転地療養日記 自然の力を取り入れる

転地療養先に台北を選ぶのは、
幾つも理由がある。

都市部のエネルギーがあり、
良質の温泉が近く、
バランス良い食事が安く、
飛行時間が許容範囲内で、
治安が良く、
人形劇が凄い、
その他、沢山あるのだが、

私は引きこもりなので、
外に出る習慣を取り戻さなければならない。

台北は、地下鉄が発達しており、
交通費が安い。

例えば、
通い湯治をしている温泉地の、
新北投まで、40分くらいかけて行くが、
片道の交通費は、
28元だ。

日本で言えばスイカのようなカードを使うと、二割引になる、

初乗り運賃は、
16元。

一元は、大体四円である。

日本だと、私のアパートから、
近場の繁華街、池袋まで、
地下鉄の所用時間は15分くらい、
片道190円である。
往復の交通費を考えると、
余計、
家にこもりたくなる。

台北は、交通費の安さに驚き、
電車に乗らないと、損した気分になり、
外出するモチベーションがあがる。

ホテルは法律として禁煙なので、
喫煙者の私は、
タバコを吸う為に、
いちいち外出着に着替え、
ホテルの外に出なければならない。
道行く人を眺めながら、
散歩する意欲が出てくる。


今日も北投温泉に出かけた。

湯船に浸かり、100まで数えて、
出る、座って温泉の成分を体に染み込ませ、
汗が引いたらまた入る、を、
繰り返すのだが、

今日は、おとなしく汗が引くのを待てず、
頭から冷水のシャワーを浴びまくった。

ああー、温泉の成分が体に染み込むのが待てない!もったいない。

頑張って三回入ったが、
それ以上は、身体的に無理だった。

150元の入浴料なのに、
合計、
300秒しか湯船に浸れなかった。

これは、体が、
湯当たりを起こしているのだ。

湯治で湯当たりが出たら、
入るのはやめて、体を休ませる。

回復したら、また湯治を。
湯治は、こうした繰り返しになる。

そろそろ帰り時だ。


ゴッドハンドのB先生のマッサージと、
湯治で、
到着した時に比べて、
関節の可動範囲が広がっている!


しかし。
今回の転地療養では、
いつもは消える心配事が、
頭から消えなかった。

庶務課や局と、闘える気がしない。

その為、食欲が、
まだ正常に戻らない。
食べれば美味しいと感じる点は改善点だが、
食事が、正直な所、しんどい。

何か打開策が欲しい。
で、発見。↓


私は台湾リピーターだ。

台湾土産で有名な、
阿原、ユアンソープというものがある。

阿原という台湾ブランドの、
オーガニックの石鹸だ。

普通サイズの石鹸が、
一つ300元くらいする。

価格面で、論外。
高すぎです。
と、
今まで、近寄る事がなかった。

リピーターなのに、
お土産の定番ともいえる阿原ソープに、
関心を引かれる事が一度もなかった。


今回の滞在で、
初めてショップに入った。

パンフレットをもらって読んでみると、
植物の力を、最大限なるように、
石鹸にしているようだ。

実は、
私は以前、ストレス対策で、
アロマテラピーに凝った事がある。

リンパマッサージは、
下手なマッサージ師さんに頼むより、
自分でやった方が良いくらいだ。

パワハラを受けて、
セルフネグレクト状態になり、
自分で自分のケアをする事が、
大変なハードルの高さになってしまった。

で、アロマテラピーでのセルフケアも、
しなくなって久しい。

ユアンソープは、
植物の持つ効能に凝った頃の、
記憶を、呼んできた。

昔は、マッサージオイルも、
自分で調合していた。


試しに、
ショップに設置されている水道で、
テスターの石鹸で、
手を洗ってみた。

おお、これは!!!

想像していたものとは全然違う!


これは、今の私が欲している物かも知れない!


