真珠粉アンケート結果・通称『真珠子アンケ』その2







慌ただしい年末。目を患ってしまいました。
免疫力が落ちているらしいです。
しかたない。師も走る十二月、私は走らず過ごします。


   -----------------------------------------



   真珠子アンケートその2
   お薦め本(三冊まで 未記入可)

◎お薦め本:
1 人魚の嘆き(中公文庫) 2 サロメ(岩波文庫)

お薦め理由:濃密な文章と麗しい挿し絵。ちょうどよい薄さの、絵と文が互いに引き立て合う贅沢な一冊です。ポケットに入れて、読み返すに値します。こういう美しい、小さな本が増えないかなあ。

◎お薦め本:

1 エッダ 2 アイスランドサガ 3 イリアス

お薦め理由:エッダは、古代北欧の神話、サガは叙事英雄譚。血沸き肉踊る。サガは、さまざまな登場人物が出てくる。固有名詞など慣れない内は混乱するが、知らない内に熱くなれます。質実剛健、勇や義を尊ぶあたり、日本人の感覚に受け入れやすい。
イリアスは、ホメロス作と言われるトロイア戦争の叙事詩。神界と人界が混じり合う。すぐれた描写多し。これを読んで、アポロン神が魅力的だと初めて気付いた。だまされたと思って購入するべし。


◎『プロヴァンスの青い空と海』、『プロヴァンスの小さな家(レディ・フォーテスキュー)』 『冬物語(タイス・リー)』

お薦め理由:
プロヴァンスの・・・は、1930年ごろのイギリス上流夫人が南フランスで生活した時のエッセイです。ピーター・メイルの南プロヴァンス・・・の女性版ですね。時代背景も私の好みだし、ユーモアもあってよいと思います。
冬物語は、「アヴィリスの妖杯」が同時収録されていますが、どちらも色彩というものを強烈に感じる作品です。

◎『水は答えを知っている』

お薦め理由:
 かなりのベストセラーにもなったのでご存知かもしれませんが、様々なエネルギーの存在を水の結晶で証明した、世界初の画期的な本です。
 ま、難しいことはさておいて、美しい水の結晶たちの写真を眺めるのはとても心地よいひとときです。
 《言葉》の持つすごいパワーも、写真で見ることが出来る…というのは、言葉を扱う身としては大きな発見。

◎『ゾウの時間ネズミの時間』、『鉄道廃線跡を歩く』、『栽培植物と農耕の起源』

お薦め理由:
ゾウの時間・・は、生物の形態変化(進化?)の必然を、分かりやすく説明しています。循環系を持ち呼吸系を持つに至る科学的合理性です。
鉄道・・は、かつては確かにあったものの幻影です。駅舎の跡など、何か自分の所有物のように感じてしまいます。
栽培・・は、農耕文化の伝搬を民族学や生物学から、検証しています。読むとエスニック料理がいっそうおいしく食べられます。

◎『毛皮のヴィーナス』

お薦め理由:マゾヒズムの語源となったザッヘル・マゾッホの有名な作品。女性にひざまずきたい男性の話。繊細な感受性、瑞々しいとさえ言える描写は意外とマル。中学生以下には薦めない。

◎1『平家物語』 2『太平記』 3『アフロディテ(ピェール・ルイス)』

お薦め理由:
1、2 一家に一冊。孫の代まで使えます。
3 女の人の美に骨の髄まで溶かされそうな文章。
[PR]
# by leea_blog | 2002-12-21 01:36 | Comments(0)

真珠粉アンケート結果・通称『真珠子アンケ』その1

 『真珠の粉』プレゼントアンケートにご回答下さった皆様、ありがとうございました。

アンケート内容は、以下六問でした。

1  お薦め本 三冊まで
2  お薦め理由
3  薦めないけど愛読している本 三冊まで
4  愛読理由と薦めない理由
5  書物の情報の入手方法
6  プレゼントの要否
7  拙ホームページのご意見


「どれか一つの記入でもいいですよ、七問目以外の結果は後日匿名で公表予定です」、ということで、お願いしました。

少しずつこのコーナーに掲載します。


    --------------------------

更新が進まない上に宣伝もしていない拙ホームページ。いらしてくださる来訪者様への感謝企画として、日頃愛用の真珠粉をお裾分けしよう、という意図だったのですが、蓋を開ければ「真珠の粉は不要」、と言う方がほとんど。抽選するまでもなく、無事に希望者様の元に届きました。

    -------------------------

    真珠子アンケート結果 連載その1
  さて、『 書物の情報の入手方法 』は


◎最近はもっぱら紀伊国屋BookWebですね。
 個人で情報を登録しておくと、リコメンドサービスという形でお気に入りの作家や分野の新刊を教えてくれるので、利用してます。

