<   2018年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

台北だらだら日記


暑い。

昼間の台北は、
熱中症になりそうな暑さである。


朝夕は過ごしやすい。

ホテル近くの、
台生飲食亭で、
いつもの豚足ご飯を食べて、
力をつける。100元。

e0016517_16154082.jpg

肉が巨大だ。
おかずがメインで、
ご飯は下の方に埋もれている。

ちなみに、
通う人の為に、
肉の周囲のおかずは、
毎日変わる。


転地療養なので、

食べる、寝る、

適度に、歩く、

そして、
B先生に診てもらう。



B先生はもはや、第二の主治医といった感じである。



昨夜は仙台から、
国際電話での予約が入ったそうだ。

仙台から国際電話で予約か!

みんな気合いが入っているなあ。



B先生が言うには、
その人は
メールが苦手な人なのだと思う、
との事。


私のように、
転地療養とピリが目的なら、
時間の余裕があるが、


観光もマッサージも、
短い期間で充実させたい、
という人は、
マッサージの予約も、
重要事項だ。


どうしてもその先生じゃなくては困る、
という人は、
予約も気合いが入るだろう。



袖珍博物館を再訪した。

e0016517_16314640.jpg

この看板の背景は、
何処かの宮殿の部屋に見えるが、
実はミニチュアである。

袖珍博物館は、

東洋一の、

ミニチュア、ドールハウス博物館なのだ。

e0016517_16342906.jpg

後日、詳細をアップします。





[PR]
by leea_blog | 2018-09-19 16:02 | Comments(0)

夏の北投温泉と、初めて食べるタイプのマンゴー

e0016517_18435442.jpg

熱中症になりそうなくらい、
暑い。

↑生搾りの西瓜ジュース、35元。

北投温泉の、
瀧乃湯に出掛けた。

源泉が、とても効く。

温泉の成分が、
身体に化学反応を引き起こす感覚である。


冬なら瀧乃湯に通うが、
いかんせん、
今は、
暑すぎて、
ヘトヘトである。


瀧乃湯までたどり着くのに汗だく、
温泉で汗だく、
帰り道も汗だく。

体の水分が無くなってしまう。


北投温泉は、
ラジウム泉。

成分が全く同じでは無いだろうが、
日本では、
効くので有名な、
玉川温泉と同じだ。

効きます。



e0016517_18512382.jpg



↑ 今日のマンゴー。
ふ、太っている!!


今日のマンゴーは、
初めて食べる種類だ。

りんごに似たシャキシャキした歯応え。
こういうマンゴーもあるのか。


80元のところ、
値下げで39元で売っていた。
すぐ食べるから
値下げ品で充分です。

というか、安すぎでしょう、、、


ところで!
台湾はパイナップルも大変美味しいし有名だが、
果物屋やスーパーに、
安価なフィリピン産が沢山進出していた。


旅行者は、
台湾に来たのだから台湾産を食べたい、
という人が多いであろう。

買う時は、
産地をチェックしましょう。








[PR]
by leea_blog | 2018-09-18 18:43 | Comments(0)

布袋戯 手のひらの宇宙

e0016517_09115588.jpg

台北。

苦茶を買いに行く通り道に、
史跡の、
剥皮寮がある。

昔の街並みが、
資料館として整備されて残されている。

休日は、
沢山の人出だ。

人混み、嫌だな、と、
皆さん思われるであろう。

が、休日は色々なイベントが行われて、
地元のひとが楽しんでおり、
台湾の日常の、
良いひとこまである。

左右を眺めながら通り抜けようとすると、
展示の一つに、
布袋戯があるのが目に入った。


霹靂の源流の、
昔ながらの布袋戯である。


上記写真が、
舞台だ。

金色と赤で、キラキラして、
気分を盛り上げてくれる。


e0016517_09225111.jpg

人形と、首。

裾から手を入れて、
動かす。
手のひらサイズだ。


舞台に沢山の窓や出入り口があるのがご覧になれるだろう。

カーテンの掛かった出入り口から、
すごい速さで人形が出入りしたり、
窓に現れたり、

時にはすごい勢いで、
窓に向かって放り投げられたりもする。

スピード感と躍動感に溢れている。

e0016517_09242934.jpg

小さな、気品のある女性。やし

下は、小指の先ほどの、
小さな小さな、人形の靴。
形が可愛らしい。


e0016517_09264039.jpg


下は、
衣装箱。

衣装を吊るして、沢山収納してある。
これなら、持ち運んでもシワにならない。
e0016517_09283016.jpg

旅の技芸集団の様子が、
浮かんでくる。








[PR]
by leea_blog | 2018-09-18 09:10 | Comments(0)

馬鹿日記ー行っていらっしゃいませ、の二人

e0016517_21512625.jpg

転地療養に出掛ける朝の、
うちの人たち。

埃除けの布をめくると、

行っていらっしゃいませモード全開になっている二人だった。


e0016517_21575583.jpg

ポーズをつけたわけでも無いのに、
手が旅の秘策を授けてくれるみたいになっている。

e0016517_22002476.jpg

宮無后の方は、
目がいつもより色っぽい。



二人の見送りが、
順調な旅を暗示していた。


着いた当日は、

日頃の蓄積疲労で、

身体中が痛かった。


気功師のB先生に診てもらった。


右足に体重を乗せられない、

腰の位置がずれている、

首の周囲が痛い、

その他伝えると、

大分治してくれた。



右足にも体重を掛けられるようになった!



