大河ドラマ、平清盛が駄目過ぎる件について。。。。



毎回がっかりさせられながらも、
この時代のファンとしては観ざるを得ない悲しさよ。

ところで、前回の山場(のはずだった)二条天皇の内裏脱出シーン。

何度も言いますが、
天皇を確保しておけば、
無理やりの監禁でも源氏が官軍。
平氏が奪い返そうとしても、平氏が賊軍。

一方、
天皇が清盛の元に逃げて来たら、
平氏は官軍、源氏は賊軍。

天皇は逃げたくても内裏は源氏勢に占領されており、
脱出が出来ない。

そこで、上臈に扮して牛車で検問突破、という手段に出ます。

見つかったら、これまで以上に警備が厳重になってしまう。
あるいは、間違ったら血気にはやった武士にうっかり殺されてしまうかも知れない。

そんな、緊迫感溢れるシーンのはず。

それがあっさりしすぎでした。

お話にならない。



二条天皇の脱出は、私が脚本・演出やるとしたら。
丹念に描きます。

天皇に脱出を告げる

天皇ガクブル

女装をさせる(かつらを付けるシーンや十二単に着替えるシーン、たっぷり)

女官達もガクブルしつつ天皇に女化粧する

付き添いの貴族達もガクブル。天皇牛車に乗り込む。

源氏、牛車を止めさせて誰何するシーンは緊張感たっぷりに

中でおびえる天皇描写

源氏が御簾をまくり上げてたいまつを突きつけ中を照らすシーンもたっぷり

六波羅の清盛の元で安堵の涙にくれる、まだ女装の天皇。

これくらい引っ張らなくちゃ。

私に脚本と演出させなさい。


昔は、欲しい物が手に入らなかったから自分で作った。
私の創作の原点である。

他人の作品では、満足できない。
では、自分で。。。。。

ああ、私に金と財力と暇があれば。

映像にも手を出すのに。
[PR]
by leea_blog | 2012-07-11 23:09 | Comments(0)
<< マンション購入に揺れる/金銭感... 平清盛と平治の乱 >>