睡眠時無呼吸症候群の治療・マウスピースを作りに行ってきた


さて。
世間では、
降誕祭を、チキンやケーキで祝っている。


そんな中を、慈恵医大まで、
マウスピースを作りに行ってきた。


睡眠時無呼吸症候群の原因の一つは、

肥満や顎の小ささ等であるらしい。

マウスピースで、
睡眠中に下あごを少し前に出すようにして、
舌が喉に落ち込むのを防止するらしい。

ずっと鼻だけで呼吸する為、
苦しくて途中でやめてしまう人も居るとの事。


私は検査入院の結果、
一晩に平均して、
一時間に17回呼吸が止まっている、との結果が出た。


うむむ、後でじっくり考えてみると、
眠りながら3分に一回呼吸が止まる頻度だ。
これでも中等症だとの事なので、
重症の人は、どれだけ危険な事になっているのかと思う。

真剣に向き合わなくてはならない。


マウスピースが苦しいと言って、
途中でやめるわけにはいかない。

と、決意はしても、
私は元々、不眠が酷い。
マウスピースで歯を固定するという、
違和感のありすぎる状態で、
眠れるのだろうか。。。

しかも、毎日。。。。

そんな不安もあるのだが、
やってみない事には仕方が無い。



今日、マウスピースを受け取れるのかと思っていたが、

今日は歯形を取るだけで、

なんと、歯科に三回行かなくてはならないと判明した。


もっとも早い次回予約が、
1月27日!


一ヶ月後である。。。。

とほほ。



マウスピースに慣れたら、
うまく機能しているかどうかを測定する為、
また検査入院がある。


「睡眠時無呼吸症候群かも?」と初めて睡眠外来にかかったのが、

確か八月だった。

今、12月25日だ。



睡眠時無呼吸症候群の説明を受け、
日帰り検査をし、
一泊の検査入院をし、
検査結果を聞き、
マウスピースを作る為に歯科に行き、
歯科を三回受けて、
その後また検査入院。。。


本当に時間が掛かる。
とほほである。


そのような訳で、
「もしかしたら自分も、
睡眠時無呼吸症候群かもしれない?」と
思った人は、
早めに行動する事をお勧めする。


睡眠外来を設けている病院や、

睡眠を診てくれるクリニックは、

日本ではまだ数が少なく、

予約で一杯なのだ。









[PR]
by leea_blog | 2017-12-25 18:59 | Comments(0)
<< 低温火傷と、誤診について 聖夜。 >>