精神的なストレスで、

体のあちこちが悲惨な事になっている。
















[PR]
by leea_blog | 2018-09-17 21:50 | Comments(0)

マンゴー、霹靂直営店、苦茶

e0016517_18462753.jpg

マンゴー、125元。
大きい!

台湾は、
果物も、本当に美味しい。

果物屋では、
大抵、
一斤幾らで売っている。

一個幾らでは無い。
レジで重さを測るのである。

私は、
旅行には、
プラスチックのナイフを持って行き、
自分で剥いてカットして食べる。



霹靂台北直営店に出掛けて、
霹靂グッズを色々買った。


スワロフスキーで装飾された素還真

e0016517_18545054.jpg



e0016517_18570866.jpg

美しい!

が、
自宅にお迎えして一緒に遊ぶと、

スワロフスキーが取れて、
メンテが大変そうである。





[PR]
by leea_blog | 2018-09-16 18:44 | Comments(2)

五つ星空港、羽田空港。


無事出国審査をすませた。

雨の羽田空港を、

眺めている。


普段は成田空港を利用しているので、

羽田空港は久しぶりだ。


チェックインカウンターの向こうに、

夢心地の空中市街が浮かんでいる。



e0016517_11123691.jpg


上階が、

レストランやショップになっているのだ。

抑えた赤の提灯が、

郷愁を誘う。


e0016517_11152695.jpg


郷愁を誘うのだが、

生活の匂いの無い、

清潔で小綺麗な。



その生活匂いの無さが、

夢の中にしか存在しない街並みに感じられる。


テーマパークの家屋である。


なかなか工夫されており、

特に下階から見上げると、

思わず行ってみたくなる雰囲気だ。



羽田は、
さすが五つ星空港、と感じ、

成田発より高かったが、

時間と体力の節約になり、

普段と違う気分になれている。












[PR]
by leea_blog | 2018-09-15 11:09 | Comments(2)

転地療養に出掛けます



様々な問題が山積したまま、

転地療養に出掛けます。



行き先は、いつもの所。

ひたすら寝ている予感がします。




御用とお急ぎでない方は、

のんびりお待ち下されませ。


御用とお急ぎの方は、

携帯メールにご連絡を頂ければ、

返信が有るかも。。。


「りーあの携帯メール知らないぞ???」という方は、

当ブログのコメント欄に書き込んで頂ければ、

チェックしているかも。。。。。





帰国後、

届いた原稿の中から、

次号「揺蘭」の内容の一部をご紹介して行く、、、

予定です。




[PR]
by leea_blog | 2018-09-14 22:13 | Comments(0)

9月も暑い 電気代が高い


ようやく朝夕が少し涼しくなった。

が、

書物の樹海は、

相変わらず暑い。



今年の夏は、

気象庁が「災害」レベルと発表した暑さだった。

夏の疲労でヘロヘロである。

台北では、ゆっくり休む。





職場復帰して、

昼間は業務用クーラーの効いた環境で過ごせて、

正直助かった。。。




ところで!

夏の電気代が、

ひと月一万円を越えた。


クーラーのせいである。。。


昼間は家に居ないのに、

この電気代か!

頑張って節電したのに、

それでも一万以上の電気代。。。



昼間は居ないし、

一室しか冷房を使っていない、

キッチンやトイレは凄い暑さで、

服が汗でびしょびしょになる暑さで過ごしたのに、

この電気代。。。




まあ、賃貸アパートに備え付けの、

安くて古いエアコンだから、

今のエアコンは、

もっとエコに進化しているであろう。。。



それにしても。

私は仕事をしているから、

何とかこの電気代を払えるが、

年金暮らしだったり、

失業中の人も居る。



現代の都市部の暑さは、

エアコン無しで過ごしたら、

熱中症必至だ。。。



ようするに、

「贅沢」なのではなく、

水と同じように、

最低限必要な物になっているのだ。



この電気代は高すぎるのではないか???



