布袋戯 手のひらの宇宙

e0016517_09115588.jpg

台北。

苦茶を買いに行く通り道に、
史跡の、
剥皮寮がある。

昔の街並みが、
資料館として整備されて残されている。

休日は、
沢山の人出だ。

人混み、嫌だな、と、
皆さん思われるであろう。

が、休日は色々なイベントが行われて、
地元のひとが楽しんでおり、
台湾の日常の、
良いひとこまである。

左右を眺めながら通り抜けようとすると、
展示の一つに、
布袋戯があるのが目に入った。


霹靂の源流の、
昔ながらの布袋戯である。


上記写真が、
舞台だ。

金色と赤で、キラキラして、
気分を盛り上げてくれる。


e0016517_09225111.jpg

人形と、首。

裾から手を入れて、
動かす。
手のひらサイズだ。


舞台に沢山の窓や出入り口があるのがご覧になれるだろう。

カーテンの掛かった出入り口から、
すごい速さで人形が出入りしたり、
窓に現れたり、

時にはすごい勢いで、
窓に向かって放り投げられたりもする。

スピード感と躍動感に溢れている。

e0016517_09242934.jpg

小さな、気品のある女性。やし

下は、小指の先ほどの、
小さな小さな、人形の靴。
形が可愛らしい。


e0016517_09264039.jpg


下は、
衣装箱。

衣装を吊るして、沢山収納してある。
これなら、持ち運んでもシワにならない。
e0016517_09283016.jpg

旅の技芸集団の様子が、
浮かんでくる。








[PR]
by leea_blog | 2018-09-18 09:10 | Comments(0)
<< 夏の北投温泉と、初めて食べるタ... 馬鹿日記ー行っていらっしゃいま... >>