転地療養日記 続き

転地療養中である。

10日前後経過すると、

だんだん、

効果を感じられる。




転地療養が効果があるとわかっているのに、

家に泥棒がはいったら大変、とか、

火事になったら大変とか、

可能性の低い事を猛烈に心配して、

帰りたくなる衝動は、

収まった。



転地療養には経費がかかる。

保険も効かず、

まるっきり自費なので、

大変といえば大変だ。

しかし、

家に居ても治らない心の病系の人には、

トライする価値があると思う。



と、いうのも、

病がおもくなって、

自殺するかもしれないとしたら、

金はあの世まで持って行けないし、

病が快方に向かうとしたら、

働けば給料がもらえる、


何もしなければ、

ただ辛い時間が経過して、

経済面もジリ貧になるばかりだからだ。




転地療養12日目。


帰ったら、

まず、林庶務係長のメールに対応しなくてはならないが、

「帰ったら考えよう」、

と思えるようになった。



主治医に、

「監督署に相談」、との助言を受けており、

どれだけ無駄かわかっているだけに、

とほほだ。

これも後で考えよう。




今回の転地療養で、

空港に到着してただちに効果があったのは、

お金の心配、である。



両替したとたん、

宝くじに当たった気分になった。



理性が、

必死に、

「なるべく節約して、

帰ってからの生活費に回さないと!」

と、叫んでも、

節約脳が緊急停止して、

切迫感が感じられない。




お小遣いではなく、

生活費を転地療養資金に充てているため、

本来なら、

これはまずい状況だ。




しかし、

何しろ家では、

金銭の事で首が回らない状態だった。





「借金で首が回らない」、

という言い回しがある。



比喩ではなく、

本当に首が回らなくなるのだ。



首のストレッチをしようと、

首を傾けると、

息が止まってしまうくらい、

筋肉が石化していた。




「ほう。

借金で首が回らない、と言うけれど、

物理的に回らなくなるのだな」、

と、妙な事に感心した。





悩みが一時停止して、

ゴッドハンドのB先生の施術を受け、

濃厚な源泉に浸かり、


関節の可動範囲が広がった。




正直、

入院しても、

これだけの効果は、無いだろう。






断捨離の断ができているものの、

見ていて脳が快楽を感じる物は、

薬である。



e0016517_17501762.jpg

柿をかたどった、

茶杯入れ。

何に使うのかと言うと、

茶器持参の、

台湾茶の会に。



友人たちと、

台湾茶の会をするときは、


各々、

茶器を持参してもらっている。




e0016517_17533845.jpg

欲しかった、

金魚の茶杯。

120元。

















[PR]
# by leea_blog | 2018-05-20 16:31 | Comments(0)

転地療養日記


転地療養10日目。



鬱病系で、

闘病している方々に、

参考の一つにしていただく為に、

転地療養の実態を、

少し書いてみよう。





鉛のように重かった体が、

少しずつ改善されている。



転地療養は、大抵、

10日を過ぎた頃から、

何らかの効果が実感出来てくる。


一回で何とかなるものでは無い。

気長に、繰り返します。



コツは、

結果を出そうと焦らないことだ。


私は、根強かった自殺願望も消え、

社会復帰を目指す段階まで回復している。



そうすると、

滞在費の負担が気になって、

帰りたくなる悪魔のささやきと戦っている。



過去の経験上、

二、三週間以上の転地療養が、

私には効果があった。


金の事なら、

働けば何とかなる。


そんな雑念は払わないと。



もう一つの、

家に帰りたい衝動は、

私の留守中に、

火事になったら、とか、

泥棒がはいったら、とかの、心配だ。



十年以上今のアパートに住んでいて、

火事も泥棒被害も無かった。

転地療養中に、

火事や泥棒被害が発生する可能性は、

ほとんど無いだろう。


と、理性ではわかっているのに、

すぐ帰って安全を確かめたくなり、

心配でたまらなくなるのだ。


強迫観念的なものだと思う。



パワハラで、

自分で想像したよりはるかに悪い事態が、

徐々に明らかになって行く体験をして、


脳が、理性とは関係なく、

自動的に、

最悪の事態を想定する習慣が付いてしまったのだ。


脳からストレスホルモンが大量に出ている事だろう。




転地療養に出て、

一定の期間を過ぎれば、

だんだん落ち着いてくる。



ところで!


