北投温泉 瀧乃湯情報


低温やけどが、
無事治った!

よしっ、湯治開始。

と、土曜日に
北投温泉の瀧乃湯に出掛けた。

淡水線の北投から、
新北投に向かう電車は、
かなりの混雑で、
嫌な予感が。

瀧乃湯に着いてみれば、
嫌な予感の通り、
入り口に行列が出来ている。

人がいっぱいで、
入れないのだ。

待つ場合は、
受付で名前を告げる。

私が行った時点では、
女湯には既に
八人待っていた。

瀧乃湯には、時間制限は無い。
入っている人が、いつ出るかわからない。

広い湯殿なら、
人の出入りも多いが、
瀧乃湯は狭い立ち寄り湯なので、
入っている人が少なく、
皆、すぐには出ないから、
人の回転が悪い。

八人も待っているなら、
いつ私の順番が来るか
さっぱりわからない。

土曜日は諦めた。

ちなみに、
普段の営業時間は夜9時までだが、
入り口に出ている看板を見ると、
その日の営業時間は23時までになっていた。


瀧乃湯も、
公営の露天風呂も、

北投温泉のお値段が安い立ち寄り湯は、
平日でさえ、
とても混む。

土日祝日は、
避けた方が無難だ。

瀧乃湯は、食事の時間帯になると、
入っていた人がどんどん出ていく。

狙い目であろう。

月曜に、再訪した。
ホテルで朝食を済ませ、
早速向かう。

9時半頃に到着。

はじめは人がまばらだったが、
みるみるうちに混み始め、
座る椅子が無い状態になった。

入場料は、
以前は百元だったが、
改装後、150元に値上げされた。

それでも、
地元の人で賑わっている。

温泉の質が良いからなあ。

かなり効きます!


お値段が安いところは、
混みますが、
公園の両脇には、
温泉宿が軒を連ね、
立ち寄り湯もやっている。

予算に余裕のある人は、
ホテルの立ち寄り湯にトライするのも手だ。

私は湯治目的で、
何度も来るから、
高いところは無理です^_^




[PR]
by leea_blog | 2018-01-15 19:51 | Comments(0)
<< 転地療養日記 馬鹿日記 転地療養篇 >>