ちなみに、
鬱の人のご多聞にもれず、
私も、お風呂と洗顔が、
辛い。

湯治をしているのを見れば、意外に思われるかも知れないが、
家の風呂と、源泉は、
水道の水と薬くらいに違う。



余談。
若い頃、温泉の話をしていて、
温泉地から上京して間もない人が、
「うちは蛇口をひねれば温泉が出ていた
」と話してくれた。
「凄い!」、「贅沢ですね」、と、
皆が驚くと、
彼女は言った。
「東京は、水道の水をわざわざ沸かしていて、
凄く贅沢だと思います」。

ううむ。
天然資源に恵まれた地域の人は、
発想が違う、と、
皆は更に驚いた。


話は、ユアンソープに戻る。

これがあれば、
ハードルの高い風呂と洗顔が、
楽しみになる、かも知れない!

家の風呂は狭い上に湿気がこもりやすく、
入浴には結構神経を使う。
貧血を起こしてしまうのだ。

一人暮らしだと、風呂で倒れて、そのまま腐乱死体になる怖れがあるため、
ちょっとした風呂恐怖症だ。


ユアンソープは、
配合されている植物と、
その効能によって、
種類が沢山ある。

ひとつひとつ、
配合されている植物の種類をチェックして、
今の私に何が必要かを、
自問していくうちに、
前向きな気持ちが、

高温多湿の夜に吹く一陣の風のように、
かすめていった。

紫根が主成分の、
ハイビスカスという石鹸を買った。


早速、夜にホテルのお風呂で試した。

ただそれっぽい物を配合したのではなく、
本当に、こだわり抜いて、
作っているのが感じられた。

洗い上がりの肌のきめが整っている。


朝も、使ってみた。

毛穴が細かくなっている。

洗い上がりも、突っ張らない。

私に必要な成分が、
入っている。


ショップを再訪し、
あらためて店内を見ると、
石鹸以外に、
シャンプー、リンス、化粧水、乳液、
オイル、その他が揃っている。

自然の力を取り入れて、
ストレスを軽減したり、
治癒能力を高めたりしていた頃を、
思い出した。

パンフレットをもらってきて、
眺めている。
高価の為、石鹸以外に買うかどうかは
わからない。

日常生活の質の改善に、
少し意欲が出てきた。

今まで関心がなかった店に、
今回吸い寄せられるように入った、
そして
私が求めるヒントが、
差し出された。

こういうのをご縁というのだろう。

















[PR]
# by leea_blog | 2017-09-23 17:30 | Comments(0)

転地療養日記 安めの宿


転地療養中だ。

街中に宿を取り、
効果のある源泉掛け流しに、
通い湯治をし、
栄養のある物を食べ、
ゴッドハンドのマッサージの先生にかかる。

昨夜、同伴者の髪を梳いていたら、
くるぶしをベッド脇の釘に引っ掛け、
深く切ってしまった。

痛いよー。

何でこんな所にクギが???

ベッドに布を釘付けしてあるクギが、
どういうわけか、
飛び出していたのだ。

フロントで消毒薬を借りた。

膿んだらどうしよう。

安宿だと、こういう風に、
高めのホテルではあり得ない事もおこる

今日はあまり歩かない方がいいだろう。
と、これを、書いている。

今日は宿の話をしよう。

私が利用するのは、安めで清潔な宿、一泊千元くらいを目安にしている。
転地療養は、長めの滞在なので、
経済力の無い私は、
安めの宿にしているが、
経済力があれば、
もっと快適で安心な宿を選択できる。

