台湾、台中でお茶 春水堂 朝富店 タピオカミルクティー発祥の地


さて、転地療養中は、
台湾人形劇の霹靂展を見に中正記念堂に
(ホテルから地下鉄で三つ目の駅。近い!)
出掛けた他は、

ピリ直営店で買い物、、、

以外は、観光らしい観光ができなかった。

まあ、転地療養目的で、
観光は健康になったら、だしね。


そんな中、

過去日記にも何度も登場する、
台中の人形屋、
見素木偶精品店に出掛けたのが、

もの凄く遠出と言えば遠出だった。


滞在中は、
ホテルから徒歩圏か、
地下鉄に乗ってせいぜい三駅くらいしか移動しなかったのだから、

新幹線で一時間ほど、
バスで三時間ほど、
そこからタクシーで300元前後乗った場所まで行くのは、
遠い。


おそらく、
健康体なら、
楽勝であろう。


目的は、
一月に、家内、、、、ではなく、
宮無后をメンテナンスに出した時、
本当にご尽力をいただいたのに、

当時は風邪を引いて発熱で朦朧としていた私は、
ろくなお礼も出来なかった。


日本人によくある、
「お礼の気持ちを伝えきれなかった」心残りが、
ずっとあったので、

心ばかりのお礼の品を買って、
再訪したかったのだ。


病気療養中は勿論余力がないが、

今回は、
職場復帰とパワハラ問題のストレスで、
やはり余力がなかった。


台中に出掛けるだけでもうヘロヘロであった。

せっかく台中まで行くのなら、

どこかで休憩しなくてはならないから、
美味しい店でも行ってみるか。

と、ホテルで検索してみると。

有名すぎて逆にわざわざ行ってみなかった、
春水堂。

タピオカミルクティー発祥の店である。


春水堂は、沢山店舗がある。

店舗が違っても、
どこもレシピが一緒だと思うが、
ワタクシ的には、
建物の作りの風雅な所がいい。

朝富店が、閑雅で評判が良いらしかった。

所在地は、以下。

台中市西屯區朝馬三街12號
電  話:04-22549779


台中駅から、
タクシーで300元近く。

入り口だ。↓

e0016517_09523797.jpg

英語が通じる。

従業員さんたちも、
印象に残る洗練され方だった。


メニューには、
日本語も添えられているので、
安心して選べる。



e0016517_09533470.jpg
タピオカミルクティー。
確か、7〜80元。

煮卵、15元。

木作りの、味わいのある店内なのに、
お値段はそれほど高くない。



ちなみに、
街中のドリンクスタンドでタピオカミルクティーを頼むと、
Mサイズで(日本のLサイズくらい)4、50元だ。


余談だが、
上記画像の背景に映っている、
お客さんたちの飲み物をごらん下され。

生ビールの大ジョッキ位な大きさのジョッキで、
お茶を飲んでいる!!!!
夏だし、水分補給が沢山出来て、
気持ちいいですね。



お味は。
街中のドリンクスタンドのタピオカミルクティーも、
充分美味しいが、
春水堂はやはり格が違った。


お茶の味も、
ミルクの具合も、
タピオカも、
氷の砕かれ方も、
繊細で、じっくり味わうに足る。


煮卵も、
コンビニの煮卵でも充分美味しい、

が、名店の煮卵は、
大変繊細な味わいで、
お茶と一緒に味わうに足る。


特製大根餅も頼んだが、
これは私には少々油っぽく感じた。


総合的に、
満足度が高かった!
行った甲斐が有った!

e0016517_09522297.jpg
店内。
壁が透かし窓になっており、
円月形の窓から階段が見える。


e0016517_09523093.jpg

気持ちの良さそうな木の味わいたっぷり、
テラス席。


新幹線の駅からも電車の駅からも遠いので、
タクシーを使うが、
わざわざ行く価値有り。

バスなら、
朝馬バスステーションからタクシーで100元ほど。


くつろげました。











[PR]
by leea_blog | 2018-09-29 12:53 | Comments(4)
Commented by シンジ at 2018-09-30 13:05 x
タピオカミルクティーさいこ!
めっちゃ飲んでましたー(日本で笑っ)

転地療養って
関東の人が、関西の神戸とか行ってみる
とかでも良いの?

Commented by leea_blog at 2018-09-30 18:00
> シンジさん
タピオカミルクティーお好きでしたか^^
タピオカの弾力が、ミルクティーと相性抜群ですよね^^
いつか機会が有ったら、
本場台湾でも飲んであげてみてください〜^^

転地療養、
関東の人が関西に行くのでも効果がありますよ〜。
見える物や、
空気感がいつもと違うと、

生き物に元々備わった、
「適応しよう」という動物レベルの本能が動いて、
低下していた生命活動に、
刺激が入る、という感じですね。

私の場合は、
熱海とか箱根とか、
すぐ帰れちゃう所だと、
すぐ帰りたくなって本腰入れられませんでした。

コツは、旅でも、「入院した」と思って、
「しばらくウチに帰れない。
もう、どうとでもなれ」、と、
諦める事ですかね^^

神戸なら、
海に近くて大気にミネラル類が沢山含まれていそうだし、
関西は食べ物もおいしいから、
食欲無くても食べたくなりそうだし、
歴史も有って、
気がまぎれそうですね〜。


Commented by シンジ at 2018-09-30 20:04 x
転地療養…なるなる
凄く、わかりやすい!
ありがとうございます
Commented by leea_blog at 2018-09-30 21:57
> シンジさん
ご参考になれば幸いです^^
<< 閑話休題ー日本酒飲み比べイベント 台北から帰国した >>