人気ブログランキング |

2020年 03月 26日 ( 1 )

馬鹿日記・歌合わせ人形問答



話は、2月の転地療養に遡る。

Twitterで、友人のリプを短歌っぽくしてアップしたところ、

書物の樹海で留守を守っている、

賢人人形と、やきもち焼きの妻?が見ていたようだ。


(家内は、前世でいつも一番に愛されてきた。

やきもちは、未経験の感情で、本人も対処に苦慮しているようだ。

生霊となって、被害をもたらす。。。。)






素還真
「無后さん。公主が短歌を作ったようです。

無后さんも、反省の気持ちを短歌にすると良いですよ。

公主がお戻りになったら、見せるのです。

短歌は、目に見えぬ鬼神をもあわれと思わせ、男女のなかをもやわらげると言われています」


馬鹿日記・歌合わせ人形問答_e0016517_00001045.jpeg

馬鹿日記・歌合わせ人形問答_e0016517_00004325.jpeg
宮無后
「短歌など一度も作ったことがありません」

素還真
「素某が手伝います」





りーあ帰国。

宮無后
「公主。ご実家の被害は、申し訳ないことをいたしました。

公主に冷たくされ、抱っこもなし、エアキスもなし、お声をかけても空返事、の日々は、

とても寂しうございました。

無后は、公主なしでは生きていけません。

雲林の本尊は、作りが全然違います。

やきもちを焼くなど、どうかしておりました。


本心を、短歌にしました。


薔薇の人 来れ 波頭を押し分けて

かぎろひ籠る 書物の樹海 」



りーあ
「えっ、無后が短歌?意外な展開ですね。

初めてにしては、上出来すぎです」


宮無后
「素還真様に手伝っていただきました」


りーあ

「来れ、波頭を押し分けて、というところが、モスラの幼虫が波をかき分けて東京を目指すシーンを思い出すわ。」


宮無后
「時々、モスラの歌を歌っておられるでしょう?

薔薇の方を歌で呼び寄せたら良いでしょう。」



りーあ
「でもね、雲林の本尊木偶は、霹靂社の財産なの。

うちへは絶対に来ませんよ」


宮無后
「もし、薔薇の方が、公主を好きになっても、来ないのですか」

りーあ
「来ませんよ。

薔薇の人は、温度と湿度が管理された場所で、

大切にされて暮らしているのです。

1ファンの家に来てはいけないのです」




宮無后
「本当に来ないと分かれば、いくらでも続きの短歌が作れます。


薔薇の人 薫る闇路を辿り来よ

書物の樹海に 公主は眠る



梅薫る とばりの闇をかき上げて

 逃れ来るべし あの薔薇の人



薔薇の人 愛知りたくば逃れ来て

書物樹海の 闇に倚り来よ



如月の 薔薇よ 闇夜を 逃れ来て

  女人の腕に 抱かれて眠れ」




りーあ
「どうせ来ないとわかっているから、来てください焼きもち焼きません、をアピールするのですね。

じゃ、私も歌を作ります。


霹靂に 抱かれて眠る 薔薇の人

今ひとたびの 会うこともがな



桃園に 降り立ちてより 雲林の

薔薇の正午に 引き寄せる罠


どう?こういうのも、嫉妬の感情は起きませんか?」


続く
















by leea_blog | 2020-03-26 00:29 | Comments(2)