人気ブログランキング |

2020年 02月 03日 ( 1 )

笄(こうがい)の使い方・後ろに飾る



アンティークの櫛を買うと、櫛と笄がセットになったものがよくあります。

櫛は皆さん使うでしょうが、
笄は、棒状で、現代の服装・髪形では使う機会が無い、と、思いませんか?


眠ったままではもったい無い。

今回は、笄を使って、
後ろ姿に彩りを与えてみました。


いつか、使い方の図解でも載せたいですが、
とりあえず、写メを。   

 ↓ 後頭部です。帯じめを使ってみました。


笄(こうがい)の使い方・後ろに飾る_e0016517_12540147.jpg

後頭部に、リボン状になった帯締めが垂れ下がり、
かわいいです。



難点は、私のように髪が少なくて細い人ですと、
帯締めが重く感じる、というところです。



オーガンジーのショール?マフラー?を使って、
同じように笄に絡めて結んでみました。


幅広のリボンを使うと良いでしょう。



笄(こうがい)の使い方・後ろに飾る_e0016517_12534010.jpeg
わかりにくいですが、横に飛び出している黒っぽい棒が笄です。


これなら、洋装にも合いますね。


笄は、髷の上部に使うのと、

今回の画像のように、
髷の下で使うのとでは、

仕上がりに変化が出ます。


私は、髷の上に簪か櫛を挿しますので、
髷の下で結んで後頭部に垂らしました。



色々トライしてみましょう。








by leea_blog | 2020-02-03 13:10 | Comments(2)