陋屋日記ーしばし休憩

e0016517_19235677.jpg
スパイスたっぷりの大人のガトーショコラ。
ビストロキャセロールにて。


今週も、
トラブル続きであった。

衣替えのシーズンで洗い物が溜まっているこの時期。
洗濯機が壊れた!

台風で被害が出た実家の修理に大金が掛かるのに、洗濯機まで???


働いているにも関わらず、
何だろう、この火の車状態の家計。。。


心身はボロボロだし。。。


金曜日の夜は、
そんな日頃の憂さを忘れるべく、

ランチでお世話になっている、
ビストロでちょい飲みをして帰る。


お猪口で日本酒を飲み比べできる。

美味しいものを少量でいい、
というワタクシには、
ありがたい。


家計が火の車なのに、
ちょい飲みするのか!


自分にご褒美を与え続けないと、
サラリーマン生活を、
とても乗り切れない。


「脳内の良いホルモンを出す」、
という能書きの薬をいくら処方されても、
さっぱり効果を感じない。

自分で、
脳内物質を改善する機会を探さなくてはならないであろう。




このビストロは、「利益出ていないんじゃないか」、
的な良心的な内容&価格である。



仕事のあり方を、
考えさせてくれる。



「他人の為になって、
自分もお金をもらって生活できる」。

社会人になる前は、

多くの人が、

仕事に対して、

そんな理想を抱いたことであろう。


現実は。
以下略、である。


感謝されるお仕事、
といえば、


台湾人形劇、ピリも、

「売ってくれてありがとうございます!」、

の世界である。




最近通っている美容室も、
店主氏は色々ストレスが溜まっていそうだが、
客としては、
「綺麗にカットしてくれて、
ありがとうございます!」の世界である。



世の中は、

お客さんの歓びの影に、

従業員のブラックな労働環境があったり、

他人を搾取の対象にしか見ない、

振り込めサギのような仕事が流行ったりする。


お客さんの方も、

クレーマーが流行ったり、

モンスターペアレンツが流行ったり。


殺伐としたものである。




そんな中で、

一息つけるのは、

本当にありがたい。



頭を切り替えて、

揺蘭の編集だ。

















[PR]
by leea_blog | 2018-10-26 19:22 | Comments(0)
<< まれびと冊子「揺蘭」入稿直前 陋屋日記・衣類で色彩セラピー ... >>