人気ブログランキング |

2019年 06月 01日 ( 1 )

のんびり台北散歩・傷心のカフェラテ

e0016517_23280101.jpg


黄金週間の台北のカフェで。


言葉の分からない私には、

時々、注文した物と違う物が出て来てしまう。



台湾慣れしていない頃は、

メニューがあっても、

一々メモ用紙に欲しい物を書いてお店の人に渡していた。



事務用品の「付箋」が、

使い捨てのメモとして大いに役立つ。



リピーターをしているうち、

そうした心がけが薄れて、

メニューを指差して注文するようになった。



すると。

上記画像のカフェラテは、

本当はブラック珈琲を頼みたかったのだ。



お会計がブラック珈琲より高かったので、

変だな、とは思った。


席について蓋を開けてみると、


ラテアートされたカフェラテだった。。。。。



お店の人は、私に、

「ブラック珈琲?」と

確認して来たのに、

なぜかカフェラテ。



悲しい私の心をあらわすように、

ラテアートのハートが歪んでいる。




猪脚弁当を食べに店に入って、

メニューの「猪脚弁当」を指差してお願いしたのに、

「鶏腿」弁当が出て来たり、。。



鶏腿も美味しかったから良いのだけれど、

美味しい鶏腿は日本でも食べられる。


美味しい猪脚は、

日本ではなかなか遭遇出来ない。





「中国語が話せないけど、

正確に注文したい!」と思う旅人は、

マメにメモを書いて、

お店の人に渡しましょう。



屋台とかでは、

メニューをスマホで撮影して、

画像を拡大して欲しい物を提示するのも良いですね。









by leea_blog | 2019-06-01 23:57 | Comments(2)