほど孤独とも言えない。ううむ、一か月以上同じ所に滞在すれば、退屈で人恋しくなるだろうが、日本人OLに許された瞬きするくらいの間の休暇では寂しくなりようがないではないか。。。。
物騒、というのはあるかも知れない。しかし私の経験から言うと、複数でいるときの方が知らない内に隙が出来る。観光客を狙う良からぬ賊からすれば、そちらの方がよほど狙いやすいはずだ。

「日本の女性は一人で時間を過ごすのがあまり得意ではない」と言われる事について。生活習慣のせいもあるだろう。女性が自分だけのために一人で過ごすのが難しい時代が長かった。大昔は、女性が一人でふらりと行ける場所自体少なかった。人々の話を自分なりにまとめると、要は「一人」では「手持ちぶさた」ということらしい。ううむ、確かに表現者系は、ぼーっと一人で飲みつつも、からまった構想を解きほぐしたり、情念を発酵させたり、書きあぐねた部分を再検討したり、やることが多い。とはいえ、そんな時ばかりではなく、「あー、疲れた、ちょっと一杯飲んでから帰ろう」とか「あ、良いお店。ちょっと寄ってみよう」とかのノリもかなり多い。

「一人で色んな所に行けると、一人で何でも出来ちゃうと思われて損!」という意見も無きにしもあらずで、そういう考えは本当にカルチャーショックですね。。。。

だがしかし。最近は、都内ホテルで、女性一人でくつろげるレディースプランが増えてきた。友達同士で泊まり掛けでお喋りしたい、とか、女同士でくつろぎたいというニーズだけではなく、仕事帰りに一人で時間を過ごして、部屋で朝食をとって、そのまま出勤するプチバカンスに利用される。小さい子供連れでお母さんが一人で泊まれるプランもあるし。昔は有閑なお人の特権だったプチバカンスだが、今は忙しい人ほど必要になってきているようだ。
「まとまった休暇取れないし、ストレス溜まりまくり!」と苛立つお姉さま方、誰かをぶん殴ってしまう前に、レディースシングルプランで身も心もすっきり!がお薦めです。

一例。シングルプランリンク集もあります。↓↓

http://allabout.co.jp/L/20030501/s/?FM=ltop
[PR]
# by leea_blog | 2003-10-08 03:40 | Comments(0)

ジャスミンを髪に挿し、雨季のバンコク


チャオプラヤ河のほとりより、戻りました。

観光も買い物も無し。
何していたかというと、休息です。

ミルクティーの色の河が湾曲するあたりのホテルを出るのは、毎日のように午後二時過ぎ。二時間ほどマッサージしてもらって、休憩して、夕ご飯を食べ、ホテルに戻って入浴すると、もう真夜中。

七日ほどこういう生活をすると、河の精気も手伝って、溜まった疲労がほんの少し抜けるのです。「少し休んだわぁ〜」という気持ちになる。「たっぷり休んだわぁ〜」には、最低二週間は必要かなぁ。何しろ滞在の前半は、マンダラスパで4時間の施術受けても充実感が無い疲労振り。

後半は、ようやく、少し持ち直し、折しも雨季のバンコク。空一面が光るようないなびかりにぞくぞくしつつ、散歩。しかし持参した本を読むまでのゆとりは無かった。

タイの人との会話。
「日本は映画でしか知らないけど、みんな競馬馬みたいな生活してる。暮らしたくはないなぁ。一分一秒を競ってる」
「あ。それは正しい理解だわ。体を壊す生活よ。でもね、そういう勤勉さが日本には必要だったのよ。衣食足りて礼節を知る」

刻は金なり。何もしない時間は高く付く。半病人の私が川岸のホテルでごろごろ休養取れるのも、勤勉な労働のお陰なのだ。労働は神の呪いだという説を支持している。自分の生きている時代では、その呪いは解除されないだろう。

薔薇とジャスミンと蘭! 川面を流れる緑濃い浮き草。
喧噪、雨、なま暖かい夜。眠りが私に戻ってくる。
[PR]
# by leea_blog | 2003-09-28 03:38 | Comments(0)

天人! 絹、宝石、黄金。スパ。

夜の会展に多数のご来場有り難うございました。

二十日から二十八日まで、天人の都クルンテープことバンコクに行ってます。

タイ政府観光局によれば正式名称は
クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッターナラーチャタニーブリーロム・ウドンラーチャニウェットマハーサターン・アモーンラピーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット

で、日本語では。
「天人の都、雄大なる都城、帝釈天の不壊の宝玉、帝釈天の戦争なき平和な、偉大にして最高の土地、九種の宝玉の如き心楽しき都、数々の大王宮に富み、神が権化して住みたもう、帝釈天が建築神ヴィシュヌカルマをして造り終えられし都。」

凄い。手元に資料がございませぬで、タイ古式マッサージ“マノーラ”さんのサイトのタイ情報コーナーを拝借いたしました。

チャオプラヤ川のほとりのホテルでひたすら眠る!  スパに行く! 毎日マッサージ受ける! あとは何もしないぞ〜!

