パワハラ日記・診断書は出たが



パワハラで寝込んだ社員が仕事に復帰出来るか否かなど、

受け入れ態勢いかんである、

という所まで過去日記に記した。


その後、

取り敢えずは。

復帰可能の診断書が出て、

庶務に提出した。


「職場の受け入れ態勢が整えば復帰可能である」。



あす、

新しく赴任したS庶務課長と面談する。。。。


庶務課とは信頼関係が無いため、

正直な所、

内辞が出るまでは、

庶務課長とは会いたくなかった。




パワハラ・セクハラで寝込んだ社員には、

復帰してもらいたくないのが、

どこの会社でも本音であろう。



組織の暗部の被害者だから、

他の社員に話を広められては困るのだ。



自分のミスを埋めるのに、

社員を退職させて退職金を充てようとするような組織だから、




過去日記をお読みの方は、

「会うなら内辞出てからにしろ!!!」と、


一斉に叫ぶのではないだろうか。






「受け入れ態勢など無いです」と言われたら、


日記のネタになる位の気持ちで、


出掛けます。







[PR]
by leea_blog | 2018-06-19 21:46 | Comments(0)
<< パワハラ日記・続報・とりあえず 金が無くなる、寝る場所が無くな... >>