人気ブログランキング |

人魚楼日記 薔薇の麗人が到着 林由紀子さんの銅版画 夜明けに開く薔薇

人魚楼日記 薔薇の麗人が到着 林由紀子さんの銅版画 夜明けに開く薔薇_e0016517_15232819.jpeg

林由紀子さんの銅版画、夜明けに開く薔薇↑



ご縁が有って、お迎えしました。

何と美しいのでしょう。



薄く彩色されたバージョンもあったのですが、

売り切れでした。。。


顔や身体の造作が、

人間のバランスとは微妙に違い、

確かに薔薇の精に見え、

眼差しは夜明けの地平線を射ていると思われ。


夜明けのりんとした大気と、にじみ出る色彩、

しっとりと開いた薔薇の花の香気が伝わってくるような一枚です。







次の詩集を出す資金が作れないのに、

他人の作品を購入すると、

「自分で描け!!!」、と、

皆様言いたくなるでありましょう。



いや、本当、こういう事をやっているから、

詩集資金が貯まらないのです。


とはいえ、人生には心の潤いが必要です!


人はパンのみにて生くるにあらず。


魂が飢えると、

寝込む原因になります。



パワハラと闘っているストレスで、

美しいものを自分に投与したくなるのです。




文学作品や美術作品は、

実際薬のようなもので、

同じ作家の作品でも、

魂が欲しがるものとそうでもないものがあります。



「ちなみに、銅版画ってお高いの?」と思われる方。

ヤフーオークションなどで検索してみるとわかりますが、

値段はピンからキリ。

作家と作品の大きさ、人気の大きさによります。




油絵や日本画と違い一点しかないものではなく、

版画なので同じものを複数擦れるため、

お求めやすい価格であります。




ヤフーオークションの美術品の出品や、

美術品1円オークション等をウオッチしていると、

なかなか面白いです。

通りすがりの皆様も、

「千円から始める美術コレクター」、は、いかがでしょう?


追記

「どこかで見た絵だな」と思う人もいるでしょう。

ケネス・モリスの作品集、「ダフォディルの花」の表紙です。

この表紙を見たときから、欲しかったのでした。

人魚楼日記 薔薇の麗人が到着 林由紀子さんの銅版画 夜明けに開く薔薇_e0016517_21244388.jpg




















by leea_blog | 2021-04-04 15:22 | Comments(0)
<< PILI布袋戯の木偶とのお付き... 馬鹿日記 映画によればアメリカ... >>