冬の日没も壮麗

寒いですねー。でも、日が長くなっていくのは嬉しいです。日没時の光加減の壮麗さ!

毎日三件ほどのトラブルに見舞われており、2002年は動乱のスタートです。

心和むことも結構ある。大吉と凶ばかりで中間が無いような感覚。
[PR]
# by leea_blog | 2002-01-10 00:49 | Comments(0)

ナーギー

お正月はいかがでしたか。


クメール文明の、蛇姫伝説を一つ、以下に上げました。実は、昨年12/29日の、私の想案のひとつでした。
三島由紀夫の『癩王のテラス』はこの伝説が下敷きとなっています。三島の『癩王のテラス』、それほど好きではありません。元の話の方が面白すぎるせいでしょう。

------------------


「建物は巨大なり。長き露台、屋根を備えたる回廊は大胆に不規則に、左右の均斉等は意に介せざるもののごとし。廟堂の窓枠は黄金にして、その左右に方形の柱あり、窓枠に四十あるいは五十の鏡をつけ、その下に象を描く。仄聞するに宮殿内には一見に値する名勝多々有る由なれども、見張り厳にして入る能わず。王宮内には黄金より成る塔ありて、その頂きに王伏さる由。土人は皆、その塔内に全王国の土地の主、九頭の蛇精棲めりという。而して夜毎女性に姿を借りて現る。実に、王がはじめて契りし異性は此の蛇精にして、数多き王妃臆してこの塔内に入るあたわず。王は二夜をここにて明かし、而して後はじめて王妃及び後宮と枕を交せり。この蛇精、一夜にても姿を現さざらんか、王の死期近きを示し、王、只の一夜にても蛇精を忘れんか、たちどころの災禍到ると称せらる」


周達観 『真臘風土記』より

(宗谷 真爾 「アンコール史跡考」)
[PR]
# by leea_blog | 2002-01-07 00:46 | Comments(0)

新年のごあいさつ



あけまして  おめでとう  ございます

     良き年になりますように。


      *やかたのあるじ*
[PR]
# by leea_blog | 2002-01-01 00:45 | Comments(0)

良き年末を

満月の年末、オフィス街の一角で、
「交錯する水域を求めて'01」が終了しました。



二十九日の朗読会、“深夜 城は暗い回廊を閉じる.........”に、
沢山のご来場ありがとうございました。

会場には、幾つものキャンドルの灯とともにほのかな甘い香りが立ちこめていました。火を見ていると心が和らぎます。都市部では、生の火はなかなか見られません。火災を避けるために火を矮小化する必要があるのです。
安全や便利や快適は有り難いものの、ひとの生命力も、削がれてゆくのでは。難しいものですね。


体力のない私は、知り合いの方に車で家まで送って頂きました。
ようやく今(夕方五時過ぎ)起き出しています。良いエネルギーを頂いたのか、気分は晴れ晴れ。

皆様、良き年末をお過ごし下さい。
[PR]
# by leea_blog | 2001-12-30 02:29 | Comments(0)

カルシウム補給には真珠の粉

火と酒と言葉を土地の霊に捧げる。

どのような形を取っても、朗読会の根はそういうものである。

それは、わたしの勝手な意見だ。開催に至るまでは、複雑怪奇な葛藤、時には疑念がぶつかり合う。「私には出来ません」と思うことを、他の個性はすいすいとやってのける(ようにみえる)。

交渉事は、私には不向きだ。事務も。揉め事の合間を縫って、着々と進めていく人々を目の当たりにする度に、敬意を抱く。

29日の前日も、都内泊まり込みの予定だ。多くの方が支えてくださり、感謝をしている。


-------------

それはそうと。。。。。
「エロティシズムとは、極言すれば異神との交感だ、情念の回復だ」
そう言われても困る人が多いだろう。それは私の意見であり、他の出演者はそれぞれ違う意見を持っている。29日は、果たしてどうなるのだろか。ライブ空間はなまものでありいきものである。
[PR]
# by leea_blog | 2001-12-25 02:28 | Comments(0)

交錯する水域を求めて '01

毎年、この時期、私は(私だけではないはず)「時間がないよ〜!」と叫びたくなる。年賀状の習慣だけでも無くなると楽なのに。そう。自分の時間ではなく世間の時間で動かなくちゃならないのが年末なのだ。。。。。
そんな時期こそ、ふらりと出かけてください。以下、新橋のイベントです。
主催者さんは案内葉書を私に送るのを忘れているようですが、督促するのも気が引ける、年末心理。

詩画、書、漫画の出品者はこちらをご参照下さい。蒼天社さんのホームページ。
http://www10.u-page.so-net.ne.jp/fa2/s_noya/news.htm



交錯する水域を求めて ’01
漫画家・詩歌人による交流展

開 催 日  2001年12月24日(月)〜12月29日(土)
会   場  東京アートファクトリー
      〒105-0003東京都港区西新橋2-13-8広瀬ビル2F
       TEL 03-3597-8628
       FAX 03-3508-1886
主  催  現代表現者交流会
協  賛  東京アートファクトリー・詩誌「1/2」・俳句志「もののふの会」
       ・俳誌「五月の会」・五行歌の会 ・蒼天社・水玄社・ポエム通信「泥水」


+++++イベント・スケジュール++++++++

12/24(月)17:00〜18:30
 オープニングパーティー
    沖縄三線・朗読 クイッチャーパラダイス(仲本光正)
           会費2,000円
---------------------
12/25(火)18:30〜20:00  詩と笙の響き+エスニックサウンド
     梅野泉・橋本薫明・佐々木薫・高橋ゆりこ・竹澤サトコ・島村和弘
          会費2,000円
---------------------
12/26(水)18:30〜20:00 くずれ三味線苦土節
     田川紀久雄・坂井のぶこ 
         会費2,000円
---------------------
12/27(木)18:30〜20:00 at POEM
辛鐘生・今野十志夫・あらきひかる・清野裕子・黒鉄太郎・山口真理子・高木秋尾   ほか    会費1,000円
---------------------
12/28(金)18:45〜20:15 素朴な夜・こわれやすい歌
    山本萌・赤木三郎   会費1,000円
-------------------------------
12/29(土)15:00〜16:30 深夜 城は暗い回廊を閉じる・・・・・
    磯村英樹・山根研一・鈴木ユリイカ・西野りーあ
音楽・田中一夫    会費1,000円
 
    打ち上げパーティー 会費1,000円
++++++++++++++++++++++++++++++++


29日のお問い合わせは、西野りりやんまでどうぞ。。。。
他のお問い合わせは、東京アートファクトリーまでどうぞ。
[PR]
# by leea_blog | 2001-12-20 02:27 | お知らせ | Comments(0)