今回は、転地療養のミッションの一つ、
気分を変える、目的で、

最初の二泊は、今まで泊まったことがないホテルに挑戦した。

到着日。ネクスト台北ホステル。

ここは、位置的には、
桃園空港から台北に来るMRTの駅に激近で、
活気のある街中にあり、
何処へ行くにも便利であり、
立地抜群。


これまで、このホテルの前を通ると、
普通のお客の他に、見るからにバックパッカーさん達も入って行くのが見え、
「どういうホテルなのだろう」、と
謎に思っていた。

今回理由がわかった。
台北日記という、普通のホテルに、
ネクスト台北という、
ドミトリーのホステルが、
併設されていたのだった。

ドミトリーは、一泊、500元以下!
ベッドは清潔。
共同トイレとシャワーも、清潔。

何より、朝食がホテルの客と同じ、
ブッフェだ。
これは、凄すぎる。

私にとってありがたかったのが、
食堂に設置してある飲み物機械で、
いつでも飲み物が飲めることだった。

街中で、周辺にはコンビニも多数あり、
深夜でも飲み物に困らない。
しかし、
わざわざ買いに行くほどでは無い気分の時に、
ふらりと飲めるのが嬉しい。

その代わり、自分の部屋では、
飲食厳禁。
これはちょっととほほだが、
大抵のゲストハウスはそういうものだ。

立地もコスパも、
大変良い。
ドミトリーでOKの人には、
大いにオススメだ。

私も若い頃はドミトリーで大丈夫だったが、
歳を取るごとに
完全個室でプライバシーが守られていないと、
落ち着かなくなってしまった。

そして、できればそれなりのホテルのプロフェッショナルなホスピタリティを、心地よく感じるようになってしまった。

安めの宿には別の楽しみもあるので、
若い内にガンガン体験することをおすすめする。

ゲストハウスに泊まる人は、
旅人同士の情報交換や交流を望む人も多い。

ここは、交流は全く無いタイプである。

そっとして置いて欲しい人向け。

それにしても、この内容で、
このお値段は魅力的だ。


2日目は、
西門の漢口路にある、
ゴースリープ漢口に泊まった。

宿代が、定宿と同じくらいのため、
定宿と比べて見ようと思ったのだ。

立地抜群。
西門の賑わいを堪能できる。
漢口街二段は、
地元の人が利用する食べ物屋も充実し、
活気に、触れられる。

しかしホテルは、
ゲームセンターやスナックなどが入ったビルの上が客室になっており、
入り口は、見るからに怪しげな印象だ。

ゲームセンターといっても、
日本のゲーセンとちょっと印象が違い、
怪しげな客が、
ゲーセンの階で乗り降りする。

ホテルスタッフは感じがよく、
朝食もブッフェ。

客室は、寝るだけなら、問題なし。
ホテルステイも重視する人には不向き。

冷蔵庫もある。私の部屋は、バスタブは無く、シャワーだけだった。

ホテルの名前のとおり、「一日中遊ぶから、ホテルは寝るだけで、高い所は勿体無い」という若い人向けかなあ。

廊下に給水器があり、
ポットに水を入れて部屋で使うことが出来る。
これは便利。

部屋に置いてあるミネラルウオーターだけじゃ足りなくて、大抵、水を買い出しに行くから、ありがたい。

11時過ぎても、外はますます賑やかで、
宿泊客も、食べ物飲み物を買い込んで、
エレベーターに乗り込んでくる。
部屋で、寝ないでエンジョイしよう、という訳だ。

立地は魅力的だが、
私は、リピートしたくはならなかった。
どうも、大量にさばいて行く系の宿は、
落ち着かないのだった。

ちなみに、
この二件は、朝食のブッフェも品数が多く、
お腹は満たされるだろう。

が、ブッフェにありがちで、
一品一品の質が高くない。

観光で来る場合は、
せっかくだから朝食は、
外で美味しい物を食べる方が、
美食の国に来た甲斐があると思う。

台湾おにぎりとか、美味しいよ〜。








[PR]
# by leea_blog | 2017-09-22 09:25 | Comments(0)

転地療養日記、馬鹿日記篇2

と、
前向きそうな日記をアップしているが、
今回は、
心配事がなかなか頭を去らない。

まあ、係長クラスにさえ無視され、
御用組合とはいえ、
組合費を払っている組合からも返事が貰えない、という状況に、
帰国後どう向き合うか、と、
心配して疲労困ぱいなのだ。