老人や病人など、

身体が弱っている上にお金も足りない人にも、

災害レベルの暑さは等しく襲って来る。



5分経たずに汗だくになって、

着替えが必要になる程暑いキッチンで、

お茶を淹れながら考え込んだ。




昭和の世代なので、

今の暑さと昭和の暑さの違いを、

具体的に比べられる。



「夏でも朝夕は涼しかった。

小学生は、親から、

夏休みの宿題は午前中の涼しいうちにやりなさい、と

言われたものだ」、


「たまに熱帯夜と呼ばれる寝苦しい暑さの夜があった。

寝苦しいがエアコン無しでも寝られた」、



「直射日光に長い時間当たると、

日射病になると言われた。

日射病という言葉の通り、

日影や帽子で防げた。

今は、日影だろうが家の中だろうが、

関係無いので熱中症と言われる」、


「そもそも昔は、エアコンなどなかった。

扇風機も贅沢品だった。

網戸にして、

団扇を使えば、

しのげた」等。




昭和の夏、で、

思い出すのが、

蚊帳だ。


麻の、緑の天蓋の中で寝るのである。

あれは、

外から見ても、

中で寝ても、

素敵なものだった。




蚊帳に入るとき、

一緒に蚊が入って来ないように、

裾を振ってから、

裾を持ち上げて中に入るのである。





























[PR]
by leea_blog | 2018-09-10 22:41 | Comments(2)

怪異現象と不在のお知らせ



業務連絡から。

「揺蘭」編集人は、

9月15日から25日まで、

不在になります。


心身のメンテナンスの為、

いつもの所に行きます。


大きな郵便物が受け取れません。

「揺蘭」執筆人樣方は、

15日から25日を避けて、

原稿をお送り下さいませ。


と、

ここに告知しても、

ご覧になっていない方がほとんどである。


あとで個別に連絡しなくては。




拙宅、

人呼んで「書物の樹海」には、

怪異な現象が多い。



今日は、

仕事用の服を洗濯しようと、

洗濯機の上に積み上げてある、

絵や額縁を、脇に降ろした。


と!

色紙用の額の箱が二つあるが、

二つとも、濡れている!!!!

何と、

中にある日本画の色紙も、

高湿度で濡れた状態であった!


危険だ!




しかし、おかしい!




色紙用の額だけが濡れており、

その前後に積み上げてある、

他の額や、

画用紙、その他は、

全く濡れていないのだ。



台風で天井から雨漏りがしたとしても、

上に積んである物が濡れずに、

色紙用の額だけが濡れているのはおかしい。




洗濯機から水が逆流して、

蓋の上に積んだ荷物を濡らしたとしても、

色紙用の額の下にある額が濡れていないのは、

おかしい!!!



積み上げた荷物の、

サンドイッチ状になった色紙用額だけが、

器用に濡れているのだ!


奇怪である。


色々理由を考えてみても、

そもそも、

洗濯機は玄関の脇の、

水気のない所に設置してあるので、

原因が見当たらない。





実家の押し入れにある作品が、

台風で危機に瀕している、とか、

何かを私に知らせたいのであろうか???



あるいは、

私が居ない時に、

誰かが入って来て、

いたずらをしているのであろうか?






[PR]
by leea_blog | 2018-09-08 22:19 | Comments(6)

暇が無い・だらだら休日の薦め




職場復帰前は、

暇はあれども、

いかんせん、金銭の余裕が無かった。



今は、

パワハラ問題は全く解決していないながら、

職場に復帰している。



給料がもらえる。


しかし、

暇が無い!



暇が無いが、

心身のメンテナンスの為に、

夏休みを利用して、

台北に行く。




羽田空港発、松山空港のチケットを買った。

暇しか無い時には、

安い時期に行ったが、

今は、時期を選べない。

すると、

みんなが出掛けたがる時期のチケットを買うしかない。

高い!!!!



チケット代だけで往復、五万を越えて、

トホホである。

その他に、宿代が掛かる。。。。


安い時期は、本当に安い。

エバー航空で、往復二万円台で行ける。




まあ、自殺直前まで行ったわたくしなので、

あの時死んでいたかもしれないと思えば、

五万のチケット代で青ざめなくとも良いではないか、と

自分に言い聞かせている。





準備したり、

下調べの時間がない。



出掛ける前に、

まれびと冊子「揺蘭」の準備も、ある程度しなくてはならないが、

進んでいない!



普段仕事をしているので、

元々足りない体力を、

余暇にまで回せない。




台北では、

ひたすら寝て、

B先生の施術を受けて、

栄養の有るものを食べて、

ラジウム泉に入る、

それだけしか出来そうにない。




   ↑

それだけで十分である。




日本語が通じるマッサージ屋に行くと、

施術師さんが、日本人のお客さんに、

「今日はどこに行くんですか?」と、

話題をふっているのをよく見かける。




「寝ます。食べて、寝て、マッサージ。

毎日それだけ」、

と、

答える日本人旅行者も、居る。




「観光? いや、もう、

日常生活で疲れているので、

ホテルで寝ます。

栄養の有るもの食べます。

マッサージで血行良くします。

それ以外に余力無し」

   ↑

こういった感じであろうか。

わかります、その感じ。




「疲れた。家に居ても休めない。

他所で休もう」。


   ↑
観光は別の機会に出来る。

「他所の場所に休みに行く」のも、

大いに有りだと思う。


疲れた人は、

普段と違う場所の空気を吸い、

世俗の悩みが入って来ないホテルの部屋で、

ゆっくり眠ったら良いのではないだろうか。














[PR]
by leea_blog | 2018-09-05 23:31 | Comments(6)