<   2018年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

池袋のフクロウカフェ・あうるぱーく



まれびと冊子「揺蘭」執筆人、

横山克衛氏と池袋でお茶をした。


氏は、詩人であり、画家でもある。




私の、ささやかながら職業的な助言が必要なのかな、

と思ったのだが、

急ぎではないようだし、

普段会う機会もなかなか無い為、

気楽なトークとなった。


お茶の後、


サンシャイン通りにあるうさぎカフェに出掛けた。

予約無しだと一時間ほど待たなくてはならない。


うさぎカフェはまたの機会にして、


ふくろうカフェに行く事にした。




うさぎカフェもふくろうカフェも、

一人ではなかなか入りづらいので、

誰かと散歩している時に入りたかったのだ。



西口にある、

「あうるぱーく」というふくろうカフェに行った。


雑居ビルの奥という、

なかなか謎な場所にあるが、

土曜日という事もあり、


大変混雑していた。




こちらは、

予約無しで入れた。




一人1200円。

時間無制限!


e0016517_21171762.jpg

凄いふわふわである!


ふくろうの魅力は、

目の表情の豊かさにある。


賢い生き物、という雰囲気で、

たたずんでいる。






店員さんに頼むと、

レザーの手袋を貸してくれて、

腕に載せてくれる。




どうみても、

「怪しい熟女」にしか見えないが、

店員さんが撮ってくれた写真が、以下。


けっこう大きい。

小さいふくろうも、居る。



e0016517_21170884.jpg


e0016517_21181313.jpg
みみずくもいる。↑

ふわふわ、もこもこ!


目を細めているところ。



e0016517_21165812.jpg

メンフクロウ。

顔がお面のようだから、

メンフクロウというのだそうだ。




e0016517_21172928.jpg


この店には、

ハリネズミもおり、

ハリネズミとのふれあいには、

行列ができていた。



お客さんは、

年齢性別は多様だが、

一人で来ている人は、

やはり居なかった。。。




店員さんの対応が、とてもきめ細かいし、


ふくろうも沢山居るので、

一人出来ても、

楽しめるであろう。


が!


私のように気が弱い動物フェチは、


一人だとこの手の店には入りづらい。



e0016517_21403434.jpg
か、かわいい!




e0016517_21172454.jpg


撫ででもいい個体と、

手乗りのみ可の個体がいる。



ペット不可のアパート暮らしで、

動物に飢えていた私としては、

時間を忘れて楽しめた。






















[PR]
by leea_blog | 2018-06-30 21:51 | Comments(2)

医師の診断書、追加版出た



JAXAが、

惑星探査機ハヤブサ2の、

小惑星リュウグウ到着を発表した。




初代ハヤブサの地球帰還は、

多くの人に感動を与えた。



当時、職場にて。


りーあ「ハヤブサが帰って来るよ!」

同僚「ハヤブサって、何?」

りーあ「惑星探査機だよ!」

同僚「ふーん。誰が乗っているの?」

りーあ「無人だよ! 無人の惑星探査機が帰って来るところが凄いの」



ありゃ〜!!!

知られていないなあ、ハヤブサ。

と、思ったものだ。



だが、

感動した人は多かったようで、

ハヤブサの打ち上げから帰還に関する映画が、

三本も製作された。




ハヤブサの帰還までには、

それはそれは、

もう駄目なのでは、というトラブルが沢山あった。




それらを、

知恵と技術と執念で乗り越えた関係者、凄い。


耐えたハヤブサ、凄い。


ハヤブサは、

大気圏再突入で流れ星のように燃え尽き、

小惑星イトカワのサンプルが入ったカプセルは、

燃え尽きずに、

極めて正確な位置に無事落下した。




今日は、

ハヤブサを語る日記ではない。



主治医から、

軽減勤務に関するコメント入りの診断書を無事にもらえた。



色々難関が控えているが、

もう、それらは復帰後に後回しにして、


今は、

復帰に向けた体力調整に入りたい。




パワハラで寝込んだわけだが、

問題が解決しないまま、

復帰する事もあり、

内心は、

「トホホ。どうなるのであろう。。。」である。。。






直前まで揉めて、

精神的に、もの凄く疲れた。





ハヤブサ2の、

リュウグウ到着の良いニュースとともに、


私の経済生活にも、

良いか悪いかまだわからなくても、


取り合えず、

良さそうなニュースを付け加える事が出来た。











[PR]
by leea_blog | 2018-06-28 21:59 | Comments(4)

