転地療養終了・無事帰国


昨夜、無事成田空港に着いた。

転地療養先で体調を崩してしまった私にとって、
成田空港から自宅までの長い道のりが、
大きな山場だった。

リムジンバスで池袋まで出よう、と思っていた所、
一昨日の大雪で、
リムジンバスが運航中止だった!


では、飛び込み自殺者が多い事で有名な、
成田エクスプレスで池袋まで、
と思ったら、
JRのチケット売り場は、
びっくりするほどの長蛇の列!!!

うわ〜、
なにこれ、
それじゃ、
もうどうしようもないから、
京成スカイライナーで日暮里まで出るしかない、
と観念しようとしたら、
スカイライナーは40分以上の遅れが発生している!!!

力尽きて、
アクセス特急の乗り場のベンチに座り込んだ。

帰りだからまだ良いものの、
交通機関のこの混乱振り、
行きだったら、
飛行機の出発に間に合わないではないか?

いや、大雪の影響で、
飛ばない飛行機も出ているし、
大変である。



ひたすら休憩しながら、
どうにか自宅に帰り着いた。

凄い積雪である。
20センチくらい雪が積もっていた。


転地療養先との気温差は、
20度以上。




ところで、
転地療養先は、
療養するにふさわしい場所だけあって、
無理しなくても過ごせる。
体調を崩したのは、
今回が初めてだ。


ゴッドハンドのB先生に、
「食欲が無くても、沢山食べて沢山寝て下さい。
すぐ治ります」
と助言をもらったのが効いた。

「すぐ治る???
本当に?
じゃ、試してみよう」、と、

豚腿弁当をテイクアウトして、

「うー、駄目、食べられない、吐きそう」、と、
思いつつも、
少し食べては寝て、
また起きたらまた少し食べて、と、
半日以上掛けて食べた。

一方、
熱が引かなかった場合の対処法として、
飛行機のキャンセル&チケット買い直しや、
なんとか成田に着いた場合の、
成田周辺の安くて快適そうな宿も検索した。


食べた成果が現れて、
夜九時頃には、
悪寒が引いていた。

B先生の的確なアドバイスにびっくりである。



ちなみに、
もっと日程に余裕があったら、
こういう時の特効薬、
タクシーでスッポン薬膳の店に乗り付けて、
漢方薬で煮込んだスッポンスープ、300元を買いに行った事であろう。

食べて回復するなら、
うな重も250元だし、

体力が付きそうな食べ物が、
目白押しである。



後半は熱が出て悲惨だったとはいえ、
今回、前半がいつもより調子が良かった。


整形外科に行かなくちゃ駄目かな、と思っていた膝の痛みも、
B先生のおかげで治ったしね。

メンテに三ヶ月掛かると思っていた宮無后と一緒に帰宅出来たし、

冷え性低血圧の私にとって、
この時期、東京を離れて暖かい所に避難出来たのは、
とても大きかった。







[PR]
by leea_blog | 2018-01-24 15:34 | Comments(4)
Commented by sherry at 2018-01-24 20:49 x
りーあさんも無后君もお帰り
風邪大丈夫ですか?
20℃の温度差…
これはこれは風邪より耐え難いかも…
二度風邪引かないように医生さんに見てもらてね!
Commented by leea_blog at 2018-01-24 21:54
sherryさん晩安〜
sherryさんのおかげで、
無事、無后と帰宅出来ました^^

東京は零度以下です〜;;
寒いよ〜

昨夜は、アパートの階段の所に雪が積もっていて、
スーツケースを二階に引っ張り上げるのが大変だった;;

台北では、寒い日でも19度とかだったので、
台北で養生出来て良かった。

あと一ヶ月くらい我慢すれば、
春になるぞ〜^^


Commented by さらさ at 2018-01-25 01:11 x
りーあさん、無事のご帰宅、おめでとうございます。
素還真が冷静を装いながらも、二人揃っての帰国を喜んだ姿が目に浮かびます。

成田は遠いから体調が悪いと辛いですよね。
成田から戻るだけで、多大な体力と気力を使ったことと思います。
関東方面の交通機関の乱れはニュースで見ていましたが。
リムジンバスの運休は事故防止のため運休、列車のダイヤは乱れる、となるとどうしようも無いですね。
雪は降るし、火山は爆発するし。
自然の力の前には人は非力と痛感する今週の日本です。

台湾は安いルーロー飯も美味いし、やや高級な漢方鍋も日本より手軽に食べられるし。
生きていくのに必要なものが当たり前に揃っていて、すごいと思います。
日本のコンビニもすごいけど、満腹感が違う。
この雪で流通が滞って、暫くは野菜も高騰しそうですが、お互いなんとかやり過ごして春を迎えましょう。

それよりも、台湾のスッポンスープに心惹かれています。
何となく地元民しか知らないお店っぽい食材と雰囲気(笑)
香港の亀ゼリーの親戚みたいな感じでしょうか?
香港の亀ゼリーは、ほんの僅かな亀成分の入ったゼリーですが、食べた翌日はお肌の調子が良くなる優れものです。

まだまだ寒さは続きますので、ご自愛ください m(_ _)m
Commented by leea_blog at 2018-01-25 20:40
さらささん、ただいま〜^^

留守にしていた間、
火事にもあわず、
泥棒も入らず、
素還真が留守を守っていてくれたおかげです。

三人で無事の再会を祝いました。

大雪だし、
火山は爆発するし、
本当に、自然の力の前では、
ひとたまりもありませんね。

東京に帰ってきてみると、
栄養バランスの良い外食を探すのが一苦労、と、
あらためて思います。
台湾だと、
バランス良い食事が、
ごく普通に溢れていましたから^^;
台湾の食堂で地元の人と相席になると、
台湾の人は、
肉、野菜、スープ、と、
バランスよくもりもり食べますしね〜

台北のスッポン薬膳スープの画像は、
過去日記に載せてあります。
生き血付き。
URLをコピペして飛んでみて下され

http://leea.exblog.jp/17952957/

台北の、龍山寺付近の夜市に店を出しています。
手の平が原型を留めたまま入っていたりして、
日本人にはハードル高めな感じですが、
体がぽかぽかしてきますよ〜

日本でスッポンを食べると、
すごーくお値段が張りますし、
日本だと、
スッポン料理は大抵二人からなので、
一人で食べられるここのスープ、
300元は物凄くお得だと思います〜

香港の亀ゼリーの、
そうですね、親戚筋かもしれませんね。
以前、トランジットで香港の空港に降りたとき、
すっごく疲れていたんですよ。
ふらふらになりながら空港で、
亀ゼリーを食べたら、
元気が回復した記憶が^^

中華圏は医食同源で凄いですよね!
<< 陋屋日記・ようやく落ち着いた 転地療養日記 帰国日 >>