◎私専用の工作員さんが耳の奥でお知らせしてくれるから。

◎行きつけの神社で巫女さんのお薦め本を拝聴する。相手によってお勧め本が違う。

◎マメに本屋を覗く。出版社で出してる宣伝冊子、本の後ろに付いてる他の本の宣伝、古書市のカタログもかなり有効。
いろんな人と「お薦め本ベスト10」リストを交換する。これはゲームとしても面白い。

◎とにかく本屋を歩く。最近はインターネットでミステリーの古本などは入手する。

◎杉並区役所向かいの書店です。書店名は、忘れました。年に数回も行かないので。
人文科学、文学の本の並べ方が抜群で、売れない本もきちんと置いてあります。背表紙を見るだけで、その分野のアウトラインがつかめます。図書館にはない、並べ方の思想が感じられます。ま、30年前の伝統ともいえますが。

◎現場で、狩猟モードで。

◎インターネットの古書店に登録して、新着本のリストをメールで受け取る。
気の向いたときは全部目を通す。気に入った傾向の本を取り扱っている店を選んでも、自分の好みではないジャンルの書名もリストには載っている。思いがけない本に出会えるチャンスを残しておきたい。
[PR]
# by leea_blog | 2002-12-06 01:33 | Comments(0)

呪術としての日常・獣の魂、毛皮編

毛皮を取り入れるのは、今年の流行らしい。
  

前回毛皮に触れたが、毛皮でブリジット・バルドーを連想する人は多いようだ。メールを幾つか頂いた。

私も連想していた。
「素肌に毛皮をまとったら似合いそうな女人」としてではなく、「毛皮激烈反対女性」として、である。
昔、毛皮反対運動の一環として、彼女があざらしの赤子を抱いて日本女性に向けてメッセージを送ったことがあって。。。。。

内容は。日本は最大の毛皮消費国の一つですが、日本女性の美しさは世界的に有名であり、毛皮などをまとわなくても十分素晴らしいのだから、毛皮のために無益な殺生をしないで下さい、というような礼儀正しいものだったと思う。感心した。


動物的魅力の女性があざらし赤子を抱いて反毛皮運動。動物が動物の権利を主張するのは理にかなっていた。嫌味では無い。動物の天然物の美しさは、昨今の人類には眩しく得難いものであり、「ほとんど動物に匹敵する霊光の持ち主」とは、最大の褒め言葉の一つである。


ブリジット・バルドーの、当時の写真(あざらし赤子を抱いたもの)と、発言内容を確認しようと、検索をしてみた。
インターネット上で私が目にしたものは、おびただしい罵詈雑言、自己中心きわまりない屁理屈の応酬。すなわち、「動物愛護家」対「それを憎み揶揄する人たち」の、仁義無きバトルであった。。。。


個人的には。
寒さもたかが知れている日本で、百万単位の金銭で購入される毛皮は確かに物笑いの種である。ロシア人が着るのとは話が違う。数百万の毛皮買うなら、それを来て電車で移動しないで済む環境も整えた方が良い。成金趣味とみられても仕方ない。
もっと個人的には。似合う着こなしの美しい人が着て満員電車に乗っていると、天国である。思わずぴたっとくっついて、毛皮に頬を擦り寄せたりもする。
 注)  いや、満員電車だからね。痴漢とは違いますよ。


とはいえ、此の世の至る所で人権を踏みにじられたり、人権とはまず縁のない人生を強いられたり、人生を剥奪されている人たちを後回しにしても毛皮反対なのか。腑に落ちない。


そうした事とは無関係に。
毛皮や絹といった、動物性のものは、綿や麻のような植物性のものとはまた違う「力」がある。動物のちからを、日常に取り入れる儀式としての絹、毛皮。
動物エネルギーに変調をきたし続ける現代に復活する、古代人の自然崇拝、動物神礼拝。


女性は、筋肉の量が少なく、冬の重い衣服は負担である。
冷え性低血圧の若くない女性には、軽くて暖かい毛皮は、ファッションの話というより実用の話になる。化学繊維アレルギーも増えているしね。


街に溢れるはやりの毛皮、一昔前のような俗悪な着こなしは見られず、市場で生きた兎を買って夕食用に持ち帰る光景のように、気負いが無いのが素敵だ。
[PR]
# by leea_blog | 2002-12-01 01:31 | Comments(0)

  前向き風邪対策のすす



風邪を引きました。



引いたかな〜、と思ってから立てなくなるまで、半日しかかかりませんでした。凄い威力の風邪です。


家に帰って、着替える体力もなく、床に伏しました。何か食べたら吐きそうなので、当座はゼリー状補助食品を飲んでしのぎました。

当然、ゴミ出しをする余力は無く、家の中は悲惨な状態。

あんまりだ。友人と、牡蛎バーに生牡蛎を食べに行く約束していたのに。。。。最初はそんなことも考えたけれど、間もなくそれどころではなくなりました。思い切り寝込みました。


