心の病に転地療養の勧め


主に、仕事や学業に復帰前提で闘病している方々の、

何がしかの参考になれば、

と、

闘病日記を綴る。

心の病は、

入院しても特効薬がある訳でも無く、

入院する場合は、

かなり重度であろう。

仕事、あるいは学業に耐えられない程病んでも、

そのような訳で、

自宅療養の方が多いのが現状だ。

これが、

先が見えなくて、なかなか、

しんどいのだよなぁ。

はたから見ても、

本人も、

脳のダメージ具合や、

回復具合が見えないし。


自殺を何度も考える程ハードに病んでいた、

私の経験から言うと、

転地療養は、

適切な場所を選べば、

改善に、大きな効果がある。

特に、

追い詰められたような状況に効果が現れる。

追い詰められたような精神状態で、

同じ場所に居ても、

時間が経つ毎に、悪くなる事も多い。

場所を変えると、

視覚、聴覚から普段と違うものに接する事になり、

悩み続ける状態が一時止まる事もある。

悩みが解決する訳では無いが、

一時停止させるのは、

実は重要な事だ。


悩み続ける状態が止まる内に、

本来人間に備わっている、

損傷回復システムが働くのだ。


適した転地療養先は、

人それぞれだ。

私の場合は、

近場だと、

帰りたくなって落ち着けなかった。


転地療養先の候補におすすめなのは、

温泉が近くにある場所だ。

私の経験では、

源泉かけながしの温泉に、

10日も浸かれば、

食欲がまるで無かった時でも、

猛烈にお腹が空いてきた。


温泉は、色々種類があり、効能も違う。

心の病といっても、

ようするに、脳が悩んでいるのであり、

脳は身体の一部だから、

人体の損傷回復能力を活性化させる効果があればいいのだ。

普段の静養の効果が思うように出なくて困っている場合は、

湯治について、

調べてみる事をおすすめしたい。








[PR]
by leea_blog | 2017-06-27 19:40 | Comments(0)
<< 業務連絡・転地療養より帰宅 転地療養 明日帰ります >>