台北だらだら日記ー帰国前夜

e0016517_19443125.jpg
今日の夕食。↑
温州大饂飩の海老ワンタンと、
小菜の、豚耳。

祭日で、
あちこちが閉まっている。

皆、道路の脇で、
バーベキューをしている。

バーベキューをして過ごす祭日なのだろうか。

ホテルの前でも、
バーベキューの準備が始まった。


明日は帰国だ。

闘える心身が手に入ったかどうか、
ちょっと自信が無い。


ただ、
転地療養前よりは、
健康に近づいている。


来る前は、
悲惨な状態だった。


首が回らない、
腰がひねれない、
身体中が痛い。

鋼鉄の意思が無ければ、
とても出勤出来ない状態だった。


原因は、
パワハラによる、
精神的ストレスだ。


ストレスで全身が痛くて、
自殺願望は脱したけれど、

今度は
殺意が止まらない、

これって、
普通は休職するレベルでは?



比喩では無くて、
全力で抑えなくてはならない程、
殺意が止まらない状態だと、

仕事をしている場合では無くて、
休養が必要だと思う。

私の場合は、
良いタイミングで、
夏休み休暇が来たのだった。



転地療養十日目で、
関節の可動範囲が広がった。


ようやく、
台北の空を見上げる余裕が出て来た。

空を見ている気持ちの余裕がなかった。


本当なら、
「もう帰りたい」、とぼやくまで、
転地療養するのが理想だろう。

今回は、
時間切れ感が否めない。




まあ、
観光はしなかったが、


台湾人形劇のピリの展示会に出かけて、

気になっていた、

新しいバージョンの素還真を見られ、

天競版素還真の、

スワロフスキーで飾られた限定木偶も見られた。

霹靂直営店で、
グッズを沢山買った。

e0016517_20035399.jpg
↑異数版、素還真。

e0016517_20050983.jpg



今回の滞在は、
来た甲斐があったのではないか?


気がまぎれるものが、
人生に介入して来た、

私は、考えようによっては、
大変ラッキーである。



現在、
明後日からまた出勤出来るのかが、
ちょっとわからないのだが、


今それを考えても、

何かが解決する訳でも無い。


台湾の名石鹸、

阿原の石鹸でお風呂に入り、

ホテルの大きな画面のテレビで、

ピリを見て、

眠る、

今日の課題は、

とりあえずは、

それだけだ。





[PR]
by leea_blog | 2018-09-24 19:43 | Comments(2)
Commented at 2018-09-25 22:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leea_blog at 2018-09-25 23:25
> 内緒コメントを下さった方
ようやく暑さが和らいできました^^
おやすみなさい〜
<< 道を聞かれる、席を譲られる 台北だらだら日記ー >>