風邪は悪者扱いされますが、とことん悪役でも無いんですよ、風邪。

「ひたすら寝て、身体が自動的に風邪を克服してくれるのをサポートするのみ」の状態は、一年に一回くらい必要ではないのか。
長期に寝込むのは勘弁して欲しいけど、風邪なら短期だとわかっているし。現代人は休み方が下手です。風邪でどっと寝込んだら、「ああ、疲れが溜まって抵抗力が落ちていたんだなぁ。重病になる前に気付けてよかった!」、と日頃の生活を見直す機会にもなりますし。


私は頚肩腕・腰痛症をわずらっています。
これは、暖めるのと休むのが日課なんです。風邪を引くと、自動的に寝込むし、身体の深部から発熱するので暖かいと言えば暖かいんですね。頭がもうろうとしているので、たまった仕事を心配することも不可能。

日頃の不眠も一挙に解消です。横になるとすぐに夢状態に入れるのは、高熱時ならでは。とろとろと脳が溶けていくような眠りは、普段は味わえません。




    --------------------

今年も風邪におすすめします、葛湯と蜂蜜檸檬。


葛粉は保存が利くので、常備しておけば寝込んだときに重宝します。黒砂糖や蜂蜜も、すぐに栄養が採れて便利です。常備して、普段は甘味料に使いましょう。


    0— 葛湯の作り方 —0
お鍋に水と葛粉を入れ、火にかけながら木べらでかき混ぜます。お鍋に接している部分から透明になります。混ぜ続ければ間もなくとろりと口当たりの良い葛湯が完成。
葛粉が水に溶けている状態で火にかけないと、固まっちゃいます。


蜂蜜や黒砂糖、ミルクをお好みで入れます。水と一緒にあらかじめ入れておくと良いでしょう。固さは、お好みで水加減を調節します。
できあがりに生姜をすり下ろして混ぜると、体がぽかぽかしてきますよ!
生姜すり下ろす体力が無い時は、ドラッグストアなどで売っている「生姜湯のもと」(粉末状)を混ぜるのも手ですね。


檸檬を搾ってお湯で割り、蜂蜜を混ぜるレモネードも、本当に暖まります。
手軽だし、普段から湯上がりに飲むのもおすすめです。
[PR]
# by leea_blog | 2002-11-16 01:30 | Comments(0)

   毛皮は触れるためにある、とやら


まだ十一月だというのに、ひたすら寒い。


昨夜は、あまりの冷え込みに、家の中で凍死するかと思ったほどだ。


気候の良いときは、部屋の狭さを嘆くが、冬になると、手狭なくらいがちょうど良い。広いと暖気が行き渡らないのだ。


夏と冬には、別の館で暮らす。。。。それが理想だが、そうもいかない人は、せめて家の構造を「夏用」と「冬用」に分けるというのはどうだろうか。

夏と冬では、陽射しの高さや強さも違うし人の行動も違う。「夏の部屋」と「冬の部屋」の二通りは欲しい。夏に中心となる部屋と、冬に中心となる部屋を区別する、住み方の可能性。「春の部屋」と「秋の部屋」は兼用でも良い。
 その他、寝室、書斎、画室は勿論別に欲しい。


     寒いと、毛皮が恋しくなる。
     毛皮は、着るものではなく触るものだ。
     軽く柔らかくしなやかな、あの感覚は、
     絹の感覚と同様にくせになる。

生きていればさらによい。動物の体温は高い。毛皮を通して、熱い、生き生きとした、人間には無い筋肉と骨格に触れていると、時間を忘れる。


あざらしの赤子の、生きているのが迷い込んできたら、あなたはどうするか。

1 警察に通報する。
2 水族館に通報する。
3 逃げる。
4 かくまう。家をこっそり改築して、あざらしが住めるよう にして、好きなだけいてもらう。
5 捕まえて食べる。毛皮は密売人に売る。


わたしは4番です。
[PR]
# by leea_blog | 2002-11-06 01:29 | Comments(0)

。。。金木犀の 香の 絡みつく この 季節 。。。。


真珠の粉を、まとめて購入しました。


日頃のご訪問に感謝の意を込めて、『真珠の粉プレゼント』の企画を立てました。来週中にはトップページから見られるようになると思います。お気軽にご応募下さい。
通りすがりの皆様も、どうぞよろしく。

※この企画は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
[PR]
# by leea_blog | 2002-10-04 01:28 | お知らせ | Comments(0)