難題は持ち越し・馬鹿日記風味・一見普通の社員、実はバッグの中身が。。。



ふうー。

産業医との面談が終わった。



軽減勤務からスタートする事がほぼ決まった。

後は、

明日、主治医の最終許可が出れば、

7月から職場復帰できる、、、

ような、

流れになって来ている。





難題過ぎて、

この期に及んでまだ流れが見えない事が沢山ある。




今考えると、

ストレスで寝込みそうだし、

悩んでも今からではどうにもならない。




なぜなら、

今日は27日で、

6月はもうあと三日しかない。




そして、

今週一杯、相談しようにも、

直属の上司が居ないようだ。




つまり、

私が悩んでも何も変わらない。




悩んで解決する事なら、

いくらでも悩むが、

悩んでも解決しない事を悩むのは、

ただ脳がストレスホルモンを出すだけで、

何も変わらない。。。。





それにしても。


面談の場所の最寄り駅で、

煙草とコーヒーを補給しながら、



心細い私は、

バッグからポーチを取り出して、

テーブルに置いた。


e0016517_18083463.jpg


タイシルク製の、

アクセサリーポーチである。



ファスナーを開けると。


e0016517_18081109.jpg


素還真のフィギュアが入っている。




アクセサリーポーチなだけに、


内容物が壊れにくい構造になっているので、

お守り入れに使ってみたのだ。



e0016517_18084643.jpg



以下も持って来た。


e0016517_18082876.jpg


薄い樹脂で出来た、

素還真のコースターである。




紙と違い、

樹脂製なので、

丈夫である。


持ち歩きやすい。








決断力と交渉力を要するお仕事系のお守りは、

素還真に限る、、、。






本当は、


お守りには、

手の平サイズの球体関節人形が欲しいところだ。





しかし、


この人たちの球体関節人形は、

まず、

顔と衣装を作ってくれる人を探すところから始めなくてはならない。。。





仕事に間に合わないので、


応急処置で、


フィギュアとコースターを、


こっそりバッグに忍ばせて来たのだ。











もう一人うちに居る、


宮無后の方も、


幼い頃から過酷な環境に耐え続けたから、


意外と、

社畜のお守りになるかも知れない?




e0016517_19041459.jpg


「いつか殺す」と腕に磨きをかけつつ、

機会を狙うようなタイプの人には、

お守りになるかも知れない。。。。




最後には自分も自殺してしまう、という、

バッドエンドでよろしければ。。。。。






こういう人たちでプチ幸せな気分になれるなんて、


端から見ると、

気持ち悪いであろうが、


有り難い事だと思っている。

































[PR]
by leea_blog | 2018-06-27 18:42 | Comments(0)

産業医との面談・仕事着のしんどさ



明日は産業医との面談だ。



薬のせいと運動不足で、
太った。


仕事用のきっちりした服が、

軒並み入らない。。。。



スーツを買いに行こうにも、

現在のうちの業界の仕事着のトレンドが、

判らない!!!!




オフイスでみんなさりげなく着ている服だが、

女性は、

選択肢が多い分、

選ぶのはけっこう気を使っているのだ。。。




年齢に合っているか、

トレンドに合っているか、

季節に合っているか、

仕事内容に合っているか、

ビジネスシーンに合っているか。。。。



目立ちすぎないか、

気を使っていないように見られすぎないか、

高価な服に見られすぎないか。




実際、

仕事で着る系の服は、

高い。。。。



しかも、季節や、

ビジネスシーンに合わせて、

何着も揃えないとならない。。。。




トレンドがあるので、

ずっと着られるわけでもない。




復帰出来るとお墨付きをもらえれば、

仕事ですから、もちろん、

買いに行きますよ。




今の時点で、

どうなるのかが判らない状態では、

高価な服を揃えるのが、

心理的に痛手で、


今夜を迎えてしまった。。。




何でこんなに悩んでいるかと言うと。。。

新しく赴任した女性の庶務課長と、

先日面談したのだが、

とても似合ったスーツを着こなしていた。



自分の手持ちの服が、

すっかり今の職場トレンドから外れていると判ったのだ。




気づくのが遅過ぎる。


いやいや、

正直、

こんな直前まで揉めなければ、



今頃は、

着て行くスーツも揃えて、

体力調整でもしていただろう。。。。。



そもそも、

産業医は、

私にどういう質問をして、

どういう所で働けるとか、

働けないとか診断するのだ???



しかも、

短い面談時間で!




