あざらし女房伝説

花粉症に苦しみつつ、図書館で雑誌をめくっていた。
「トドのカレー」の寸評が目に入った。驚愕した。
「熊のカレー」や「えぞ鹿のカレー」もあるのだが、それらは珍しいけど、ありそうだ。しかし、トドは。。。。。

極秘事項ながら、わたしはあざらしが好きである。あざらしととどとおっとせいは似ているが、ちがう。ちなみに北海道では、あざらしもとどもまとめて「とど」と呼んでいる、と聞いたことがある。

カレー缶の宣伝文を引いてみよう。以下。


----------

北海道に流氷とともにやってくるトドを
カレーにしました。
北海道ならではのカレーをお楽しみ下さい。

---------

何というか、江戸川乱歩を思い出す味わいの文章である。
トドの肉、というより、この文章に強烈な衝撃を受けた。


たまたま、昨年の暮れに出た「揺蘭」に、多少愚かだがきわめて心根の良い男が食肉業者にだまされ、売られたフィクションが載っている。男を召し使っていた女主人・芳香様は、届けられた肉をシチューにして食される。人肉は特にお好みではないのだが、善良さゆえにしたたかさに欠けていた男を、気の毒に思われて食されたのであろう。
「使えない男の肉など、捨てておしまいなさい」とおっしやる事も出来たのだ。不器用な使用人でも、お見捨てにならないあるじである。男は死後、春の光の一部となって芳香様のもとを訪れる。光となった男には俗界の情はもはやなく、芳香様のお心を安らがせるのである。
誰でも光の一部になれるわけではなく、男の心根が光に通じるものだったからではないだろうか。。。。


そのようなわけで、私も、あざらしやとどを食したいとは思わないながら、何とも言えぬ思いで、ネットで検索してみた。
ある、ある、トド肉関係の商品、コメント。話題の商品のようだ。

販売しているホームページを一部、以下に挙げてみた。
「それってどんなの?」と思われた方は、行ってみてください。




--------------

トド生肉、トド味付け肉、トド缶詰、
http://www.d1.dion.ne.jp/~y_buki/koyomi.html

---------------
北海道の珍味いろいろ
http://www.infomarine.co.jp/sakanaya/shop/goods/29.html
鹿肉・熊肉・トド肉・あざらし肉・かにみそ北海道ならではの珍味を揃えました。 
○えぞ鹿肉大和煮
北海道の雄大な森林と草原の境目に棲息し、その肉はルイベ(凍らせた肉を薄切りにした刺身)やすき焼きなどとして人気があります。その美味しさを損なわないように大和煮にいたしました。
○熊肉大和煮 
珍しい熊の肉を筍と一緒にみそ味に味付けし、舌ざわりの良い独自の大和煮に仕上げました。熊肉と筍の絶妙な味わいをお楽しみください。
○トド大和煮 
トドは「海のギャング」と呼ばれ、魚網を破り、魚を大量に食べる漁師の大敵です。独特の臭みがある肉を、ショウガやみそ等の香辛料をうまく使って大和煮にいたしました。
○アザラシ大和煮
水の中でくらす食肉類のアザラシの肉と筍を独自の加工法により、缶詰にしました。やわらかいアザラシの肉と筍の大和煮をぜひ一度ご賞味ください。

------------


あざらし肉もあるようだ。
どうせなら、鮮度の良いのを、生で食べたい。。。。


食べるよりも、一緒に暮らすほうがいいな。海外に「あざらし女房」の伝説があったな。日本の、天女の羽衣を隠して妻にする話と同じ。やはり、女房は帰ってしまうのである。
[PR]
by leea_blog | 2002-03-23 01:00 | Comments(0)
<< ゆりうた事務連絡 Holly Warburton >>