転地療養日記 明日帰ります


明日は帰国だ。

今回、効果が出るのがかなり遅かったものの、
ようやく人ごこちがついた。

庶務課や局と闘える気はまだしないが、
セルフケアをまた始めてみようかな、という気になっている。

大きな成果だ。


e0016517_16095300.jpg
台生飲食亭に通っている。

↑昨日の夕ご飯。
サービスしてくれたのか、
いつもより肉が大盛り。

これでもか!というくらい肉の塊と、おかずが乗っている。

パクチーが入ったサバヒーのスープを付ける。

食欲が回復していない私、
この量は、多過ぎて、
息も絶えだえになった。
美味しい豚腿で息も絶えだえになるとは、
近年稀に見る贅沢な話だ。

ゴッドハンドのB先生に三回施術してもらった。

「今までのは何だったのだろう」と、
思うくらい姿勢が直り、
痛みも引いた。

ありがとう、B先生!

ところで、B先生の施術は、
気持ち良い系では無い。

足の角質取りに他所に行った時、
足マッサージを受けていた客が何人か、
あまりに気持ち良いので、全身マッサージも追加でお願いしていた。

良いなあ、
そういう、気持ち良すぎでどんどん延長お願いしちゃうマッサージ。

私も、つい頼みたくなったが、
やめた。

これまでの経験上、
体が直る系のマッサージが出来る先生と出会う確率が、ひたすら低いからだ。

私は寝込んでいる関係上、
闘病を助けてくれる施術が必要なのだ。

しかし、病でなくとも、
美容を求める紳士淑女は、
本当に効くマッサージに出会って欲しい。

拙ブログ記事、
よそとは違う台北マッサージ事情を、
ブログ内検索されたし。

セクハラの方じゃなくて。

フェイスラインもスッキリするし、
クマも消えるし、
ウエストはくびれるし、
ヒップアップするし。

結局、美は、正しい姿勢と新陳代謝が基礎になっているのだなあ。

肩や腰がガチガチに凝っていたりすれば、
顔にどんなに高い化粧品を使ったって、
血液やリンパが上手く流れていなければ、どうにもならないのだ。


湯当たりで温泉に行けなくなったので、かわりに、新婚写真の練習に出かけた。

無后の初めての外拍だ。

e0016517_16403313.jpg

外を見ている宮無后↑

惚れ直しました。

場所は逸聲園という、茶藝館だ。

二時間ほど滞在した。
が、
納得行く写真はそれ程は撮れなかった。

撮影には時間がかかるとわかった。
体力も必要だ。

後日、画像をアップ予定。

ちなみに、個室の為、練習に最適

廊下でも撮りたくなり、

人がいないのを見計らって、

二、三枚撮った。

廊下に立っている後ろ姿を撮っていた所、

急に店員さんとお客さんが登場、



謝って、急いで個室に退却した。

お店とかだと、人の迷惑になるから、

困難です。







逸聲園は、
オープンの11時に出かけたが、
オープンを待っていたお客さんが続々と来る。
平日昼間なのに。

昨今、珈琲店がだいぶ増えているが、
茶藝館がちゃんとはやっていて良い事だ。

e0016517_16555526.jpg
部屋に帰ってきた。

こちらを見ている。↑

付き添いお疲れ様、無后。



家に帰るまでが転地療養。

無事に帰れるように、気を引き締めましょう。












[PR]
by leea_blog | 2017-09-26 16:08 | Comments(0)
<< 転地療養から無事帰宅 馬鹿日記 謎の客はオタクか業者? >>