りーあ「無后、もう八日目なのに、思うように体調が戻らないのです」

宮無后「公主、転地療養は、10日を過ぎる頃から効果を実感できるとおっしゃっておられました。
まだ2日あるではございませんか」

りーあ「えぇ?すごい前向きな発言ですね〜。
素還真かと思ったわ」

e0016517_21085824.jpg
宮無后「無后は元々、前向きでございます」

りーあ「そういえば、確かに、色々ポジティブシンキングなところもありますね。そうでなければ、師匠を倒すなんて事、出来ないしね。ポジティブシンキング、というのは、前向きな考え方という事よ」

宮無后「今回、公主のお供をするために、素還真様から、心得を教えて頂いております」

りーあ「ほう。例えば、どんな心得?」

宮無后「公主が散歩に行かれるのを、お引き止めしない事。ご思索のお邪魔をしない事。無理をなさったら、できるだけ温和な表現で、ご休息を促す事。その他、沢山あります」

りーあ「さすが、素還真」

宮無后「今回お供を上手く勤めれば、またお供を仰せつかるだろう、と」

りーあ「うーん、それは、どうでしょうか。メンテには連れて来ますが」

宮無后「公主、無后にお体をお診せください」
e0016517_21491983.jpg
宮無后「運動量が多すぎのようです」

りーあ「1日1労働しかしていませんよ」

宮無后「1日1労働でも、急に労働を増やしては、過負担に、なります」

りーあ「なるほど。と、いうか、一年以上一緒に暮らしていたけど、こんな無后初めてです」

宮無后「私が人より優れていることといったら、剣の道と、あと一つ二つくらいです。剣の道は、気と意識の流れの鍛錬が必須です」

りーあ「貴方が優れているところは、数え切れないほどありますよ。それはそれとして、生まれ故郷の空気を吸って、別人モード?」

宮無后「もとよりこうですが、素還真様の方が優れておられますので、家では特に申し上げなかっただけでございます」

りーあ「色々びっくりです」



[PR]
# by leea_blog | 2017-09-20 20:52 | Comments(0)

転地療養日記 北投温泉と烏来温泉

転地療養中である。

ミッションには、
ホテルから、
日帰り温泉に通うことも、含まれている。

と、いうことで、
今日は転地療養効果のある、
通い湯治の、紹介です。

北投温泉は、ラジウム泉だ。

改修が完了した瀧乃湯に行ってきた。

時間制限無し、150元。

水着不要。タオル持参。

コインロッカーが新設され、
トイレが浴室に付き、
洗い場が広くなっていた。

また、湯船も、温度の熱すぎない湯船もできていた。

洗い場が広くなったことで、
人口密度が少なくなり、
気持ちよく入れる。

熱くてよく効くため、
湯船に短時間浸かり、
座って温泉成分を体に染み込ませる時間が、長い。

その為、座って休むスペースが、
人でいっぱいになる。

のぼせやすい私は、
湯船に入って100数えたら、
出て休憩することにしている。
それ以上は、私には危険だ。

100秒しか入ってないのに、
手足の血行の悪いところに、
蛇の背中にあるような網目模様が浮き出る。

汗が引いてきたら、
また湯船に。

それを五、六回繰り返して、帰る。

六百秒くらいしか、湯に浸かっていない。
が、効くので、身体がギブアップしてしまう。

冷え症の上に、ストレスで血行が悪い私の身体は、また冷たくなるが、
皮膚の表面よりも、どちらかというと内部に効く感じだ。

滞在中は、湯当たりが出るまで通う。


瀧乃湯の向かいにある、
公営の露天風呂は、
入場料40元。ロッカー代20元。
水着着用。
入れ替え制なので時間に注意。

こちらも、泉質が良く、
瀧乃湯の半額以外で入れて、
露天で気持ち良いため、
たまに利用する。

欠点は、時間が入れ替え制で、
水着着用なので、
計画的に利用しないとならない点だ。
体調が良いからちょっと寄ろうかな、というのが難しい。
湯治目的の人は、体調がおもわしくないだろうから、なかなか計画的に動けない。
あとは、常に混んでいること、
晴れた日中は、日蔭確保が難しいこと。

