君よ 観るや 五輪の華


あなたは観ているか?

ロンドンオリンピックが開催されている。


私ですか? 私は体育が、五段階評価で二だった位の運動音痴だ。
体育の時間や運動会は、本当に嫌いだった。

運動会の世界版に、関心がある訳ないではないか。



オリンピックがいつ行われるのかも知らない。

が。

友だちの家で、開会式のダイジェストを見た。
聖火、美しい形だ。


流れで女子バレーボールやバドミントンを観た。

いつも観たいとは思わないが、
さすが世界レベル、観ていて凄さがわかりやすい。



この早い球が見えているだけではない、おそらく脳が指示を出すより早く体が動いて、打ち返しているのだ。

秒の話ではなく、秒以下の世界で勝負しているのだ。
うわっ。


もう、私が見ている物と見えている物が違うのだろう。
空を飛ぶ鳥や、雲の流れや、雨や、
スローモーションに見えているのではないか?
「ふっ、見切ったぜ」と言いながら雨粒をよけるオリンピック選手の日常を想像してみた。



スポーツ観戦が大の苦手な私だが、
開会式を観た事で、しばらくは普段観ないテレビを観る事だろう。



ところで。
NHKのオリンピック報道だが、
頻繁に紹介される視聴者からの応援メッセージがいただけない。

どういう意味があるのか?
どれも同じで、
視聴者の大切な時間を使って聞かせる内容ではない。


演出が古過ぎる!



いやいや。マスコミ不信が高まる昨今、
「これは我々が情報操作しているのではないですよ、
視聴者の皆さんが望むからこんなに沢山放送しているのですよ」と
アピールしたいのか?


私が住んでいる東京都はオリンピック誘致に力を入れている。
煩雑なので、ゆりうたでそれの是非を論ずるつもりは無いが、
清々しいはずのスポーツの祭典が、大人になって巨額の金を動かすイベントにしか見えなくなったのも寂しい物だ。
[PR]
by leea_blog | 2012-07-30 21:43 | Comments(0)
<< 朗読と音楽再掲 なかなかいいです 宝くじの行列と、夢買い >>