人気ブログランキング | 話題のタグを見る

人魚楼日記・手首のプレートを外す手術



ただいま。


手首のプレートを外す手術が終わった。

まだ6月なのに、本日の関東は40度越えの予報だ。



病院からタクシーで帰るか、

休憩しながら電車と徒歩で帰るか、


退院後、昼食をとりながら検討した。


昨日全身麻酔で手術したばかりなのに、危険な暑さの中、一人で家まで帰らなくてはならないとはなかなかサバイバルだ。

急に立ち上がると目の前が白黒画像になる。


自分の体力とリスク予想と今後の影響を冷静に測りながら、「若い頃バックパッカーみたいな旅を重ねたのがこういう時どうしたらいいか考える訓練になったな」と思う。




去年右手首骨折で入院した時も、

今回埋め込んだプレートを外す入院も、

相部屋の病人さんはみな高齢者、しかも一人暮らしだった。



私のように手首だけ、というのは軽症で、他の皆さんは今後は一人暮らし無理だろうという状況だった。


右手首だけでも、顔洗えない風呂は入れない、服着られない、料理も洗い物もできなくて、日常生活が大変だ。




ちなみに、私の住んでいる街はお年寄りが多い。


歩くのも大変そうにしているみなさんを日常的に見て、この人も五年くらい前まではスタスタ歩けていたのであろう等考えると、ワタクシも動ける内にやるべきことが山積していると我が身をかえりみる。

再雇用で働く暇があったら作品に専念しないといけないのでは?

働かないと詩集代も出せないよ。

働くなら一攫千金をねらうしかないのでは。

絶対手持ち資金を全部溶かすパターン。

と、いつもの堂々巡りに陥るのだった。





2度の手術で痛感する。医者は本当に大変だ。

例えば医師がパワハラで悩んで自殺を考えたとしても患者の手術を適当に済ますわけにはいかない。


寝不足で集中力が鈍ったとして、患者の手術で間違えちゃいけない。

たまーに手術すればいいわけじゃない、患者はどしどしやってくる。



そりゃ、どんな仕事でも間違えたら大惨事につながるものだが、


子供の頃から表現活動に勤しんできた私にとって、右手は本当に重要なのだ。


手首骨折くらいで患者側は人生が終わったかのような悲嘆に暮れるのだが、そんなのを毎日何人もこなしていくのは本当に凄すぎる。


医師だって自分自身の人生があり、色々悩みや大変なこともあるだろうに、「済まない。もう人生に疲れた。今日の手術の予定はキャンセルしてくれ。」と言えない。

日常のストレスをどうやって仕事に持ち込まずにすむかの高度なスキルと実践があるのだろう。


私のように、「新しい上司が自分の人生を破壊した二十年くらい前の当事者だった」、とかでも、医者だったら手術の手順を間違えちゃいけないのだ。人体という、待った無しの存在を相手にする仕事。

私には無理すぎる。




先生、本当にありがとうございます!



by leea_blog | 2022-06-29 15:09 | Comments(2)
Commented by sherry at 2022-06-29 20:50 x
お疲れさま、キズ痛むはずです
また数日右手使用禁止になるが
無理せずに休んでね
Commented by leea_blog at 2022-06-29 22:25
> sherryさん ありがとうございます! しばらく左手だけの生活です。
名医に手術してもらったおかげで、安心です^^
三人の夫人が待っている家に帰ってきてほっとしています。
<< 何人居ても困らない人形愛の日常 再掲 鉛筆画「窓際の宮無后人形」 >>