私が通うのは、この二ヶ所だが、
経済的に余裕のある人には、
豪華な日帰り温泉も北投には多い。


烏来温泉も、行く。
こちらは、泉質が、ゆっくり湯に浸かれるので、
冷え症の私でも、
身体が温まったのを感じられる。
e0016517_17503578.jpg

地下鉄からバスに乗り換えると、山の景色。感じとしては、箱根みたいな。
e0016517_18310612.jpg

冷え症でストレス過多の私は、
首や肩を触ると、冷たい。
自宅の風呂では、
皮膚が赤くなっても、
触ると冷たいままだ。

烏来温泉に通うと、
台北に帰ってきてからも、
首や肩が、触ると暖かい。
自分の身体ではないようである。

因みに、どこの温泉でも、
湯治目的の人は、
源泉掛け流しを選びましょう。
↑これ重要


烏来温泉は、
個室で一、二時間で、
安くて300元。
二人だと、一人200元。
高いところは際限無し。

台北から日帰りで通える温泉は、
他にも多くある。

が、湯治目的で通うとなると、
入浴料が安くて、効果が感じられ、
交通機関も通いやすいこの二ヶ所がお勧めである。

温泉大国日本には
湯治に、適した名湯が沢山ある。

が!

都内からだと高くて遠い。

癌でも治ると言われる玉川温泉などは、
予約がいっぱいで取れなかった。

玉川温泉は秋田だ。
体力のない私が自力でたどり着くのは、
かなり困難でもある。

それなら、玉川温泉と同じ、
いや、全く同じことはないだろうが、
同じ分類の、ラジウム泉、の、
北投温泉が浮上した訳だ。


ざっと計算しただけでも、
国内の名湯に滞在するより安くて近い。

宿は、朝食付きで四千円以上は払えません、
という段階で、国内の湯治候補地は軒並み却下だった。交通費も、食事代も高い。

転地療養効果は、
人によって、求めるものが違うと思う。

人によっては、
静かな自然に囲まれて癒やされる人も多い。
メンタルを壊してしまった人には、自然は力を、与えてくれる。

しかし。私のような、
職場復帰を目指すタイプには、
意外な事に、都市部も効果がある。

娑婆っ気が刺激されるのだ。

私は、短期間なら、自然は素晴らしいと感じるが、滞在が長引くと、気が滅入ってしまうタイプだ。

雑踏、働いている人々、
消費意欲や、生きる意欲に満ちた人々、
そうした人々や場所から、
エネルギーをもらう感じだ。

職場が雑踏の中にあるから、
そこに戻る力が必要なのである。












[PR]
# by leea_blog | 2017-09-20 16:28 | Comments(2)

転地療養日記、馬鹿日記編


人目をはばからずにいちゃいちゃしたり、
いちゃついている画像をSNSにアップしまくったり、と、
傍迷惑なカップルを、
世間では「バカップル」と呼ぶ。

宮無后に罪は無いので、
りーあが頭が変なだけなのだが、
自分がまさかの、バカップル振りである。


地味にしんどい転地療養生活に潤いを与えてくれているのが、

今回同伴した、宮無后である。


一泊目はドミトリーだったので、
鞄の中に隠れ、
二泊目の、
場末感漂う宿で、ようやく抱擁しあった、
二人だった。


e0016517_17272618.jpg
e0016517_17313979.jpg
鞄で運ばれてきた振動で、
髪が乱れまくってしまったのだが、
本人は全く意に介していない。

この日撮ったスナップを見ると、
ちょっと変。

帰宅してパソコンの大きい画面でチェックしてから載せる事にした。


三日目、ようやく定宿に移動して、
ルームキープの時間以外は、
書物の樹海ではない部屋を堪能する宮無后。
e0016517_17413615.jpg
e0016517_17421222.jpg
りーあ「一緒にピリを観る?」
と、膝に抱き上げたものの、
撮った写真を見ると、
無后はテレビ画面なんか、
観ていないのだった。
自分の世界に浸っています。

e0016517_17451474.jpg
e0016517_17455870.jpg
e0016517_17462357.jpg

宮無后「邪魔な書物の無い所で、
二人きりに。。。。
ついにこの日が来たのだ」
e0016517_17481583.jpg
宮無后「満たされた感覚、、、。」

e0016517_17500007.jpg
りーあ「そんなに喜んでくれるなんて。
新婚旅行に行く予定立ててたけれど、
予算や虫のいない時期を選んでいる内に、行けてないものね。
帰宅したら、新婚旅行の予定、改めて立てましょうね」

