母のリハビリと、動物オーラ/カンガルー色恋物語

母の見舞いに行ってきた。
リハビリの重要さを力説して二時間が過ぎた。
医者からリハビリを「もう少し出来ますか」と聞かれても「痛いからもういいです」と言っているらしい。

 ちょっとぉ〜。痛くて鉛筆も持てなかった私が化け物みたいに体力のある母の嫌がらせを無視して、固い意志でリハビリに励んだ様子を、思い出してよぉ〜。

おかーさん。「痛いから嫌。でも元に戻りたい」なんて、そんな都合の良い話、今回ばかりは神が納得されませぬぞ〜。と、いう言い方は、勿論しない。
一生に一度くらいは、辛くて地味な努力の積み重ねをやって、達成感を味わうのも必要ですよ、おかーさん。と、いう言い方も勿論しない。

 遠距離をはるばる到着した私が「お母さん、具合どうです?」と話しかけたら、「おかげさまでだいぶ良くなりました」と他人行儀な答えが返ってきて、あー、私が例の娘だと認識できてないのだ、とさすがにびっくりしたからだ。

 ぼけているのではなく、目が動かないから見えてないのだろうと思ったが、やはりろくに見えないらしい。耳も聞き分けにくいのだろう。ショックで心の病気になってないのが幸いというか、積み重ねや辛抱に関心無いキャラが健在、というか。いずれにしてもかなり気の毒である。

 私はリハビリ経験者として、リハビリに専念してくれるよう「頼んだ」。二時間も掛けて。
帰り際、バーバリーのロングコートを見せて、今まで重くて持てなかったこのコートも、最近着られるようになりました、貧血起こしそうな毎日のリハビリのお陰ですよ、頼むから少しは私を見習ってね、とにっこり笑って念押しした。

 が。実のところ、ウサギの毛皮のミニバッグさえ、鉄アレイを二、三個入れたように重く感じて肩関節が外れそうだったのだ。そんなところを見せては母に「リハビリしたって無駄」と思われそうなので、こちらも必死である。


 着替えとタオル四枚持って行っただけだが、三日三晩歩き続けたように疲労した。体力無いからねぇ。雪山救助犬みたいなでかい犬を飼いたい。こういうときに家まで乗せていって欲しい。犬は私には全く無い美質を持っているから惹かれる。

 猫は、可愛いが、憎たらしい。表現がストレートじゃないし、マイペース。自分と似たところが多いので一緒に暮らすとちょっと苛々しそうだ。大体、猫は私が遭難してものんびり毛繕いしていそうである! 許せぬ、この、穀潰しの役立たずめ〜! 私と似た奴を養う余裕は、当家には無い!
 とはいえ。ううーん、両方飼えないかな。

 カンガルーでも良いよ。あの体型は素晴らしい。「お前を幸せにするよ!」と神の前で誓いたくなる。カンガルーに「オーストラリアで暮らしてくれるなら、あなたの物になります。絶対浮気はしません。ねえねえ、お願いです」と囁かれれば。しかもひたと寄り添われれば。あの前足で腕にしがみつかれれば。きっと私は、理性が吹っ飛び、すぐにでも、、、。あれだけ愛した日本語と住み慣れた日本に未練も感じずに、、、、。オーストラリアで農業するぞ、と出奔するであろう。


