鬼と悪/日本鬼子(ひのもとおにこ)




ネットで検索してる内、「日本鬼子」という言葉に遭遇した。

日本人の蔑称のようである。



一方で。

その蔑称を「萌え化」してしまおうという運動があるらしい。

日本鬼子(ひのもとおにこ)という女性キャラクターを萌え絵で表現するのだ。


試しに「日本鬼子」のキーワードで検索してみられよ。



その国の言葉に通じていない私からみると、
確かに「日本鬼子」は蔑称なのに、字面がいい感じである。



古語辞典を引いてもらえば分かると思うが、元々「鬼」や「悪」は
現代人が考えるようなマイナスイメージの物ばかりではなかった。

尋常ではない強さ、勇猛さなど、また、強い霊にも使われた。



私自身の作品では、「相聞歌-吉野の鬼-」という物がある。


「葛城(かつらぎ) 金剛(こんごう) 蔦たぐりかけ たぐり寄せ
貪婪(どんらん)の 七彩(しちさい)の 色踏みしだき
にわか造りの 御所の内
夜毎(よごと) 貪(むさぼ)る 夢寐(むび)のうち
五つ緒車を けものに引かせ
       夜毎訪う 影のもの    (引用)」



高貴で猛々しい、猛霊なのだ。端正でもある。



そのような訳で、日本鬼子を「ひのもとおにこ」として
プラスなイメージで毒抜き&萌え反撃する人たちの頭の中が解らないわけでもない。




萌え系は苦手だが、以下の動画・歌曲は気に入った。

夕暮れ時のような壮大な雲海に突き出た橋梁に、なぎなたを持つ女性が。
桜、紅葉、富士山、花火、と日本情緒満載である。

イントロも秀逸である。
   
  日本鬼子アニメオープニング風PV【HAKUMEI】
(セキュリティの為、クリックすればリンク先に跳べる仕様にはなっていません。
いつも恐縮ですが、コピーしてペーストして跳んで下され)


http://www.youtube.com/watch?v=Ilo49Xh1rmM


おぼえてカラオケで唄おう!

と思ったら、またしてもカラオケには無い歌曲なのだった。。。。。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-09 20:07 | Comments(0)
<< 消費税引き上げ法参院可決/やめ... 平清盛は開き直って観る事にした >>