自衛隊観閲式2016 予行に出かけた事



昨日の続き。

弟が予備自衛官をしている、という縁で、
今日は、自衛隊観閲式の、予行に出かけました。

観閲式は、来週23日日曜日です。

23日は、私は板橋区の文化祭の、
詩のつどいで朗読をする関係で、行けないのですね。

と、いうことで、
予行に。

弟から、
開門は朝7時からで、
遅いとチケットが有っても席が無くなるかもしれない、と、
脅され、

10時半開演なのに、
7時到着???マジで???
無理〜、と、

半泣きになりましたが、

朝起きると、
ご飯も食べず、
お茶も飲まずに、
出かけ、
七時半頃和光市駅に着きました。

シャトルバスが、
和光市、朝霞、大泉学園から出ているのです。

改札を出た所には、
自衛隊の案内の人が立っており、

迷う事無くシャトルバスに乗れました。

明るく感じよく「おはようございます!」と
挨拶してくれる声に、
まだゾンビ状態の私も、

「弟も、三時起きと言っていたなあ。
この人達も早くから起きているのだろうに、
大変だなあ」と、
気持ちが引き締まりました。

早い時間なのに、
既に多くの人が!

持っているチケットの色で、
大まかな席は決まりますが、
良い席順からお客さんを誘導しているようなので、

良い席で観たい人は、
やはり早朝から出かけるのがお勧めです。

バスを降りてからだいぶ歩き、
セキュリティチェックもありますので、

余裕を持って出かけるのが吉です。

余裕って、どれくらい?

うーん、九時半には、ほとんど席が埋まっていましたね〜

トイレ、喫煙所があり、

食べ物は簡単な物を、
ファミリーマートが出店しています。

始まるのは10時半ですが、

自衛官の入場行進は9時45分から始まります。

自衛隊グッズが出店しており、
いろいろなお土産が買えます。

装備の展示施設もかなり充実しているので、
早く着いても、
困る事は無いでしょう。

私は、
喫煙者の為、

敷地内禁煙だったらどうしよう、と、
心配しましたが、
無事、喫煙所が有り、

自衛官の方々も喫煙していました。
 ↑
自衛官は体力を重視し、
いかにも禁煙していそうな世界かと思ったら、

全面禁煙にしていないところが、
大変人間的である、と、妙な所で好感度が上がりました。

私は普段、水分を沢山補給し、
毒素を排出するためか、
トイレが近い体質なので、

少なくとも入場パレードが始まる9時45分から12時頃まで、
トイレに行かないで済むように、
今日は、水分をほとんど補給しませんでした。

ファミリーマートの出店で、
お茶と林檎ジュースを買い、

お茶の方は飲み、
林檎ジュースは、
めまいがして来た時のために取っておきました。

ちなみに〜。
飲み物と食べ物は、
先に買っておいた方が良いです。

売り切れます。

自衛隊グッズは、
自衛隊に強い関心があると言う訳でもない私も、
欲しくなる物が、目白押しです。

零戦のマグネットと、

零戦敬礼キューピーを買いました。

e0016517_16503910.jpg
e0016517_16511157.jpg

キューピーが敬礼している!

しかも、何、これ、キューピーなのに、
凛々しいメイク!

右腕には、日の丸が付いています。

盛り過ぎのまつげといい、
凛々しい眉といい、

ウチに居る宮無后人形と、そっくりではないか!
       ↓
参考画像・宮無后、紅い長襦袢バージョン

e0016517_16535199.jpg
戦闘とキューピーの取り合わせは、
微笑んでいいのか、こんなかわいい子も死んでしまうのかと泣いていいのか、
分からない、「大変どうしていいか分からない」絶妙な取り合わせです。


以前、ネットで、
第二次大戦中の回天と桜花のキューピーのコラボの画像を見て、
そのどうしていいか分からない絶妙さに、
欲しくなった事が有りました。

不謹慎だ、と、販売中止になったと聞いていますが、
いまもそうなのだろうか?

不謹慎だ、と言う人の気持ちは、よくわかります。
しかし、ブラックジョークは、多くは、
不謹慎なものですし、
不謹慎を表に出す事で、

逆に、多くの人に考えるきっかけを与えてくれるのではないでしょうか。

「自分で考えるきっかけ」、これ、重要です。

私は軟弱な詩人ですが、
文学の大きな目的の一つに、
「自分で考えるきっかけ」があるのです!



