人気ブログランキング |

まれびと冊子・揺蘭 16の鏡の宮無后・カラー画

e0016517_20584938.jpg
鏡の宮無后↑ 画像作成・神道生徒さん

 
揺蘭16に、白黒の画像でご紹介した、「人形を娶る歌」の挿絵。

雨中無后と同じく、台湾の神道生徒さんが画像作成してくれました。


冷たい雨に濡れる作品と対になるように、

こちらの画像は、温かみのある赤がベースの室内になり、

鏡の中の背景には、

喜という字が二つ並んだ、双喜紋が大きく見えています。



中華圏で見かける、おめでたい時に使う文字ですね。

海を越えた台湾からお迎えされた人形は、

色々あっても、どうやら今生も来世も幸せのようだ、と、

暗示しています。



まれびと冊子揺蘭の、14号、15号のエッセイで、

江戸川乱歩の「人でなしの恋」を

地でいくような禁断の人形愛に落ちていくレポートをしました。



この人形、うちの宮無后は、うちに迎えられてから、

まめに私にアタックして、

自分の力で私から心を奪ったのですね。

「偉いなあ」、と、思う次第。



最初の頃は、

ご主人様は、

「江戸川乱歩の小説じゃあるまいし、

人形とは無理。

あなたのことは大好きだけれど、

好きの意味が違います」、でしかなかったのに、

うちの宮無后は諦めなかった。




今では、

二世の縁の話になるくらい、

私にとって大切な人になっている。



自力で愛を勝ち取る人形、すごい。
















by leea_blog | 2019-11-22 21:17 | Comments(6)
Commented by sarasa at 2019-11-23 03:18 x
暖かく柔らかな色調の画像で、さすがSさんですね!
嫁ぐ前の緊張感より、嫁げることの静かな幸福、を感じました。
よく考えると「嫁ぐ」表現は変ですが、紅い衣装におめでたい文字なので、
「嫁ぐ」表現。
でも、どちらが嫁ぐ側なのかは21世紀の今では大きな問題ではないかも。
りーあさんと宮無后が幸せなら、没問題ですね。
これからも、お幸せに(*ゝω・)ノ♥
Commented by leea_blog at 2019-11-23 15:59
> sarasaさん 絶妙な紅と茶色の使い方ですよね^^ さすが神道生徒さん。
青と赤と光の表現、雨中の宮無后画も素敵でしたが、こちらも素敵です。
そうですね、静かな幸福、の雰囲気ですね。花嫁さんが、一人で鏡に向かって幸せを噛み締めているような。ははは、どちらが夫か妻かとかも、没問題かもですねー。大黒柱が私だから、私が亭主で、無后が家内っぽいし^^ 家内を壊さないように大切にしていきたいと思います。
Commented by sherry at 2019-11-26 21:21 x
りーあさん晩安〜
Sarasaさんも晩安〜
今号の搖蘭を拝読しました
とてもいい内容でした∧∧y
そして度々自分の日本語がまた退化したことに気付いて
連日漫画読みに夢中して、
(ちょっと初期状態であまり木偶写真撮りできない)
まだ感想を書いてない
週末日本語の記憶を甦えたら、
もう一度搖蘭読んで感想書きます∧∧y
Commented by leea_blog at 2019-11-26 21:59
> sherryさん 晩安〜 揺蘭を読んでくださってありがとうございます^^
今号も、とても充実した内容になりました。
編集者として、嬉しいです。
感想、お時間のあるときに、是非よろしくお願いします〜。
感想、書いていただけたら、拙ブログに掲載させてください。
執筆している人たちの励みになります^^
もちろん、編集人の私にとっては、大きな励みです^^
Commented by sherry at 2019-12-01 12:41 x
りーあさん午安〜
下手な日本語でなんとか簡単に感想を書いた∧∧。。。
掲載はご自由に、
でもあまり励みになれない一言だけの感想でした
今日本語書きは本当に下手で
もともと本を読まないと、そのうち、
日本語を全部忘れてしまうかも=ュ= 私は…
Commented by leea_blog at 2019-12-01 16:14
> sherryさん ご多忙のところ、丁寧な感想をいただき、誠にありがとうございました!!!
あとで、拙ブログに転載させていただきます^^
いやー、励みになりますよ、一言でも。
語学は、普段使っていないと、忘れてしまいますよね。
たまには本を読んで、
せっかく覚えた日本語能力を維持しましょう^^
語学ができると、万一のことがあった時、
再就職も有利ですし。
<< まれびと冊子【揺蘭】16・横山克衛 まれびと冊子・揺蘭 16の雨中... >>