パワハラ・セクハラ被害の公表と、被害者のプライベートに付いて考える

連投だ。



今日は、

産業医と面談した。


一時間、と時間が限られていたので、

一部しか話せなかったが、

私が「上部の行いは犯罪では?」と、

疑問を持っている事は伝わったようだ。



わかっているだけでも、

偽証罪とか、

文書捏造罪とか。

そもそも違法と判って給付金を支給した事は、

上層部も認めているのだし。。。



産業医が言うには。

「被害の実態が明らかになったとしても、

あなたもプライベートを知られると、

嫌な事は無いのか?」的な話があった。


「知られて困るような事はありません」と答えた。




あとになって、

考えてみると。


「不正受給者の汚名は晴れるかもしれないが、

あなただって知られたら嫌なプライベートの一つや二つ、

あるんじゃないですか???」と、


探りを入れて来た可能性が、

全く無いとは言い切れない。




そういうつもりで言ったのかどうかは、

口調等を思い出しても、

よくわからない。







知られたら嫌なプライベート???


ああ、今思い出した。

以前の主治医から、

「管理職が違法と知りながら、

あなたに違法支給をした。

恋人関係かなにかだったのですか?」

と、聞かれた事がある。



ううう、世間には、

そう思う人も居るであろう。


その元主治医も、クリニックを辞める最後の日に、

聞きにくそうに聞いて来たのであった。

長年、疑問だったのであろう。

「愛人関係だったのでは?」と思いながらも、

本人を前にすると、

聞けなかったのであろう。



遠慮なくどんどん聞いてくれればよかったのに。。。




まあ、それに関しては、

複数関係者と私は当時面識も無かったし、

当事者、裁判で偽証した林安治さんとかに、



「西野さんを愛して百万単位の不正な支給しちゃったんですか?」と、

聞いてみるといいだろう(笑)



林安治とか、諸隈とか、私の知っている限りでも、

彼らは全力で

「それまで西野さんとは逢った事も無い!!!

面識無い!

俺は家庭が大事だ!!!」

と、必死に否定するであろう。



想像しただけで気持ちが悪い。



「じゃ、なんで違法支給したの???」

  ↑

私も、この点は、長年、問い合わせているが、

「私が老母との生活に困って、

依頼した」事になっているのだ!!!

言うに事欠いて、私が頼んだ事になっているのか。。。。



絶対許さん。

頭がおかしいのか。




それが事実なら、

私はとっくに、

懲戒解雇されているよ。




話が、いつもの如く脇にそれた。




話は戻り。

上述の産業医の質問で、


同じ立場の他の人だったら、


かなり多くの人が、

「プライベートを知られるのは嫌だな」と、

危機感を感じるであろう。




後ろめたい事が無い人でも、

他人には公開されたくない、

そっとしておいてほしいような事が、あるはず。



私は、たまたま、

文学に足を突っ込んでいるせいで、

過去の文学者が、

微細なプライベートまで詮索されて、

勝手な憶測をされるのを読みながら成長した。




自分自身が、

面白おかしくプライベートを暴かれても、

世間の人よりは耐性がある。



ただ、

ほとんどの人は、

仕事以外の報復も恐れて、

泣き寝入りするのであろうな、と、

背が寒くなった次第である。




















[PR]
by leea_blog | 2018-08-29 20:49 | Comments(0)
<< パワハラした人がパワハラ対策の... 脱法ドラッグのような脱法パワハラ >>