人気ブログランキング |

笄(こうがい)の使い方・後ろに飾る



アンティークの櫛を買うと、櫛と笄がセットになったものがよくあります。

櫛は皆さん使うでしょうが、
笄は、棒状で、現代の服装・髪形では使う機会が無い、と、思いませんか?


眠ったままではもったい無い。

今回は、笄を使って、
後ろ姿に彩りを与えてみました。


いつか、使い方の図解でも載せたいですが、
とりあえず、写メを。   

 ↓ 後頭部です。帯じめを使ってみました。


笄(こうがい)の使い方・後ろに飾る_e0016517_12540147.jpg

後頭部に、リボン状になった帯締めが垂れ下がり、
かわいいです。



難点は、私のように髪が少なくて細い人ですと、
帯締めが重く感じる、というところです。



オーガンジーのショール?マフラー?を使って、
同じように笄に絡めて結んでみました。


幅広のリボンを使うと良いでしょう。



笄(こうがい)の使い方・後ろに飾る_e0016517_12534010.jpeg
わかりにくいですが、横に飛び出している黒っぽい棒が笄です。


これなら、洋装にも合いますね。


笄は、髷の上部に使うのと、

今回の画像のように、
髷の下で使うのとでは、

仕上がりに変化が出ます。


私は、髷の上に簪か櫛を挿しますので、
髷の下で結んで後頭部に垂らしました。



色々トライしてみましょう。








by leea_blog | 2020-02-03 13:10 | Comments(2)
Commented by sherry at 2020-02-08 11:41 x
これはおしゃれですね∧∧
無后君にも付けてみれば?

ツアーにくる時、マスクを絶対忘れないでね
こちはもう買うこと困難になったし
マスク付けないと活動の参加は拒まれる恐れがある
Commented by leea_blog at 2020-02-08 16:38
> sherryさん

伝統的なヘアアクセサリーが、現代でも使えて、しかもおしゃれ^^
色々な髪型や衣装を考えるのが、得意なのです。

ツアーの主催から連絡が来ました。マスク必須だから各自用意してくれって。
去年の買い置きがあります。よかったー。
 ↑
素朴な疑問だけれど、ウイルスってマスクの網目より小さいような。
<< 笄を使った3分お出かけヘア 馬鹿日記・生霊事件その後 >>