闘う力が欲しい


今日、S庶務課長と重ねて話をした。



入り口の、

「パワハラの定義解釈」で難航している。




大野元管理部長と、

S庶務課長は、

「直属の上司でなければ、

パワーハラスメントには該当しない」、

という解釈である。




庶務や総務や人事や厚生係なら、

社員への嫌がらせや捏造はし放題で、

その結果、

社員が鬱で寝込んで自殺すれすれに追いつめられても、

ハラスメントに当たらない、となる。




まさに、「脱法ドラッグ」なみに危険な、

「脱法パワハラ」理論だ。



厚生労働省のサイトを何度みても、

私には、そうは読み取れないのだ。




「ハラスメントはやっちゃ駄目」。

なぜやっちゃ駄目なのか、

という大元の理論を読めば、

「直属の上司」に限定する庶務課長の理屈は、

大変危険なものにみえる。




「庶務課長が独断で決めずに、

労働局のハラスメントを判断する立場の人に問い合わせてはどうか」、

と提案した。




庶務課長は、

「決定権は自分にあるので、

庶務課長の判断が労働局のハラスメント定義の判断と同じだ」、と言う。




おそらく、「失言」であろう。。。。

気の毒なので、

ここには書かない方が良いかもしれない。


「撤回します」と言われれば、

この日記も消すかもしれない。




が、

今日たまたま検索でたどり着いた、

通りすがりの皆さんにも、



「パワハラ相談担当者」への相談が、

このように厳しいという現実も、

予備知識として知って欲しいと思っている。


私個人の体験のようで、

似たような体験をする人が、


大勢居るであろう。




会社側が設けた「パワハラ相談要員」は、

「もみ消し要員」である事も多いのだ。

「パワハラホットライン」に、

気軽に相談する事も必要かもしれないが、

加害者の方が権力のある立場だ、ということも、

忘れてはいけない。

人脈も、あなたより強い。



組織という物は、

建前とは別に、本心が有るのも、

予備知識として知っておくのが良いと思う。







「重要なご判断になります。

私の見解と異なるので、

正式判断として公開します。

後日でいいので、正式なご回答をお待ちします」


と公開前提である事をお知らせした。




労働局の、判断力のある立場の人や、

厚生労働省に問い合わせてくれると良いのだが。



S庶務課長が、「私個人の意見ではなく、

労働局何々係の誰々さんの公式回答です」と、

言ってくれれば、

私もここに書きやすいのだが。

なぜなら、

そういうお仕事の人の見解だから。





S庶務課長は、

来週から夏休みに入るとの事だ。。。。


それは仕方が無いが、

問題が棚上げになるのは困った。。。。



私も夏休みをもらうが、

こんな定義の問題で足止めされていては、

休暇が全く楽しくない!!!!



いやいや。

それ以前に。



否定的な見解の管理職に、

自分の置かれた立場を説明するのは、

自分の心が殺された場面に、

何度も立帰る精神力が要る。




大抵の人は、

既に心身がずたずたなので、

闘えないであろう。。。




私も、自殺願望を克服し、

時間を掛けてここまで来た。




生きていて良かった、と、

まだ本心では思えない。


闘う力が欲しい。









[PR]
by leea_blog | 2018-09-01 01:03 | Comments(0)
<< 豪雨の合間・銀座のグループ展と女子会 パワハラした人がパワハラ対策の... >>