まったく、色恋は熱病みたいなものだ。。。。。後先考えない私たちには勿論苦難が待っていた。
 オーストラリアで、私が病弱であると知ったカンガルーは「しまった、甲斐性なしのご主人様を持ってしまった」と後悔し、私は私で「牡だったのか! お腹に袋が無いじゃないか! 騙したなーーー!」と難詰し、困ったカンガルーは「ひどい。牡か雌かなんて聞かなかったじゃないですか」と前足で顔を覆って泣きじゃくり、、、、。
 心労で寝込んだ私のためにカンガルーは馴れない農作業をして前足は血豆だらけに。おまけに動物の浅はかさ、実った作物をついつい食べてしまうので収穫はゼロ。
 生活に疲れた私は「このまま暮らしても二人とも駄目になるわ。お前は好きなところで生きて行きなさい」と「出ていっていいよ宣言」をするが、そのカンガルーは野生の知識は皆無であった。今さらそんなこと言われても、一人では暮らせないカンガルーは、街に物乞いに出かける。これは少し上手く行って、毎日小銭を稼いでオートミールを買ってくるのだった。
 熱心に働くカンガルーを見なおして再出発の意欲も芽生えたかに見えたが、辛く厳しい日々はこれからなのである。カンガルーはある日、街からの帰り道、密輸業者に連れ去られてしまうのであった。
 誘拐現場を目撃した通行人の証言を頼りに、私の追跡行が始まった。尽くしてくれたのに、牡だの牝だの文句を言って悪かった。取り戻して、野生に帰れる訓練してあげるよ。野生が駄目なら私がお前の人生に責任持って守るから、と心に言いつつ銃の手入れをする謎の日本人。英語は下手。永住権取得済み。必要に迫られたとはいえ、銃や刃物には元々異常な関心を寄せるたちだったのですぐに上達。
 いい仕事ないかね、と怪しげな小男が寄って来る。「姐さん、チャイニーズスネークヘッド? え、日本人? ヤクザ? カンガルーなんか、ここには間引きされるほどいるよ」「沢山いるだろうけど、あの子は一人だけだよ」「あの子って」「攫われた子だよ」「そのカンガルー、姐さんの子供かい?」「そんなわけないだろう。日本じゃ、飼っている動物をうちの子、と言うんだよ」「変わってるね。金くれるなら、夢占いの達人の所に連れて行ってやるよ」
そして夢占いの先住民いわく、攫われたカンガルーは、カンガルーの神に見放されており庇護も届かない、とのこと。産まれたときから人間に育てられたせいだ。
 なんと、動物神は生まれや育ちで差別をするのか、心の狭い神である事よ。それを口にしたとたん、たちまちに動物神の怒りを買って先住民の家は嵐に襲われた。オーストラリアで地元の動物神と対抗するには力量不足の私は、必死で走る。気づけば傍らにさっきの小男が走っている。私のせいで動物神の怒りに巻き込まれたらしい。責任とって雇ってくれ〜、と付いてくる。「お前は何ができるの」「用心棒。さもなきゃ、賭博。さもなきゃ、コアラのたたき売り」「出世払いでいいかい?」「もう、何でも良いですっ。こんな死に方したくない」。小男と私の追跡行はたたき売られそうになっていたコアラも交えて、まだまだ続く。

 とか、えんえんと純愛変態動物愛ストーリーが展開して行きそうな気配がある。ううーん、やはり牡カンガルーじゃ、今ひとつ盛り上がりに欠ける気がする。
 車に跳ねられた牝カンガルーが、通りかかったヒッチハイカーの「私」に、この子をお願いします、とお腹の袋から首だけ出している赤子を託して息を引き取る所から始めようか。。。あ、話が大幅に脱線したようだ。


 ペットの話に戻ると。もちろんあざらしでもいいんだけど、ペット可物件でもあざらしは断られました。フェレット案も検討中。ああー、あの手の可愛くて獰猛系、昔から大好きだったのだ。
 虎は、だめ? 駄目かなぁ。駄目だよね。。。。前足の一撃で簡単に負けそうだ。

 さて、人魚なら??
 相手の性格次第だなぁ。人魚に対して、私が譲る事は無さそうですね。
[PR]
# by leea_blog | 2005-03-22 02:03 | Comments(0)

ネットでの営業とは。。。。


以前に、『アダルトサイト系迷惑メル』について書きましたが。。。。

また書かずにいられないのです、これが。
昨今は露骨な件名で出しては、開けられずにゴミ箱直行なので、相手がうっかり開けてしまう件名を工夫なさっているからです。


本日も、見知らぬメアドから来た、
  件名:お問合せいただきありがとうございます。
というメールを開けずに削除しかけました。こういう件名の迷惑メル多いんだもん。

 虫の知らせで開けてみると、危なかった、確かに私が資料請求した所だ。
ってか、不動産会社さんよ、「資料請求」はしたけど「問い合わせ」はしておらんよ。君とはまだ一言もやりとりしておらんのだよ。「資料請求」は最低限必要事項を機械的に記入、「問い合わせ」は少なくとも文章を作成する脳の作業が入ってるワケで、その二つは、こちらが貴社に抱く親近感において、決定的に異なるのだよ。
 エロサイト勧誘と間違われぬように、件名で社名を名乗るなりしてくれ。貴社もHP持っているなら、一般人の所に迷惑メルがどれくらい届くか推測できるだろう。貴社だけに問い合わせするためにネットに繋いでいる人はおらんのだ。プンプン(怒)

 あ、つい怒っちゃった。
 ま、仕事でメル送る人は、仕事だからこそ、上記のことに気を配るくらいは、やってほしいです〜。といいますか、お客サイドに立った気の利く営業姿勢をアピール出来るするチャンスなのに、反対に「巨額の商品を扱う割には気が利かないなぁ」と思われるのは損ですね。と、思わず古株社員が新人君に注意を促すモードになりましたが。

 『お問合せいただきありがとうございます。』というだけの件名が知らない相手に不親切とまでは、某社新人営業員(推定)も気が回らなかったのだろう。しかし、大きな商品を扱うとしたら、見知らぬ相手に初めて出すメールの印象がちゃんとしているか否かは、重要なんです。

