編集雑記


揺蘭13の目次を先ほどアップしました。

13号も、
目次を読むだけで面白そうです。

執筆者の日嘉まり子さんにメールを送ったが返信が無い、という
トラブルがあり、
電話した所、
日嘉さんからのメールは私に届くが、

日嘉さんへの私のメールが届かない状態であったと判明。

もっと早く電話すれば、
すぐ解決だったのに、と、
反省した。

返信が無い執筆者が、もう一人。

多谷昇太さんである。

比較的最近パソコンを始められたと聞いているので、
単に読めていないか、気がついてないのかもしれない、

では、電話してみよう、

が! 電話番号が分からない!

ふんぎゃ〜!

それならアナログで、と、
「連絡請う」の絵葉書を出した。

が!

投函後、
しかも夜になってから、

宛名に「能勢様方」と入れたか、心配になり、

メールか電話を下さいと書いたのに、
自分の電話番号を書いたかも、
記憶が曖昧だ!!!!

童謡に、

白ヤギさんと黒ヤギさんの、
お手紙のやり取りの歌がある。

ヤギさんなので、
届いた手紙を読まずに食べちゃうのである。

そして、
「さっきのお手紙ご用事なあに?」と
返信するのである。

電話下さいとはがきを出したのに
電話番号が記載されていなかったら、

まるで童謡の世界である!

私の事務能力等は、
しょせんこの程度である。

厄落としに、
埃よけの長襦袢を着せた宮無后の
後ろ姿の画像を貼っておこう。

男の子なのに、
姫にしか見えない。

揺蘭編集の邪魔にならないように、
きらびやかさを自粛してもらっているのだが、

紅い長襦袢では、
自粛の程度も「ほんの少し」である。



e0016517_20590943.jpg


[PR]
by leea_blog | 2016-08-20 21:30 | Comments(0)
<< 7月は物語を書く人ではなく、物... まれびと冊子【揺蘭】13 目次 >>