人形愛の世界・まだ入り口 BJD。


人形趣味は、

一見、綺麗でおとなしい趣味のようにみえて、

実際は、

眼が養われてしまうと、

書画骨董の世界のように、

身を滅ぼす、と、昨日書いた。


江戸時代の人が、

吉原の遊女に入れあげるのと同じである。


それでも、

江戸時代の人のように、

「粋」を尊んで、

常識ある暮らしを手放して、

手に入れた人形とともに、

行き倒れても、

「こんな美しい人と暮らせて、俺は幸せだった」、と、

微笑みを浮かべながら、息を引き取る人も居るであろう。



私は、

元々は、

人形という物は、

絵や彫刻のように、鑑賞する物だと思っていた。


が。

人形愛に落ちてから、知った。

「人形愛は、人形と、関係を作って行くものなのだ。

流動的で蓄積されるものだ」、と。


どういうことなのか、というと、

人間との関係と似ており、

「あの時、ああだった、こうだった」と、

経験が人形と持ち主の間に経験が蓄積され、

感情のやり取りをし、

思い出を共有し、

将来を語り合うのだ。


「え〜? 人形と???!!」と、

想像しにくい場合は、

長寿の動物をペットに迎えるのとも似ているので、

それなら想像がしやすいであろう。


「ペットならわかるけれど、人形と???」

ペットは昨今、コンパニオンアニマルとして認識されている。

それと一緒。

コンパニオンドール。





私の場合は、

台湾の布袋戯、PILIの登場人物に惹かれてしまった。



身上を潰さなくとも、

人形(木偶という)を二人、

紆余曲折の末にお迎えできた。


アンティークのビスクドールにはまったら身の破滅だが、

運良く、しがない会社員でも頑張れば買えた。




DVDを買って、

木偶をお迎えして、

お話は現在も製作されているから、続きを観て、

台湾に行くおりは直営店でグッズを買って、

それで済むものだと思っていた。




が。


ほとんど、底なし沼のような世界だと知った。


木偶は、手作り品のため、

制作者によって、微妙に顔が異なる。


他の子も迎えたくなるのだ。



幸い、うちの子がやきもち焼きのため、

二号さんや三号さんをお迎えするのを断念した。

(↑ 今のところ、という話である。将来は分からない)


しかし。

注文製作なだけに、

公式木偶ではなく、私偶なら、

さまざまなバリエーションを加えられる事を知った。

衣装や髪の色を変えたり、

髪型を変えたり、である。


そしてさらに、

いつもお世話になっている台湾のSさんから、

「bjd」という世界も教えてもらった。


ball jointed doll、の略である。

bdjって、何?と思ったら、

球体関節人形の事だった。


まずは、球体関節人形を依頼して、

化粧と髪の毛と、衣装を、

専門家に別注すれば、

お気に入りの、

キャラクタードールになるのだった!!!!



別に、球体関節人形じゃなくても、

バービーの顔メイクを消して、

好きなキャラクターの顔メイクと、

衣装と、髪の毛を別注する等、

選択肢はきりがないことになる。



BJD。

球体関節人形とは何か。


関節部分が球体になっており、

人間のようにポーズを変えられる人形の事だ。


参考までに、

私が持っている本から、

画像を紹介しよう。

「吉田式球体関節人形の作り方」。

e0016517_18575398.jpg

各パーツは、
体内のゴムひもで、
繫がっている。
e0016517_18580386.jpg

e0016517_18581244.jpg
この写真の人形は、
人間と同サイズである。


昨日紹介した、
カナダの人形作家の球体関節人形は、
小さくて持ち歩きも出来そうだ。
e0016517_20363568.jpg

うちの宮無后は、
これくらいの大きさだ。
結構大きい。
e0016517_19515444.jpg


球体関節人形の頭部と体だけ注文して、

宮無后の髪と、メイクと、衣装を別注すれば、

公式の人形だけでは満足出来ない、

ディープなファンの仲間入り。。。





手の平サイズの無后をバッグに入れれば、

どこへでも一緒に行けるし、

上記画像のように実物大の人形を注文する人も、

世の中には居るかも知れない。



女性キャラに惚れた人で、

実物大が欲しい人は、

日本が誇るオリエント工業に特注する手もあるのではないか?

未成年立ち入り禁止の、

いわゆる「ラブドール」だが、

とてもリアルに出来ており、

なおかつ、精神的に男性の心を直撃する顔立ちが居並んでおり、

Hな目的以外にもファンが急増中のようだ。

ラブドールなので当たり前だが、

人間サイズのため、

人間の服を色々着せ替えて遊べるそうだ。

正装用にキャラの服を作り、

普段用に、

ドレスやら和服やら着せれば楽しそうである。



私は、小さいのが欲しい。

清少納言が書いたように、

「ちいさきものはみなうつくし」。






いやいや、

もともと動かない人形に惚れたのなら別として、

劇の登場人物で、

生い立ちや性格の設定もあるし、

動いて喋っている人形劇の人形に惚れると、

世間の人形愛好家とも、

ちょっと系統が違って来て、



過去想像をしなかった世界に歩み入っているところである。



















[PR]
by leea_blog | 2018-03-17 20:48 | Comments(2)
Commented by sherry at 2018-03-18 22:33 x
あぶない〜あぶない〜
木偶だけじゃなく人形の領域まで踏み込んだら
あなたの本の山はいつか人形の山になるぞ〜
聖徳太子偶主の家のように…

そりゃ、Q音のJPもbjdも見たことがあって
人形に興味ない私でも本命キャラーなら
また話しがかわるが、
Q音に睨らまれたので、すく断念した∧∧。。。
Commented by leea_blog at 2018-03-19 00:06
ははは、本当に、
危険です^^
こんなに深い沼だとは、
最初の頃は全く知りませんでした^^

聖徳太子偶主さん、
集めている人形が、
どれも趣味とセンスが良くて、
凄いな〜と感心します

ははは。Q音君が睨みをきかせてくれているおかげで、
部屋中、人形に囲まれるという事態は避けられているんですね^^
守り神ですね^^
<< 絵本・「おりこうなビル」 (か... 積年の恨みという奴 >>