人気ブログランキング |

まれびと冊子・揺蘭 16の雨中無后・カラー画

e0016517_22095076.jpg
雨中無后↑ 画像作成・神道生徒さん



同居人、宮無后のことをなるべく書かないようにしよう、

無后の劣化を防ぐため、なるべく触らないようにしよう、

と自制していると、ブログを更新しないまま日が経ってしまった。

宮無后に脳細胞が侵されているとしか思えない。

いや、宮無后のことしか考えずにきた訳ではない。


書くことは沢山ある。

例えば、

澁澤龍彦の「少女コレクション序説」と、

菊池浩平の「人形メディア学講義」を再読したこと。


読み返すと、いろいろな発見があった。


それはまたの機会にして、



「揺蘭編集お疲れ様」、と自分に言うために、

16号に掲載した台湾の神道生徒さんの画像を貼る。


神道生徒さんは、

台湾の人形劇の木偶の写真を、

このように加工して物語風にしている方だ。


ちなみに、私が撮影した元画像はこちら。
e0016517_23024246.jpg



紙面では、白黒でしか紹介できず、残念だ。



発光する雨の中に佇む美麗な衣の人物(人形かも)、

暗示的な大きな時計、

青い冷たさと光と、

非日常な紅い衣。

長い物語のワンシーン。



衣のかさがたっぷりあって、贅沢な作り。

身分の高い人の、

秘められた後宮から抜け出して来たのかもしれない。




傘を差しかけて、

「濡れますよ。うちで雨宿りしませんか。

暖炉に火が燃えていますよ。暖かいスープも有ります」

と、誘いたくなる。

熱いお風呂に入れてあげて、

毛布で包んであげたくなる。

暖かい寝床を用意してあげたい。





一夜の宿を申し出ても、おそらく、一夜では済まなくなるだろう。

どう見ても「わけあり」の、女と見まごう美青年なのだが、

やはり、事件に巻き込まれるだろう。

後宮の秘密を知ってしまい、

命を狙われることだろう。

待っているのは、ハッピーエンドか、悲しい結末なのか。






雨中無后の画像を最初に見たとき、


映画、「ブレードランナー」を連想した。


人形とは、本当に、

意のままになり難いものだ。
















by leea_blog | 2019-11-17 22:32 | Comments(4)
Commented by sherry at 2019-11-18 21:52 x
りーあさんこんばんは ∧。∧
黒白のほうをうまく印刷できれば
これもまた違う雰囲気の一枚ですが
赤と青の対照を見れるカーラーのほうもいい感じ

来年パガキをプリントして、本に付けようか?
(あなたのプリンターが直したらの話し∧∧。。。)

搖蘭屆くのをたのしみ〜^^y
Commented by leea_blog at 2019-11-18 22:15
> sherryさん 晩安〜。白黒でも、それなりの雰囲気がありますよね^^
白黒だと、読者が自由に色を想像するから、また別の効果があります。

カラーだと、本当に素敵。青と赤と、雨の光の具合が、とても効果的です。
水の感じが、とてもよく出ています。
宮無后の後ろ姿が、後ろ姿なのに、感情を雄弁に色々と語っていて、
ナイスな加工だと思います^^


はははは。
揺蘭は、500部出るので、おまけをつけるとかは難しいですね。
私も、自分の絵をハガキにしてつけようと思ったこともあるのですが、
手間と予算がかさみます。

プリンターは、結局買わないことにしました。
コンビニの印刷で十分だとわかりました。

揺蘭のご感想、楽しみにしております^^



Commented by sherry at 2019-11-22 20:00 x
りーあさん晩安〜
本、今日屆いたよ〜〜〜
週末ゆっくり拝読します∧∧y
Commented by leea_blog at 2019-11-22 20:57
> sherryさん 晩安〜。日本は急に寒くなって、一日中雨でした。
本、無事に届いてよかったです^^
ゆっくり読んでね^^
<< まれびと冊子・揺蘭 16の鏡の... 陋屋日記・太陽の恵み。大ぶりの... >>