無后「公主、無后は野宿でもいいくらいです。
ただ、野宿だと、公主のお身体に障りそうです。
夜は、農家の納屋ででも眠るのはいかがでしょうか」

りーあ「それは良い案、と、言いたいですが、
昨今では、納屋に謎の二人連れを泊めてくれる農家が、無いんじゃないかしら。
日本も、色々物騒に、なったからね」


野宿とか、農家の納屋とか、
子供や若い子はワクワクするんだろうな、
と、思っていたが、

よくよく話を聞くと、
実父の別黄昏と過ごした短い日々が、
彼の頭で、
誰かと野宿=心が温まる、
という図式になっているようでした。



[PR]
# by leea_blog | 2017-09-19 17:13 | Comments(0)

転地療養日記3 ガイドブックに載っていない食堂



転地療養中。

台北に宿を取り、北投温泉に、通い湯治。


温泉からの帰り、台北駅から、開封街一段を、西門方面へ向かう。

私はホテルへ帰る道だが、
旅行者さんも、ここを通って西門へ抜けるのも、面白い道だ。

源泉に浸かって汗をかいたので、
ビタミンを補給しようと、
果物ジュース専門店に入る。

温泉については、また後日コメントします。

西瓜汁、大、55元。

e0016517_21074511.jpg
想像していたより、遥かに美味しい!

店の中から入り口をみた写真。↑

店の入り口には、果物汁の名前と値段が、

暖簾状態に貼ってある。

カットフルーツも売っており、
汁は、注文を受けてから絞る。


この辺りは、
50嵐など、テイクアウト飲料の店が立ち並ぶ。


e0016517_21122715.jpg


同じ通りの屋台で買った、本日の昼食。↑
20元。

中身は、小豆のほか色々ある。

この辺りは、有名な水煎包の店や、
夜市では凄い行列の、福州胡椒餅の店もある。

胡椒餅は、夜市の方は、作っている所を見ると、忙しすぎて、雑である。

案の定、皮が均一ではなく、破れて肉汁がみんな流れてしまっていた。ひどい。

福州胡椒餅は、こちらで買うのがオススメです。


この通りにある、台生飲食亭。
ノスタルジックな造りで、前から気になっていた。

今回、初めて入った。

豚腿丼、100元。

大当たり。美味しい。

e0016517_21283739.jpg
シジミとニンニクのスープ40元をつけた。

辛味調味料を小皿に取る。

肉のかたまり、野菜沢山、おかず、煮卵まで入っている。ごはんは少なめ、具がたっぷり。

飽きが来ず、一度に色々なおかずが食べられ、お値段手頃。

ちなみに野菜は日替わり。

外食文化を支える食堂といえよう。
e0016517_21463659.jpg
e0016517_21470453.jpg
店内は、↑こんな感じ。
日本語メニュー有り。

二回入ったが、
二回目の方が美味しかった。

豚腿が、トロトロもっちりでした。



西門にある、
香腸屋、原住民不満族も、
前から気になっていた。

店の名前が。

小腸大腸、つまり、餅米腸詰をホットドッグ状態にして、腸詰を挟むものを頼んだ。
それ自体は、夜市でも見かけるが、
ここのは、今までで一番美味しかった。

e0016517_21532954.jpg
腸詰以外に、色々な具がたっぷり入っている。

スパイシー!

具が沢山入り過ぎて、取り出して食べられない状態。

円筒状のビニールに包まれているのを、少しずつ剥いて食べる以外に選択肢がない。
口の中で色々な食感と味が混ざる。
70元。

この店など、その独特さと味で、
ガイドブックにでものれば、行列ができるだろうな、と思う。



















[PR]
# by leea_blog | 2017-09-18 20:59 | Comments(0)