そういう心配をするのには、

実のところ、根拠が沢山ある。




が、


精神衛生に悪いので、

今は考えない事にした。







[PR]
by leea_blog | 2018-06-26 21:53 | Comments(0)

馬鹿日記・  宮無后・ザ・歳上キラー




梅雨の晴れ間。


布袋戯の木偶たちの髪の手入れをした。



宮無后「立つとお外がよく見える!」



e0016517_19034709.jpg


e0016517_19035981.jpg




りーあ「無后や。

あまり窓に近寄ると、

紫外線を浴びてしまいますよ。

人間にも、人形にも、

直射日光は禁物です」




髪フェチのワタクシとしては、

この後ろ髪がとても好き。。。




キッチンから居間に戻ると、

こういう人が立っている。。。。





e0016517_19040704.jpg




宮無后「公主、お疲れでしょう。

無后の胸で休息なさいませ」





e0016517_19041459.jpg

りーあ

「無后。

ずいぶんサービス精神が発達しましたね」




宮無后

「そんなことはありません。

元々、歳上の女性を癒して差し上げたい願望がありました。

煙都では、

その思いが実現しなかったのです」







夏になると、汗が木偶に付くと困るので、

接近回数が減ります。






さりげなく素還真の髪に触る宮無后。


宮無后「素還真様。

綺麗な御髪ですね」




e0016517_20373695.jpg



素還真は、

半分、神仙の人なので、

私のように悩殺されません。。。
















[PR]
by leea_blog | 2018-06-24 19:27 | Comments(2)

エッセンシャルオイル・精油の力 植物界



エッセンシャルオイルを買った。

ユーカリプタス。



部屋が、


ユーカリの天蓋付きベッドのように香気に包まれている。





網戸が壊れている。

安普請の賃貸アパートのため、

経年劣化といったところだ。



書物の樹海過ぎて、

部屋に修理の人を呼べない。


網戸が無い状態で、

カーテンだけ引いて、

窓を開けている。



夏は、恐ろしいものが入って来る。


蛾だ!


理屈抜きに、恐ろしい。

小さくても、

弱々しくても、

一匹でも、

駄目である。。。



蚊なら、

防虫マットで死んでもらえるが、

蛾にはあまり効果が無い。


窓にぶら下げるたぐいの、

防虫剤を買いに行ったが、

説明を読んでみると、

蛾には効果があるのかどうか判らない。



ネットで調べると、

効果を感じないと書いている人、多し。



そこで、

虫が嫌うエッセンシャルオイルを買う事にした。



ミント、ラベンダー、ユーカリ、

色々有る。


ラベンダーは既に持っている。


ミントは、

鉢植えにしてベランダに沢山置けば、

虫除けになるかな?と考え、

ミントを育てている友人の息子さんに聞いてみた。


虫には、ミントの鉢植えは、即効性が無いようだった。



そうしたわけで、

ロフトにでかけ、

ユーカリを買う事にした。




精油・エッセンシャルオイルを買おうかどうか迷っている皆さん!


是非、

各社の精油を、サンプルで実際、匂いを嗅ぐ事をお勧めします!



なぜかと言うと。


初めて買う精油、で有名な、

ラベンダー一つを取っても、

生える土壌によって、

全く香が違います。




ロフトや東急ハンズ、

アロマテラピー系の店には、

何社か取り揃えてあり、

各社の精油を実際嗅いで、

選ぶ事が出来ます。




「良いにおいだ」と思ったら、

それは、

そのエッセンシャルオイルが、

あなたに必要な成分を含んでいるという事です。



食べ物と同じ。

体が必要としているものは、

美味しく感じるのと同じですね。



そのようなわけで、

La Fleur の、ユーカリ グロブルスを買った。



免疫力を高めて、

殺菌効果も期待出来ます。




小さい蝋燭で下から暖めて、

空中に成分を放つ用法がよく使われます。



今年の夏は、

もう、

絶対、虫に部屋に入ってきて欲しくないので、

カーテンに直接、

三滴ほど垂らしました。




部屋の中にも、

香が広がります。



微風でカーテンが揺れる度に、

香も揺れます。




まるで、

香の天蓋付きベッドにいるようです。







[PR]
by leea_blog | 2018-06-23 21:32 | Comments(2)

馬鹿日記・困ったときは、素還真が頼り

e0016517_23073244.jpg

賢人、素還真を、

無后を撮るような視線で撮ってみた。



「可愛いね〜」的な?





