2019年 01月 07日 ( 1 )

新年 馬鹿日記

ウチには、
台湾の布袋戯の木偶が二人居る。

人形とのバカップル振りを、
後の創作のネタにでもしようと、

そして、「人形愛」の考察の一助として、
赤裸々に綴るのが、
「馬鹿日記」シリーズである。


年末年始は、
海外で転地療養をした。

木偶たちが電話に出られるとしたら、
私は毎日国際電話をしていただろう。


素還真と宮無后が居る我が家は、
どれほど狭いわび住まいでも、
「スイートホーム」である。

盗まれもせず、
壊れもせず、
無事に留守を守っていてくれた二人に、
感謝した。


ところで、
ウチの宮無后は、
愛情表現が大変きめ細かい。

私の腕をぽん、と、叩いたり、
私の頭に手を置く→肩に触れる→腕に手を添える、の、
一連の流れをこなしたり、

手の平を私の方に向けてもたれかかって来たり、

此の世にボディタッチをして来る人形が居るとは、
今まで考えたことが無かった。




そして。

世間の人形は、持ち主の思い通りになるのかもしれないが、

ウチの木偶二人は、
元々の性格設定や、
育った環境が有る為、
私の思い通りになる訳ではない。

今日は、
宮無后の好物、干し柿を買ってきてお供えしたのだが。。。


写真をあまり撮らせてくれないのである。

e0016517_21433097.jpg

りーあ「無后や。これは、日本の干し柿ですよ。
    良い子で留守番していたから、ご褒美です」



e0016517_21433817.jpg

宮無后「公主は毎年、柿餅を買ってくださいます。
    最初の年は、そのお心遣いが嬉しすぎて、
    不安でした」

りーあ「嬉しすぎて不安!!!」

宮無后「無后の人生では、
    嬉しい事は続いたためしが無かったのです」

りーあ「もうそんな心配は要らないのですよ」



e0016517_21435083.jpg

宮無后「公主。写真はもういいでしょう。」


この後スナップを何枚か撮ろうとしましたが、

無后は協力する気全く無し!。

抱き上げた右腕をぽん、と叩いたり、
もたれかかって来たり、
手を差し伸べて来たり。

はいはい、
写真はもう止めますよ、、、、

ということで、

膝に無后を座らせたまま、
これを書いています。。。。。







by leea_blog | 2019-01-07 22:39 | Comments(2)