ホテル近くの果物屋が、安くて美味しい。



e0016517_12330202.jpg

皮を剥いたメロンと、

ライチを買った。

ホテルには冷蔵庫が無い。

今日中に食べなくてはならない。


東京では、
新鮮なライチや、
完熟のメロンにありつけないので、

つい、

食べきれない量を買ったのだ。


「ひ〜、食べきれない!

どうしよう!」。


これは、

嬉しい悲鳴のほうだと思う。








[PR]
# by leea_blog | 2018-05-18 12:06 | Comments(0)

転地療養日記


転地療養も折り返し地点だ。

帰ったら待っている難題の山に、

対応出来る気が全くしない。




「普通の人は対応出来ないよ。。。

鉄のメンタルが無いと、。。。」、

と、途方に暮れている。



そんな私のベッドサイドに居るのが、

以下の人形である。

e0016517_17251263.jpg


布袋戯、ピリの登場人物、

素還真の、

ミニ人形だ。



台北のピリ直営店で、

英語の出来る店員さんが、

「うちに来るお客様は、

みんなこれを買います。

可愛いですからね」

と、

言うのであった。



ちなみに、

私がいつも行くのは、

板橋にある直営店だ。


板橋と言っても、

東京都の板橋の事ではない。



台北駅から地下鉄ですぐなので、

板橋の直営店が、

台北直営店なのだと思っていたら、


忠孝新生にも直営店があって、

どうやら、

「台北直営店」とは、

こちらのことのようだった。



私はショーケースに並んだミニ人形を眺めながら、



「買っても、家には飾る場所がないな。

この衣装は特に好きじゃないし」、



と、「買わないモード」に満たされていた。


断捨離の断ができている頭なのである。




店員さんは、

ショーケースを開けて、

私の手に持たせてくれた。



う、、、、。

確かに、

か、可愛い。

e0016517_17361554.jpg

この放射状のまつげを見てたまわれ。


買ってしまった。




と、いうことで、


側から見るより桁違いに味気ない、

転地療養を、

ベッドサイドで見守ってくれている。



[PR]
# by leea_blog | 2018-05-15 17:14 | Comments(2)

転地療養日記

転地療養中だ。

前半は、
友人同行。


転地療養では、

食べる事もミッションのひとつだ。




ちん記百果園という果物屋の、

マンゴーかき氷を食べた。

200元。


e0016517_22005286.jpg


画像では美味しさが伝わらなくて残念だ。



e0016517_22012731.jpg

底に金魚の付いた、茶海をゲット。

台湾茶を淹れる時、

急須からこの茶海にお茶を移してから、

茶杯に注ぐ。



運動量を急に増やし過ぎてしまった。

あちこち支障が出たが、

概ね、順調。


順調かどうかは、

本当はかなりあやしい。



気分転換も重要なミッションの為、

深く考えないようにしたい。





[PR]
# by leea_blog | 2018-05-14 21:59 | Comments(0)

業務連絡・少しの間、転地療養のおしらせ・転地療養の薦め


明日から、いつもの所に、

転地療養に出掛けます。


パソコンのメールと、

郵便物をみられません。



御用とお急ぎでない方は、

のんびりお待ち下され。



御用とお急ぎの方は、

スマホのメアドか、

このブログのコメント欄に書き込んで頂ければ、

連絡が取れます。



今回は、

ウチの人たちはお留守番です。




東京は、いっとき真夏日だったが、

明日は最低気温が11度だ。


5月としては十年振りの低気温だそうだ。


軽装で行くと空港までが寒い。。。


療養先は、暑い。。。


薬の副作用で、

汗が凄く出る。

着替えを沢山持って行かねばならない。



と、頭を悩ましているうちに、

出立前日となってしまった。




キーワード「自殺」で検索なさる、

差し迫った皆さんは、


転地の準備に頭を悩ませなくても大丈夫だ。



かく言うワタクシは、

着るものや持って行く物に頭を悩ませられる位、

回復しているという事なのだ。





たいていの国は、

クレジットカードが使える。

現地の空港でキャッシングすれば良い。



パスポートとクレジットカードが有れば、

何とかなる!




