2018年 07月 16日 ( 1 )

陋屋日記・復帰二週間が経過



パワハラ問題が解決しないまま、

職場復帰してから、

二週間を乗り越えた。


外見は、

「意外と元気そう」、

実際は、

「貧血寸前」だった。



本当は、

色々とコツも有り、

鬱症状から職場復帰に回復中の人の参考になるような事も、

書きたかった。

が、

また別の日に。





二週間乗り切れば、

三連休が待っている、

そこでひたすら休憩、

と思ったのだが、



なかなか危機であった。


一つは、薬が切れた事。


クリニックが夏期休暇に入る為、

(医師はアイスランドを満喫中である)

薬を多めにもらっていたので、

気が緩んで、

処方箋をすぐに薬局に持って行かなかった。


ようやく持って行ったところ、

処方箋の有効期限が切れていた!



処方箋に有効期限がある事を、

私は知らなかった!!!



クリニックは休診だし、

薬が無いと、

翌日の夕方を過ぎても眠れず、

体温がガンガン下がって行き、

下痢と吐き気と貧血が始まる。



ドラッグストアで適当な市販薬を買って、

一瓶一気のみしたら眠れるかも知れない?

と、真剣に考えた。

市販薬なら、大量に飲んだところで、

永遠に眠る事は無いだろうし。




家に帰り、

薬の在庫をチェックしたところ、

高熱が出ているときなどに飲まなかった在庫、

緊急用に取っておいた在庫が、

わずかながら見つかった。


量を減らして、

木曜、金曜、としのいだ。



それに加えて、

日本を覆う、

命の危険レベルの猛暑である。



薬を緊急に減らして睡眠不足なところに、

異常な暑さで、

ただでさえ衰弱していた私は、

物を食べると吐き気に襲われるようになった。



な、夏バテだ。。。。


あるいは、熱中症の軽い症状なのかも知れない。



もう駄目かも知れない、と思いつつ、

土日を寝て過ごし、

祭日の今日は、

「寝てばかりでは出勤用の筋肉が落ちる」、と、

美容院に行って来たところだ。



明日は、仕事が終わったら、

クリニックに直行し、

処方箋をもらわねばならない。




美容院の、

鏡の脇の黒板に、

英語で、

眠る、食べる、運動する、

と、健康に必要な事が書き出してあった。



ぜ、全部足りていない。。。



ところで、

私にとって、

煙草は健康のバロメーターだ。


どれほど高熱が出ていても、

煙草を吸いたい時は、

余力があるとわかる。



本当に駄目な時は、

ニコチン中毒の私のはずなのに、

煙草が不味く感じられるのだ。



帰りに喫煙所で煙草を吸ったところ、

嫌な味がした。


おとなしく帰宅して、

ひたすら横になる事にした。








[PR]
by leea_blog | 2018-07-16 14:32 | Comments(2)