 とか書いている内、早速留守電にその会社から「モデルルームを見学に来てくれ」のお電話が入ってるのを発見した。口調は礼儀正しいものの、話の内容が「お台場が見えるうんたらがどうのこうの」「残りわずかとなりましたのでお早めに云々」であった。。。。
 お台場が見える部屋が欲しくて資料請求したわけでも何でもない私は、「この物件を買ったら、回りは凄いミーハーで頭軽そうな若人ばかりになりそうだな」と余計な懸念を抱くのであった。あの辺りの海と灯りの取り合わせはかなり好きだが、「お台場が見える」という表現だと、ぜーんぜん違ってくる。
 そして、夜にはメルでも「残りわずかとなり云々」と来場を促します。残りわずかなのに、この勧誘攻撃は何? 足を運べば、不動産知識よりくどさが際だつ営業員が待ちかまえていそうな予感がする。だって、留守電メッセージにもメールにも、肝心の商品の説明が盛り込まれていないんだもん。。。。何件か同時に資料請求して、今のところここだけです、こういうノリの会社。

 と、書いている深夜二時過ぎにまたしても、「残りわずか云々」とメルが来ました。間の取り方が悪すぎ。同じ内容のメルを文面もほとんど変えずにしきりに出すのは、まずいでしょう〜。

 それに比べて、アダルトサイトが勝手に送ってくるメルは、客の心理を巧みに突いた工夫振りで、「次はどんな手で来るのか」とウオッチしている密かな「迷惑メル」ファンも急増中と聞く。

実例は、次回。
[PR]
# by leea_blog | 2005-03-12 01:53 | Comments(0)

光降る天窓とマンションのペット。夜はマンダラスパのオイル

メゾネットのマンションを一件、問い合わせた。
駅に近くて、緑が多く、床は木の床、採光と通風に優れて、収納率高い。値段以外は結構気に入ったのだが、、、、。
「ペットは飼っても大丈夫でしょうか」。
「ペットですか。一匹までなら、、、、」
「一匹???(言葉を失う)」
「JRの貨物で運べる大きさのペット、一匹までです」

おい、おい、おい、おい!
四千万近い分譲マンションで、ペットも満足に飼えないのかよ!

ペット不可なら、分かる。
動物がもの凄く苦手な人だって多いのだ。
でもねー。飼って良いなら、一匹でも二匹でも、三匹でも大して変わらないでしょうが。

はつかねずみ一匹と大型犬一頭じゃ、同じ一匹でも違うしね。
一匹しかだめなら、小さいのじゃ寂しいから、大きい動物にしたい。牛とか、馬とか、虎とか。虎は知らないが、牛や馬は貨車で運べた気がする。昔見かけた。国鉄の頃だが。

そのマンションへの関心は一気に失われた。
私のまな裏には、マンションの一室で草をはむ子牛に降り注ぐ大天窓からの午後の光の幻影が残った。それはそれで、なかなか良いな。

余談。
バリ島では、マンダラスパのオイルを沢山買い込んできた。それも、お土産として差し上げたり、自分用に使ったりして、残りはわずかしかない。今日はその一本を開けた。クローブやシナモンの、新鮮な香りが鼻孔を打ち、甘い香気にくらくらした。
マンダラスパのオイルは、現地で買っても特にお安くない。日本と変わらない。しかし、とてつもなく素晴らしい。酸化を防ぐために瓶の口は蝋で封印されている。


マンダラスパでも、スパがある国によってオイルの調合が違う。日本にもマンダラスパがあるはず。行って比べてみたい。
[PR]
# by leea_blog | 2005-03-11 01:50 | Comments(0)

転居先を探してます

あ。もう三月だ。
昨日は雪が降ったし、明日も雪らしい。

一人暮らしの母が入院した。脳溢血か何か。
命の危険は無いながら、麻痺がひどくて一人では体も起こせない状態。今まで憎まれっ子世に何とかというように、バリバリに丈夫だったから、本人も回りも気持ちの準備が出来ていないですねぇ。

 最初弟から連絡を受けた時は、命の危険が有るような口調だったから、「人間ははかないものだ。生きていたときは折り合えない母だったけど、居なくなると寂しいものだ」と、早くもしんみりしたのだった。
 一方で、弟の様子に、「お父さんの時とは随分違うじゃないの。男の子にとって母親は特別な存在だ、という説は本当のようね」と、父の時と比べている自分が居た。

 そんなこんなで。私は実家に大量の荷物を置いたままなのだが、引き上げる期限が出来てしまった。今の仮所在地も移動せねばならない。荷物を置けるスペースの有るところに。で、ついでに念願の、『ペット可』物件を探している。