どこの国にも、

空港にはツーリストインフォメーションがある。

宿の予約なんかしていなくても、

大丈夫。


スマホが有るなら、

ネットで当日の空きがある宿、

いくらでも探せるしね。



成田エクスプレスに飛び込む前に、

成田エクスプレスに乗ってみよう。




注意事項としては、

治安だ。


日本ほど安全な国は、無い。



降り立った国に依っては、

速攻で殺されてしまうであろう。




治安の良い国から来た日本人は、

ガードがゆるくて、ケンカも弱そうで、

旅行者を狙う強盗な人たちからみれば、

カモがネギをしょっているように見えるのだ。




「自殺するのでも殺されるのでも、結果は同じだ」と、

覚悟ができている人以外は、

ガードをあげましょう。



でもね、

鬱状態で心身が弱っている人は、

ガードあげろと言っても、

それだとハードルが高く感じられるかも知れない。



空港のツーリストインフォメーションで宿をとってもらったら、

まともそうなタクシーで宿まで行って、


人心地が付くまでは、

ホテルのルームサービスで様子を見るのも有りです。



参考までに、

リゾート地などは、

健康な人も、

引き籠もるのが目的で来ていたりする。



部屋から出ても、

ホテル内のプール脇でゴロゴロするだけ、とかね。

マッサージも、

ホテル内のスパや、

出張マッサージを依頼したり。


観光もせず、ひたすらゴロゴロ。


精神的なストレスには、転地が効くと、

知られているのだ。





いつも悩んでいる人は、

見える景色を変える、

自分を違う場所に置いてみるだけでも、

悩みが中断される事が多い。



悩みが解決しなくてもいいのだ。

中断するだけでも、

脳は休憩出来るのだ。



脳が休憩すると、

動物に備わっている自己回復機能が働き始め、

ストレスで受けた脳の損傷を、

修復しようとしてくる。






















[PR]
# by leea_blog | 2018-05-08 18:37 | Comments(4)

台北のお土産・箸置きと交趾焼・「国家文創礼品館」



台湾リピーターのワタクシですが、

気がついてみれば、

自分用には、

「いかにもお土産!」的なものを、

買った事がありませんでした。



茶葉、茶器、石けん、扇子やポーチ等は色々と買いました。

が。

そういうものは、

「生活に取り入れる物」です。



よその国に出掛けて買ったような、

「すぐには使わないけど、

思い出の品として、

眺めていると幸せ」、

という感じの、

「急いで使わない感たっぷり」だけど、

「有ると嬉しい」シロモノを、

今まで買った事が無かったのです。



茶葉とか、茶器とか、

布袋戯とかにすぐにはまり、

そういったお店を色々巡っていたのでした。



前回、

台北駅近くの、

「国家文創礼品館」に出掛けて、

「いかにもお土産」的な物を買いました。




公営の、工芸品専門の、デパートのような感じです。


「台北に短い間行く、

時間があまり無いけど、

何か買いたい」ひとには、

おススメです。



滞在日数長めで時間がたっぷり有る人にも、

実はおすすめ。



一人歩きだとチェックから漏れてしまうお土産系のものも、

色々有って、

見物していると面白いです。




公営だけに、

お値段が適正価格です。




前回買ったのが、

幼児の箸置きと、

交趾焼のヤギの文鎮。


e0016517_22175968.jpg

対になった、男の子と女の子の幼児の箸置き。

日本円で7百円位。


「人形は顔が命」と、

よく言われます。


この箸置きの表情が、

よく出来ていて、

とても気に入りました。



柔和で優しく、

「はい、どうぞ。箸を置いてね」と、

背中を差し出す様は、

いかにも福を運んでくれそうな出来です。




以下は、

交趾焼の文鎮。
e0016517_22180475.jpg

山羊の親子ですね。

お値段は、日本円で二千円位。



交趾焼(こうちやき)という、

寺社等で使われる、

伝統技術の焼き物のようです。




色彩が鮮やかで美しく、

日本の焼き物のような侘び寂びと正反対。




山羊の体に花模様まで付いている、

装飾が過剰な、

色々なものをぎゅっと詰め込んで宇宙を表すような、

様式です。




こういう焼き物は、

普通のお土産屋では見たことが無く、

来た甲斐が有りました。





父山羊、母山羊、子山羊の、

姿勢や表情が、また、とてもいい感じ。


特に、子やぎの、

表情が印象的。





可愛くて、幸せそうで、

これも、福を運んでくれそうです。




「断捨離」生活をしているワタクシ。


土産物屋を冷やかしても、

断捨離の断ができている為、

「どうしても必要な物」しか買わない頭になっています。



断捨離の壁を突き破って、


「必要じゃないけど、

欲しい!!!」と思わせてくれ、



実際に家に置いても、

幸福感を与えてくれる、

「自分へのお土産」でした。



作った職人さんの腕が、そうさせるのだと感じます。





































[PR]
# by leea_blog | 2018-05-06 22:59 | Comments(0)