タイで連想するもの→→絹、宝石、黄金。美しい果実、スコール、河、緑。瑞々しい雲の縁が真珠色に輝く。喧噪と享楽あり。

バリが第一希望だったんですが、遠くて断念。

バリで連想するもの→→幻聴かと思うガムラン。黒髪に生の花。隈取った眼が心射抜く踊り子。しんと押し静まった夜。あまたの寺院。毎日島のどこかで行われる祭。足の下から這い上がる地霊の恍惚。喧噪と享楽は印象に無し。

暖かく湿気のある土地は休息に向く。
[PR]
# by leea_blog | 2003-09-18 03:37 | Comments(0)

夜の会。。。。



知らないうちに夏が過ぎ去りました。

『揺蘭』 2003年秋号、夜の会展の会場でお手に取って頂けると思います。
内容は、以下です。


人魚論  文/駒田克衛・絵/橘鵜月・・1
夢の城  億度 アヌス・・・・・・・・・・・6
時代   詩/絵 駒田 克衛・・・・・・・・・・・・7
水縄(みなわ)旅館鏡の間 2  お披露目 日嘉 まり子・・・・10
死者からの便り2「みんなにとっては吉田さん」舞踏家、吉田光雄 日嘉 まり子・・・・・・・・・・・14
物語する魔《精霊使い》 鳩宮 桜城・・・・・・・・・15
天津凶夢妖霊草紙(あまつまがゆめようれいそうし)西野 りーあ・・・・・・21
あるGothicな話 加護 ユリ・・・・・・・・・・・・・・・22
金魚すくい 加護 ユリ・・・・・・・・・・・・・・・24
プラトニック・スゥイサイド(精神的自殺)加護 ユリ・・・・・・・・・27
天上的青(ヘヴンリーブルー)加護 ユリ・・・・・・・・・・・28
夜の声が聞こえる 加護 ユリ・・・・30



ああ、夜の会の作品が出来ていない。。。。搬入までの時間がない。。。。
画材一式、実家に置いてきてしまった&新居は画材も紙も広げるスペースが無い&体力不足、という悪環境にめげつつ、制作中です。

今回はワープロ代理入力したおかげで頭にこびりついた、『物語する魔』の作中内作品(主人公が書いている作品)の登場人物を描いてます。
女人政権の精霊使い貴族・雛子様、監禁された主人救出のため女に化けて潜入する外来種精霊・瑞火、妄想男・いばらぎみ、女人政権の輝く総主(雛子の愛人)などなど。

お時間のある方はぜひお立ち寄り下さいませ。
[PR]
# by leea_blog | 2003-08-31 03:36 | お知らせ | Comments(0)

アルダの百科辞典

梅雨が明けたと思ったら、酷暑そして台風。
皆様、無事に過ごされましたでしょうか。

ほとんど水平の「横殴りの雨」など、関東では滅多に見られないのですが。昨日は凄かったです。

今度は左の親指を負傷しました。さすがに入浴は出来ません。痛いよ〜(涙)

リンク集に、トールキン関連辞典形式サイト様(英語)を追加しました。地図、年表、言語、系図等、手元にアナログ資料が無いとき、とっさの調べ物に超絶便利です。

物語を読む前に調べちゃうと感動が半減するので、使用注意です。トールキン氏の作品は、「ああ〜、その話、もっと詳しく教えて!!!」とじりじりしながら読むのが良いのである!
シルマリルリオン読んだ人限定。

英語力が無い私も、THE HISTORY OF MIDDLE-EARTHを拾い読み
しつつ「おお! そういう話だったのか!!」と驚き呆れ感動しています。一口づつの試食で食べた気になるのと吟味されたコースで時間を掛けて絶妙を味わうのとは別なのである!
読書は体験であるっ!

ところで、スパムと言われる迷惑メールが、ここのメアドには一日20〜30通の割合で来るんですよ。
その90パーセント以上が英語メールです。
英語でメールのやりとりをする人がいない私はもっぱら削除作業に追われるだけですが、英語圏の人だったらついついうっかり開いてしまうような件名が工夫されてるんです。
煩わしい一方で、感心感心。

例えば、差出人に心当たりが無くても、重要そうなメールなら「間違えてますよ」と知らせてあげたくなるでしょう?
(いや〜、私も何度も間違って知らない人に送っちゃったし)
そういう心理もうまーく突いてるんです。

最近は英語件名は無条件で削除しています。
万が一、海外からメール下さる方がいたら、確かに「うろくず」のりりや宛だと分かるような件名にしてね。お願いですわ。


しかし、スパムでもエルフ関係の題なら、私も開いちゃうだろうなぁ。あるいは差出人がエルフ語の名前なら!
[PR]
# by leea_blog | 2003-08-11 03:35 | Comments(0)

遅い梅雨明け、ラクーア体験

8月2日に書いた文、今頃up.......