待っている間、日差しが厳しいので、
席にはセカンドポーチを置き、
席を立って、日陰に居ました。

予行なのに、
これほどの人が席を埋め尽くすなんて。

当日は、もっと凄いのでしょう。

e0016517_17032835.jpg
音楽に合わせ、このように行進します。
e0016517_17045598.jpg
女性自衛官の皆さん。↑

スカートが膝丈なんですね。

弟の乗るジープも、無事確認。

(写真を撮ったつもりが、撮れておらず。残念)

動いている戦車を生で観たのも初めてでした。

上空から落下傘で道の中央に降りてくるのも、
凄い!

うわー、こんなピンポイントで、
目的地に降りられるんだ。。。


無事に観終わって、

15時まで開場しているとの事で、

装備の展示を観に行きました。

戦車等はもちろん、
医療施設や、
屋外風呂の設備も、
テントの内部で観られます。

医療の設備は、
生々しく、
役立つ事態が起こらないに限る、と、
痛切に思います。

e0016517_17140578.jpg
塹壕が掘ってあり、
装備が半地下に展示されているスペースも有ります。

私は軟弱なので、
「君死にたまふ事なかれ」としか言えません。

観閲式の後に、
装備の展示をゆっくり観た方がいい点としては、
戦車の展示が、
実際に動かして見せてくれる時間が設けられている点です。

装備もゆっくり観たい、という皆さんには、
強い日差しの中での長丁場となりますので、
糖分補給にオヤツを持って行く事をお勧めします。

水分は、
ペットボトル等が持ち込めないと聞いていたので、

外出時にいつも携帯している水筒は持って行かず、
現地調達でしたが、
何分、ファミマの飲み物が売れてしまっていたので、

「み、みず〜」とゾンビ状態になりました。

そういうわけで、

普段接するきっかけの無い、
自衛隊観閲式予行に行って来ました。

これから本番に行く皆様の、
何かの参考になれば、としたためます。


普段から厳しい訓練を積んで、

もしもの時に備えてくれるこうした方々のおかげで、

今居る事が出来るのだ、とあらためて思いました。














  













[PR]
by leea_blog | 2016-10-16 18:00 | Comments(2)
Commented by 八点鐘 at 2016-11-11 16:59 x
こんにちは

米国の大統領選、いくら影響力のある関連国とはいえ、騒ぎ過ぎな気もしますが、いよいよ独自の防衛力に比重が掛かる弾みがついたかも知れません。(私は、今の段階では、現憲法の見直しは反対です。爾来ここにいたる日本の有力政党の意識は、真実に国を守る使命感などは刺身のツマ程度、ただひたすら「御上」として国民に崇められたいだけ、支配者として我が物顔に君臨したいだけ、“御国の為”という金科玉条の威を借りて、自己の国家権力、特権意識を復活させたい、その一点に尽きる印象を抱く為です)

戦争などというものは、自然淘汰の一つであり、人智人力の限りでは一切防ぐべくもない、起きる時には起き、そして勝利も敗北も、全て時世の流れにまかせるのみ、言葉=話し合いでの解決をナンセンスとするなら、結局軍事力で解決するも同じ事の筈だという意識があります。

けれども、防人の、一糸乱れぬ足並み歩みは勇ましく、悲壮とは別に、稀なる『美の極致』を感じずにはいられません。

何かを「守る」事を、理屈でなく本当に知り切るのは、彼らを於いて外にはない、そんな羨望さえ起こります。


ともあれ、本当に国を守る事の
Commented by leea_blog at 2016-11-11 21:34
八点鐘さん
こんにちは。
米国の大統領選、報道する側に取って、「こんなん、あり???」な発言多数で、報道しやすかったと思いますね。人間のどす黒い欲の部分も濃厚に出てましたし。

私個人の感想としては、芸能人の結婚や離婚ネタがネットのニュース欄にガンガンあがるより、いいのではないかと^^

弟が予備自衛官になったのは、東日本大震災で人生観が変わったためのようです。

バリバリに文系の私などは、日頃の仕事以外に、予備自衛官としての訓練なぞ、絶対無理なだけに、家族の反対を押し切って予備自衛官になった弟を、「立派な奴だ」と思っています。

>何かを「守る」事を、理屈でなく本当に知り切るのは、彼ら>を於いて外にはない、そんな羨望さえ起こります。

強く同意です。




<< 板橋区文化芸術月間・区民文化祭... 閑話休題・板橋区民祭と、朝霞の... >>