サンシャインシティ宇宙展2012



4月28日の土曜日は、サンシャインシティで行われている、「サンシャインシティ宇宙展2012」に出かけてきた。

JAXA協力による宇宙関連展示のほか、講演会や体験コーナーなど宇宙の魅力に触れる9日間。

初日は、「はやぶさ」プロジェクトマネージャーの川口淳一郎教授の特別講演が行われた。
ファンです、川口博士。


先着200名との事で、整理券配付に並んだ。

整理券は、瞬く間に配布が終了した。



講演会は、小さな子供連れも多く、日本の将来も明るいか?と期待されてくる。

川口博士登場。客席からは熱い拍手。

会場のみんなも、川口博士好きなんだなぁ。



ユーモアを多彩に交えた講演は、テレビやネットでは分からない興味深い内容で、
足を運んだ甲斐が有った。
一時間強では短い。あっというまに充実した時間が流れた。


何より、「生川口博士」を見られて、話を聞けたのだ。

もっと聞いていたかった。



現代詩の中でも幻想詩などを物しているわたくしとは、頭の構造が違う。

だって、宇宙開発ですよ?


かゆい所に手が届くような、新鮮な、それでいて、幻想文学ともしっかり底流がつながる講演。

ありがとう川口博士。

また都内で講演なさって下さい。
今回は無料でしたが、有料でも伺います。


講演が終わった後に、質疑応答の時間や、うまくいけばサイン会も有ったのかも知れない。


が、わたくしは講演が終了した途端に、熱心に余韻に浸って身じろぎもしない人たちを尻目に、ダッシュで会場をでなければならなかった。

走った。

なぜって?

それは、茅場町で、5月26日の【妖異の時代】で共演する海埜今日子さんが出演なさるイベントが行われるからだ。ああ。開演時間を過ぎてしまっている。


もう、ね、こちらも、川口博士のサインを断念してまで駆けつけた甲斐が有った、面白いイベントだったのですが、
それはまた後日。
[PR]
by leea_blog | 2012-04-29 22:39 | Comments(0)
<< 台北 朗読会のお知らせ >>