2016年 08月 04日 ( 1 )

台北だらだら日記その5

e0016517_20031993.jpeg
⇧台湾おにぎり。紫米。

9日目。

転地療養の効果が出て来て、
関節の可動範囲が広くなりました。

ストレスが原因の、
筋肉のこわばりは、
まだ痛むことは痛むけれど、
触っただけで痛い、
という状況は、
かなり改善しております。

本当は、この調子で、
改善が安定するまで滞在したい所ですが、
安いチケットを利用している為、
明後日帰国です。



昼ごはんをゲットしに出かけ、
休憩にコンビニで、
例によってコーヒーを頼みました。

コーヒー下さい、
ホット、S。

アイスコーヒーは、
Mサイズからになります、
と、
例の如くアイスコーヒーに誘導されました。

いやいや、
ホットでいいです、
とは言わず、
ご縁と思って、
アイスコーヒーに。

汗だくでホテルに帰り、
お風呂に入って、
自分でオイルマッサージを
しようと思ううち、

疲労困ぱいで、
ひと眠り。

今19時19分。

オイルマッサージをする体力が戻らず。

文字通り、
いや、

文面以上に、
だらだらしています。

好きでだらだらしているのではありません。
体力的に、限界なのですね。
身体中が、重い、、。

転地療養が目的なのだから、
これで良いのだと。
焦るとまたストレスになるので、
プラス思考でいきましょう。


今回は、行きつけのマッサージは、
風邪を先生にうつすのを怖れて、
無し。

北投温泉も、
瀧乃湯が工事中で、
無し。

上記二件は、
滞在中リピートする予定だったので、
無しなら、
本来なら時間が余っているはずなのに、
ほとんど何もしない内に、
日が経ってしまいました。

散歩程度しかしていませんが、
転地療養効果は、
やはり有り、
痛むけれど、
首が動く状態に。


昨日の夜に、
ホテルからすぐ近くの、
西門町に出かけました。

台北の原宿、
と言われる、
繁華街です。



足の角質取りに。

台湾の足の角質取りは、
刃物を使って、
削る感じで取ってくれます。

足が軽くなります。

だいたい、
5、6百元。

お勧めです。


風邪の余波で、
途中で咳が出そうになり、
タオルで口を押さえている状態に。

うーんこれじゃ
ブルース先生のマッサージは、
やはり見送ろう。

私がマッサージ店に入ったすぐ後。

客引きをしていた女性が、
入り口を示して、
「トゥゲザー?」
と言うので、

入り口を見ると。

ガラスのドアの正面に立ったままの男性が。

もちろん私の知り合いでも何でもありません。

マッサージ店を見繕う旅行者らしいです。

お店の人に客引きして欲しいのに、
客引きのスタッフが私と一緒に店に入ってしまったたので、
ドアの正面に立ち尽くしているらしいです。

私が「知らない人です。
お客さんじゃないですか?」と
言うと、
お店の人が中に招じ入れました。

日本人のおじさんでした。

客引きされないと、
入りにくいのでしょうか?


ところで、
マッサージ店では、
客引きのスタッフは
マッサージ師さんとは別の、
受付や客引き担当の
スタッフである事も多いです。

お客の心理としては、
若くて経験の少なそうな人より、
熟年の、
経験を積んでいそうな人にマッサージして欲しくなりますが、

店の前でチラシを配布している人を見るだけでは、判断が難しいです。




















[PR]
by leea_blog | 2016-08-04 20:02 | Comments(0)