陋屋日記・世間は黄金週間だ


世の中は、黄金週間に突入した。

月日の経つのは早いものだ、などと、

世間並みの事を言っている場合ではないのである。


庶務係長から、

「復帰するの?しないの?」と、

メールが来た。


いやいや、

パワハラで寝込んでいるんだし、

診断書には、

「庶務課長と管理部長に誤りを認めて謝罪をして欲しい、

寝込む期間はそれしだいだ」、と書いてあるんだからさ、


私に聞く前に、

庶務課長と管理部長に、

「西野に謝罪するんですか〜? 謝罪なんて絶対しないんですか〜?

どうします〜???」と、

まずは聞いて、

それを私に伝えてから、

「庶務課長と管理部長はこういってますが、

西野さんどうします?」と聞かなくちゃでしょう。。。。

そういうのが、一切書かれていないのです。




林庶務係長のこの対応は、

今始まった事ではなく、

実は、過去ずっとこの調子でした。


何のための診断書なのか。。。。。



一回二回ならともかく、

毎回この調子なので、

ただでさえ寝込んでいるのに、

ストレスで胃と腸が。。。。


と、

言っているうちに、

世間は黄金週間に入ったのだ。



闘病に日曜祝日は無い。

24時間休み無しに闘病だ。。。。








[PR]
by leea_blog | 2018-04-28 19:00 | Comments(2)
Commented at 2018-05-06 19:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leea_blog at 2018-05-06 20:35
太宰様
コメントありがとうございます。
懐かしいです〜。

そうだったのですか。。。
大変そうなご様子ですね。。。
お大事になさってください。

我々、もう、そんなに生きてきたのですね。。。
昔は、
定年退職して悠々自適の人たちが、
羨ましかったものなのに、
そろそろそんな年齢で、
しかも、
三十年前とは異なって、
老人は死ぬまで働かさそうな雰囲気だし、。。

いやはや、
ストレスは万病の元でございますよ。

私も、
過去をやり直せるものなら、
ここに入らなければ良かった、と思います。

太宰さんは正しい選択をしたと思います。
命あっての物種です。

私も、パワハラで病気休職をして
失った生涯賃金を考えると、
「努力してももう無駄なんだ」と、
思ってしまいます。。。

転地療養先は、
そうです、そのいつもの所です。

治安も良いし、
食事は栄養バランス良いし、
ゴッドハンドのマッサージの先生は居るし、
万病に効く温泉は湧いているし。
ぼーっとしているうちに、
だんだん、
自己回復機能が働き始めます。

太宰さんも、
心と体にお気をつけて。

気が向かれましたら、
またコメント下さいませ。






<< 馬鹿日記・ついに人形が日記の内... 馬鹿日記・いっとき人形に戻る事... >>