「独演!俳句ライブ19」参加決定。


俳句志・もののふの会の、「独演!俳句ライブ19」に参加が決まりました。

以下、URLです。
 ↓
https://www.facebook.com/pages/俳ラ_HAILA/246572752031363

---------------------------------------------
2012.10.7(日)
開場 17:30 開演 18:00~終了 21:00頃
2000円 (1drink付)
出演:
0:口上-神山てんがい
1.宮崎二健、2.葛原りょう、
3.西野りーあ、
 <飛び入りタイム> 
4.神山てんがい、5.ギネマ
於、JazzBarサムライ
新宿3丁目(東南口) 03-3341-0383
----------------------------------------------


これまで、観には行ったけれど、参加は今回が初めてです。

大変個性的なイベントで、実は、俳句に関心が無い方も、言霊空間として楽しめるのです。
ゆりのうたたねでも、何度かレポートをしておりますので、過去分をご検索下さると嬉しいです。



私は今回は、「独演」の会なので、俳句・川柳を織り交ぜた「一人語り」の予定です。

短いストーリーに俳句・川柳が混じるような。。。。。


シナリオを構築したのですが、うわっ、暗い!  救いが無い!


どうしようかなぁ、これ。。。。。

このまま完成に突っ走るか、まだ時間があるので、救いのある物に改作するか。

思案中です。
[PR]
by leea_blog | 2012-09-05 21:56 | Comments(2)
Commented by Jiken at 2012-09-07 02:20 x
りーあさん、19回目の俳ラはりーあさんの参加が、一番の独自性です。
他の4名は常連ですので、前回と同じパターンが予想されます。
りーあさんの存在が、俳ラ19の特徴を決定付けます。
ドストエスキーの「白痴」は入り口がなくて出口がない三角関係の物語と亀山先生が申しておりました。
救いのあるなしは観客の心にゆだねましょう。
そういう私はまだ構想がありませんが(^^ゞ
Commented by leea_blog at 2012-09-07 19:56
常連様も、新たな手法で観客に迫るかも知れませんぞ? 才覚のある出演者様ばかりなので。

わたくしは、自分史上は新たな試みをするので、心地よい緊張しきり。俳ラ19の特徴を決定付けると言われますと、いやがおうにも気合いが入ります。

今回の救いの無い一人語りも、振り返ると私の作品の主要テーマの一つでした。

俳ラの常連様は伺ってみると、ごく短期間で作品&ストーリーを組み立てておいでですね。

私は推敲魔で。。。。。。
<< アベンジャーズの事 秘密結社鷹の爪/自分の脳に無い部分 >>