 借家は狭くて高すぎ!  当然だが、家主は、家賃で建築費の返済をするだけではなく、管理会社に支払いをして、さらに儲けを出さなくてはならない。それは家賃に反映されるので当然のことだが、借家は割高感が強くなるのだ〜。

 本音を言えば、私は住居にお金を掛けたくない。自分の建築物の好みは十年くらいで変わるはずだから、飽きると分かっているものにン千万も借金するのはしんどい。だが、そんなことはもう言っていられない。

 書斎兼アトリエのスペースも確保するぞ〜、と探しているが。都心は狭くて高いのよね(泣)
 少し都心部から離れると、広いスペースが確保できるが、それでは私の体力上、通勤が困難なのである。ああ。職場が田舎に引っ越してこないものか。

 空気の良い所で、鹿やカンガルーや羊や犬や猫やあざらしと暮らしたいよ、ホント。
[PR]
# by leea_blog | 2005-03-05 01:49 | Comments(0)

あ。そろそろ三月。

あ、凄くご無沙汰した気がする。

雪降った事とか、
チョコレートの事とか、
またも書籍買いまくり、とか、
地震で書籍類が雪崩を起こして
見事に逃げ道を塞いだ事とか、
子供の頃から動物と住みたかった事(人間除く)とか、
「苺のシーズン到来」が何故冬なのか不満とか、
腰痛と書き物の関係とか、
毎日色々有りすぎて、書き込む暇がなかったらしい。

エミール・ガレ展はこの場を借りてお薦めしたい!
作品沢山来てるし、図録が安い!
ただし! 長蛇の列であった。
ちっとも進まないのだ、列が!
いつも思う。作品数を少なくして、入場料を安くしてよ。
気軽に何度も来られて、のんびり見られるようにして欲しい。
何でいつもこういうのを見るときに
並ばねばならんのだ。

食料の配給を待つ餓えた人々よろしく、進まぬ列に文句も言わないその一員となって、最初は並ぶが、大抵はやってられなくなって列から離れて空いているところしか見ないわけだが。
何て言うか、その、まるで関係ない事に体力使ってる気がしてくるのだ、列に並んでのろのろ進んでると。違うよなぁ、これって。文化って、こういうのじゃ無いはず。

一般市民がじっくりのんびり気軽に、素晴らしい物に接するようになっていないのだ。

図録を安く提供してるだろ!!!!、入館者が沢山居ないと赤字で次回の企画出来ないんだよ、こら!と言われれば、間違いなくその通り!
 よその美術館の図録も販売していて、その姿勢は良心的だった。美術館・博物館の皆さん、早くカードで支払えるようにしておくれ。


それはそうと、母が入院したらしい。
一人暮らしだから、寒い内は病院の方が安心とも言える。
“風邪と癌以外は病気と認めない”困った考え方が、医者の指導で改善してくれることを祈っている。
私が病気で会社を長期欠勤したときも「風邪かしらね」と現実を認めるのを拒んでいたお人である。癌か風邪以外で寝込むのが我慢がならなかったらしい。
駆けつけるのに躊躇するのは、顔をつきあわせて暮らした日々が余りに苦かったからだ。

いずれにしても、思いこみで生きている人への強い疑問と嫌悪が私にはあり、家庭環境が反面教師の役割を果たしたのは間違いない。
[PR]
# by leea_blog | 2005-02-28 01:45 | Comments(0)

梅花と寒波

この冬一番の、寒波が到来。

変温動物の私は、大変な警戒態勢。霜の付け入る隙もないほど。羽毛と毛皮と絹を積み重ね。

 部屋にはキャンドルを沢山灯し。お風呂には死海の塩を入れ。ヒーターやエアコンは勿論フル稼働。暖炉に火をけっして絶やさず、眠り掛けた人がいれば頬を叩いて励まし、雪山救助犬に命じてブランデーを飲ませて麓まで運ばせている。

 今年は暖冬のようだけど、この時期いきなり冷え込んで、体がとても持ちませぬ。
 とはいえ、香りも高い梅の季節。ああ、梅林が恋しい。

よたはこれくらいにして、九州の日嘉さんから原稿が届いたので、忘れた頃にWEB版【揺蘭】を近々アップします。

激烈アナログ愛護人の私のことゆえ、WEB版はあくまでWEB版で。大体、執筆人はほとんどインターネットなんかやってないし、「ネットだからアナログで出来ないネット向け作品をいかがですか」と言っても極端なムチャはできないのであります。

ああ、今週は始まったばかり。
[PR]
# by leea_blog | 2005-01-31 01:44 | Comments(0)