人気ブログランキング |

2018年 12月 31日 ( 1 )

転地療養日記 大晦日

e0016517_18415624.jpg

お祝いの桃をかたどった、パン。
25元。


大晦日です。

元旦の便で成田に到着予定です。


今年がもうじき終わり、
新しい年がやって来ます。

そんな夜は、
やはり、厳粛な気分になります。



ゴールデンウイークまで闘える体になれたのか、甚だ微妙ではありますが、
無事転地療養をおえられました。

到着した時が、
悲惨でしたから、

何とか持ち直しただけでも、
大きな成果と言えましょう。

ゴッドハンドのB先生と温泉のおかげでございます。

一月のクレジットカードの請求金額を見て、
さーっと青ざめております。

そんな世俗の心配が出来るようになったのも、
回復の証です。
それどころじゃ無かったです。

働けば何とか払えます。

働く為に資金を投入して、
体を壊して、
また資金を投入。。。

何のために生きているのか
わからないじゃん!

と、
通りすがりの皆様は思うでありましょう。

ワタクシも疑問に思います。

寝込んでいる間、
色々考えてみましたが、

資産も起業のセンスも無い人は、

大抵こんなものではなかろうか。

お釈迦様の時代から、
生きるという事は、
苦でありました。

脱したければ、
悟りを開かなくては!


しかし、働くと、
経済面の悩みが減ります。

経済的に何とかなる、
という事は、

選択の自由を手にする、
という事でもあります。

これは重要なことではありますまいか。

学生時代、貧乏で、
本や絵の具を買うのも大変だった、
トラウマで、
家が本で埋まっていたりします。

子供の頃、
好きな本に囲まれて生活したい、
と思いました。

叶っているじゃん!


働けば、
次の詩集も、
だせるかもしれない。

いや、しかしね、
詩集出すのにお金かかりすぎでしょう。



本年はお世話になりました。

来年も、

どうぞよろしくお願い申し上げます。







by leea_blog | 2018-12-31 18:17 | Comments(4)