2018年 05月 23日 ( 1 )

転地療養まもなく終了


明日帰国だ。


ゴッドハンドのB先生には、

4回診てもらった。


一回の施術終了ごとに、

歩いたり、

日常生活をしてみて、

他の不調などをまた相談する。


B先生は、

日本で言えば、

マッサージと整体の総合のような感じだが、

台湾的には、

気功師というらしい。




マッサージ後、

エレベーターの鏡に映った自分の姿勢に、

びっくりした。

姿勢が良くなっている!



関節の可動範囲が広がったし、

骨盤のズレは治ったし、

精神的なストレスが原因の、

色々な不調も、

改善している!



ありがとう! B先生!


精神的に、

我慢し過ぎるのが、

かなりのストレスになっていると指摘を受けた。



パワハラで寝込んでいる為、

まさにその通り。




ウチで待っている、

布袋戯の木偶は、

メンテナンスが必要な人たちだ。



人間にも、

メンテナンスが必要なのだった。




この地は、

外食文化だ。



日本だと、

外食は、贅沢の部類だが、

ここは、

外食産業が、

人々の日常を支えている。



お値段手頃で、

美味しいもの、

身体に良いものがたくさんある。



毎回、

転地療養すると、

食生活の見直しの必要性を痛感する。

食べ物が身体を作るのだから。


これが、続かないんだな。。。

東京だと、

身体に良い食生活をしようとすると、

自炊する必要がある。

鬱系の人には、

自炊は、大変な重労働だ。


食材が、

鮮度悪くて不味くて高いし!




食生活は、帰ってからまた考えるとして。


e0016517_14401821.jpg

ホテル近くの、台生飲食亭の、

豚足ごはん、100元。



巨大な肉の塊と、色々なおかずが、

てんこ盛りになっている。



肉以外のおかずは毎日変わるため、

毎日食べても飽きない。




e0016517_14434776.jpg
ホテル近くの果物屋の、

ライチ。

72元。


暑い時期は果物が本当に美味しい!










[PR]
by leea_blog | 2018-05-23 13:10 | Comments(0)