【実用! 都市型温泉】

何と長引いた今年の梅雨、ようやく明けました。
関東甲信越は梅雨入りが6月10日、 梅雨明けが8月2日。
新鮮な夏、梅雨明け後の七月は、海には最適な時期なのですが、今年は無かったですねー、七月の夏。


ああ、揺蘭の原稿も集まり、編集作業、と、、、しかし、もう、体力の限界。


いきなり暑くなってばてた私は急きょラクーアへ!
暑いのに体が冷え切ってるんですよね。これは温泉等暖め療法が効く。


自宅の風呂に死海の塩とエッセンシャルオイルを入れて半身浴して、その後自分でオイルマッサージしてもいいのですが、これは体力に余裕のある時限定です。
狭い浴槽だと手足が伸ばせず関節が暖まらないし、暖まる前に心拍数が上がって体力を奪われてしまいます。


で、ラクーア。いやあ、良かったですよ。
思ったより狭いけど、鏡の大きいパウダーコーナーもロッカールームも使いやすくて、人が多いにもかかわらず圧迫感がない。浴槽は、半身浴や腰湯、足湯、寝湯ができるように段差が工夫されています。
ううーん、少し消毒剤の匂いがするけど、一応天然温泉だ、非温泉のお湯とはやっぱり違う!  ラクーアの入り口で、指に火傷をしてるのを思い出しました。一度潰れた火ぶくれがまた出来てる! 火傷の痛みって、独特なんですよねぇ。小さい傷なのに全身が戦闘態勢に入るような、痛み。入浴は悪化を招く。でも、ここまで来たんだし、悪化したら後で考えよう。
しかし、さすがと言いますか、温泉の効能に「火傷」も入っていて、帰る頃にはすっかり痛みも引いていたのです。
(真似しないでね、あくまで緊急の場合だから。良い子は火傷したら医者の指示に従ってね)


サウナが温度別に、何種類もありました。
女性専用リラックスルームも、椅子一つ一つにテレビも付いて、新聞や雑誌もあり、軽く眠れる程快適。飲み物も頼めます。


ヒーリングバーデは、別料金。階段を二つ上がると大きなアジア風扉があり、その向こうは私の好きな「余剰空間」がたっぷりでした。こちらは着衣のサウナ室と休憩スペース、タイ式マッサージ室があります。人口密度も低く、外の眺めも抜群。女性専用サウナ室の薄紅い色彩の中、暖められた石の床に横たわれば骨の髄までじわりと暖かさがしみ通ります。暖めた石のみが持つあの感触。


(突如、十年以上前の記憶、INDIA)
疲労しきって体温の下がった身体を熱い石が癒す感覚。そう、大学を中退後、初めて行った海外、インド。50度近い暑さ。疲労で、チャイしか口に出来ぬままデリーからアグラにたどり着き、昼間は酷暑にへたり込んで夕方頃タージマハールに出かけたのだ、あたりは蛙の声に満ちていた、田園の薄闇の中を散歩する長い衣の人々。そして大理石の絢爛たる巨大墳墓タージマハールは、昼間の太陽の熱で裸足では歩けないほど熱かった、そして、座り込むと太陽に熱せられた大理石が、疲労で冷えた体をじわりと温め、私はおもわず石に伏した、ああ、大気の不快な暑さとは異なる石の熱が身体の機能を回復させてゆくあの自然の奇跡のような、感触、そして、オレンジとチャイのみで長旅は続き、光が目の前を飛びながら道案内をするかの状態で聖都バナラシにたどり着いたのだった。あまたの水、聖河、ガンガ! シヴァの聖河よ!


(突如、現在。TOKYO JAPAN)
そんなわけで、ヒーリングバーデに行かないとラクーアの良さが半減すると断言する! スモーカーにも嬉しい、広い水際の喫煙スペースもあります。ここは女性専用サウナ以外は男女兼用なので、お疲れのカップルも癒しがてらに利用可能。


リラックスルームが割と空いていたお陰でたっぷり休憩取りながら入浴できました。しかし、土日祭日は利用は四時間までなのです、これが。
各種マッサージは大抵ラクーアの中にあるので、四時間以内で入浴と休憩とマッサージをこなさなくてはなりません。ちょっと忙しいですねー。
ラクーアの外にも探せばバリ風マッサージなどがあるので、こちらを利用するのも良さそうです。


タオル類は料金に入っているし、整髪料や化粧水、乳液などはパウダールームに備え付けてあります。資生堂とカネボウ。ただし! これらは香料がきつく良い品質の化粧水とは言い難いです。お肌敏感さんは持参した方がいいかも。アイシャドー、ルージュなどの化粧品はいろいろあります。
「化粧水? ちょっとくらい合わないの使ってもだいじょ〜ぶよっ!」
という方は、気の向いたときに手ぶらでふらりと立ち寄れます。



●ラクーア LaQua(後楽園)
http://www.laqua.jp/
[PR]
# by leea_blog | 2003-08-07 03:34 | Comments(0)