30日無断欠勤、西日本放浪した学級担任、免職/自殺したい人へ

「30日無断欠勤、西日本放浪した学級担任、免職」という記事を見た。

以下、コピペ。


「山梨県教委は28日、同県甲州市立小学校の40歳代の男性教諭が2月末から30日間を無断欠勤したとして、規定に基づき懲戒免職にしたと発表した。

教諭は学級担任を受け持っていたが、突然消息を絶ち、4月まで計42日間行方が分からなかった。教諭は「個人的な悩みがあり、整理がつかないまま家を出た」と説明しており、失踪中は西日本で放浪していたという。無断欠勤による教員の懲戒免職は県内では初めて。

 県教委義務教育課によると、教諭は2月26日までは特に変わった様子もなく勤務していたが、同27日、無断で学校を休み、そのまま行方不明になった。同28日には教諭の家族らが県警に捜索願を提出。その後、4月7日に教諭から自宅に電話があり、同10日に帰宅した。


 教諭は失踪の理由を「学校や家庭ではない」とし、失踪中は中国地方などの西日本でホテルに泊まったり鉄道の駅などで野宿したりしていたという。教諭は「迷惑をかけた子どもや保護者に謝りたい」と反省しているという。

 教諭の失踪中は教頭が代理を務め、児童が動揺しないようにスクールカウンセラーも派遣したといい、同課では「大きな混乱や動揺はなかった」としている。 県教委の懲戒処分に関する規定では、21日以上の無断欠勤は停職や免職にすると定められているが、県教委では「正当な理由もなく、無断で長期的に欠勤した」として免職としたという。

(YOMIURI ONNLINE 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/national/20140528-OYT1T50150.html






過去日記で、経験者は語るの見地から、

自殺願望への特効薬として、

眠って脳の損傷を回復する事と、
クレジットカード一枚持って、
電車に飛び込まずに電車に乗ってみよう、と提案してみた。

以下をご参照下さい。


「私の自殺願望消滅はどうして起こったか? 自殺したい人へ」
http://leea.exblog.jp/22036184

(拙サイトは、セキュリティーのため直接リンクが貼れません。urlをコピーして貼付けて飛んで下されたし)


悩みが続くのは、殴られ続けているようなものだ。

場所を変えて、殴打され続ける状況から一時退避することが重要だ。

上の記事の教諭は、退避したのだろう。


もちろん、職場にも家族にも告げずに行方をくらませた事は非難されるだろうが、

よくよく余裕が無かったのだと思われる。



仕事を失って、これからが大変だろうと思うが、
取り敢えず死ぬより良かったではないか。


とまあ書くと、死にたい人の気持ちがわからない、
きれいごとを書いているように思われるかも知れない。


死のうとした人が、後年、「あの時死なないで良かった」と言う話はよく聞く。

私は、自殺願望は消えたが、生きていて良かったと思えるほどは回復はしていない。



あとで死なないで良かったと思うかどうかは、人それぞれだ。


でも、自殺したい人に、これだけは言える。


今、「死の方が楽だ」と思うほど追いつめられていても、
状況が改善する可能性が無くても、

同じ状況でも、脳の分泌物質が変化して、
「ストレスと感じる」度合いが減るのだ。


「今のままでは生き地獄だ」、と思っていても、
地獄が煉獄くらいに軽減される。


ストレスを深刻なストレスと感じて分泌されていた脳の物質が、
変化するのだ。

同じ強度で殴られていても、
防御出来るようになる、と言った感じか。


まぁ、迷いがあるうちは、死ぬ時期では無いのかも知れないよ。



クレジットカードを一枚持って、
電車に飛び込まずに、乗って、終点まで行って、
野宿して、また乗って、遠い所まで行ってみようではないか。













[PR]
by leea_blog | 2014-05-29 15:58 | Comments(2)
Commented by かゆみ at 2014-05-29 17:36 x
今時の日本で自分の思想の為に自殺する人はいるのか?と検索をかけてもいなそうだったので、焼身自殺 心理 で検索してここにたどり着きました。
私はまだクレジットカードを持っていないのですが、ありったけのお金を持って放浪するのもアリだなと思えてきました。
ブクマしました、これからも見に来ます。
Commented by leea_blog at 2014-05-30 07:04
かゆみ様
コメントありがとうございます。
私の場合、思想というほどではありません。被害を受けてしまったので、堪え難く、死を思いました。
自分が抗議の死を遂げる事で、世の中が変わるきっかけの一つになればと思いました。
セクハラ、パワハラがまがりなりにも「やっては行けない事」となったのも、先人たちが声を上げ続けてくれたおかげですから。
選挙権にしても、何にしても、先人たちの努力のおかげで今があると思います。
ありったけのお金を持って放浪するのは大いにアリですよ。日常では気づけない、小さな発見の連続です。大きな気づきもあります。不思議な事に、鬱のときですら。
またご訪問下さいませ。
<< 台北変身写真館体験記/Magi... 引きこもり・旅に出る 荒療治は... >>