素還真は、


「可愛い系」ではなく、

「美人さん」系だが、

こうして見ると、

けっこう可愛い系もこなせるのだな、と判った。





りーあ「ねえ、素還真。

ピリみたいに、

腹黒い人たちの渦巻いている世界に戻って行かなくちゃなんだけど、

正直、

自信がなくなりそうです。。。。」





素還真「職場に素某をお連れになれば良いではありませんか?」



りーあ「デカい布袋戯の木偶を抱いて、

出勤したら、

頭が疲れていると思われて、

休養を命じられちゃうわよ〜」




素還真「小さいサイズの球体関節人形を注文なさり、

職場の机の引き出しに隠しておくのです。

お辛い事があったら、

引き出しを開けて書類を出す振りをなさって、

素某にご相談なされませ」



りーあ「それはナイスアイデア!、

と、言いたい所だけど、



無后だけじゃなくて、

素還真のBJD(球体関節人形主にミニサイズ)も、

注文しなくてはならないのか〜〜!!!

マジで〜???」
















[PR]
by leea_blog | 2018-06-20 23:58 | Comments(2)

「揺蘭」そろそろ今年号の準備を。。。



友人から、

次号の「揺蘭」の話が出た。



次号揺蘭に、

私の作品の挿絵として、

デジタル画像で参加したい、とのお申し出である。





「揺蘭」とは、

幻想詩を中心とした、

総合表現誌である。



編集人としては、

毎号、「永久保存版」的な内容だと思う。



編集人の私が、

パワハラで寝込んでいたため、


執筆を考えておられる執筆人方への、

根回しが全く出来ていない。。。




そろそろ、

「いかがですか〜」と、

地下秘密会議をしていかないと。



そのようなわけで、

一年に一回、

まれびとのように日常に滑り込む冊子、「揺蘭」、


年内に出したいと思っている。









[PR]
by leea_blog | 2018-06-20 21:27 | Comments(2)

パワハラ日記・続報・とりあえず



新しく赴任した、S庶務課長と、

適用課のH課長と、

三人で面談した。



うーん、微妙だ。



パワハラ相談担当の一人、

庶務係長が、

なかなか悪な林係長が去った後に、

新しく任ぜられたのが、

私の挨拶も無視していた、Kさんだったのだ!!!



新しい庶務係長がKさんだとはしらず、

3回ほど連絡メールを入れたが、

すべて無視された。


今日、それを庶務課長に指摘した所、

S庶務課長が、そう指示をしていたとわかった。。。



いやいや、

「庶務課長に引き継ぎます」とか、

「庶務課長に伝えました」とか、

一言でも良いから返信してくれないと、

診断書の提出期限もあるんだから、

私が困るの、分かっているでしょう、。。。。





そもそも、

悪意をもたれるほど親しいわけでない社員が、

私を無視する場合、

私に関するネガティブな話を事前に吹き込まれたか、

上司から「無視しろ」と指示が出ているか、

どちらかである。。。


  ↑

毎度の事だが、

被害妄想ではない。



私に関するネガティブな話、とは、


「西野が生活に困って違法な支給を頼んだ。

違法だったが払ってやった。

なのに訴えられちゃったよ」、


的な話である。



言うに事欠いて、

違法支給を私が依頼した事にされるとは。


それがもし嘘じゃないなら、

私はとっくの昔に、

懲戒解雇されてますよね?



嘘は、ついている側の話が、

指摘されるとまた嘘を塗り重ねて行くため、

矛盾だらけになるのだ。。。







管理職が流す噂を、

ただの主任に過ぎない私が打ち消して廻るのは、


不可能だ。



今はあまり深く考えず、

復帰してから抗議しよう、。、、









[PR]
by leea_blog | 2018-06-20 20:30 | Comments(2)

パワハラ日記・診断書は出たが



パワハラで寝込んだ社員が仕事に復帰出来るか否かなど、

受け入れ態勢いかんである、

という所まで過去日記に記した。


その後、

取り敢えずは。

復帰可能の診断書が出て、

庶務に提出した。


「職場の受け入れ態勢が整えば復帰可能である」。



あす、

新しく赴任したS庶務課長と面談する。。。。


庶務課とは信頼関係が無いため、

正直な所、

内辞が出るまでは、

庶務課長とは会いたくなかった。




パワハラ・セクハラで寝込んだ社員には、

復帰してもらいたくないのが、

どこの会社でも本音であろう。



組織の暗部の被害者だから、

他の社員に話を広められては困るのだ。



自分のミスを埋めるのに、

社員を退職させて退職金を充てようとするような組織だから、




過去日記をお読みの方は、

「会うなら内辞出てからにしろ!!!」と、


一斉に叫ぶのではないだろうか。






「受け入れ態勢など無いです」と言われたら、


日記のネタになる位の気持ちで、


出掛けます。







[PR]
by leea_blog | 2018-06-19 21:46 | Comments(0)