<   2018年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

まれびと冊子【揺蘭】みどころなど・その2



【天野清二】さんは、
毎回、二ページだけで参加している。

短い、削ぎ落とされた言葉で、
淡々と綴る。

それは、余計な押しつけのない、
屋根裏の天体望遠鏡で星の運行を測る人の背中を思わせる。

ーーーー

頭の裏側から
夜が忍び込む。

(「不眠の夜」より)

ーーーーー


太陽は西の空に
ひっかかったまま止まり
でも今は
壁の中で暮らしている。

(「壁の中で生きる」より)

ーーーーー


天野清二さんがどのような詩人なのか、
実は編集人も知らないのだ。

いつも、
二ページだけ、作品が、
編集人の元に届く。

今号に載せた作品も、

世俗の事を書いているようで、
世俗と一線を画して、
線の向こう側から世俗の事柄を見ているような、

ひょうひょうとした文字使いの詩である。


【玉田晃平】さんは、
兵庫の詩人である。

連作詩「深夜の航海日誌」は、15号で三回目の連載だ。

13号に掲載された初回を、是非読んで頂きたい。


ーーーーーーー

扉のそばの舷窓に そのような

目に見えぬ程の罅が在る

その窓から見る船室の中央には

降りしきる雨の中に立つ一本の樹がある

天井には曇天模様の空が広がり

雨粒の滴り落ちるフローリングの上には

陽射しの降り注ぐベッドが浮かんでいる


ーーーーーー


夜、海、浮かぶベッド。

西野りーあの世界と、呼応するかのようなキーワードが並ぶが、

玉田晃平さんの連作は、


深夜を航海する船の、船長、
あるいは、
洋行するいにしえの日本人が船中で遭遇するような時間だ。


海上でであう眩暈の時間は、
内と外が交錯し、

降り注ぐ雨と日差しが同時に出現する。

船室に、降りしきる雨に立つ樹があり、
同時に日差しの降り注ぐベッドが浮かぶ。

深夜に味わう、香り高いウィスキーを思わせる。



(他の執筆人の紹介に続く)








[PR]
by leea_blog | 2018-11-29 20:33 | Comments(0)

まれびと冊子【揺蘭」5号・みどころなど

e0016517_19565911.jpg

一年に一回、まれびとのようにやって来る、
幻想詩誌、【揺蘭】。


出なかった年もあるので、
15年続いている。

【揺蘭】は、
個人誌の集合体のような作りである。

自分の頁を、自由にレイアウト出来る。

ゲストを呼びたければ、
自分の頁内で、
自由に呼べる。


今回、編集人のエッセイには、
画像のゲスト参加を頂いた。


おそらく、日本の詩人は誰も見たことが無いような、
人形画像である。


人形とのバカップル振りを詩誌に残すのは、
しかも14号、15号と連続で掲載するのは、
正直なところ、悩んだ。


赤裸々過ぎる!

本場台湾から、画像提供の申し出が無かったら、
今回の馬鹿エッセイ、

「紅蝶の人・人形愛伝説
−人にはあらず花に似るー」は、

お蔵入りだったであろう。



そんなりーあの密かな懊悩をよそに、
他の参加者が、
力作を載せてくれている。


掲載順に、
福岡の詩人、
【日嘉まり子】さんから紹介しよう。


ーーーー

底なしの井戸の中を落ちてゆく、一糸まとわぬ女の、左胸の三日月形の、赤い
傷口を、覆い隠すように追う、薄桃色の牡丹の柄の着物は、海中の章魚の伸び
やかな舞いさながら、また花の蜜を慕う蝶のようでもあった。
蝶たちは死者たちに降り注ぐ雨、すなわち魂を潤す祈りそのものだった。

(名もない死者たち(女たち、その一)冒頭)


ーーーーー


名もない死者たちの物語が、色彩と濃厚な芳香を放って繰り広げられる。
日嘉さんの詩には、
痛みと苦しみが底流にある。

それは土着の伝説のように煮詰められ、
昇華されている。

日嘉さんとは、
ビジュアル詩展のパリ出張版で、
出会った。



日本に帰国してから詩を見せて頂いた。

その才能に、驚いた。


「これは、誰の真似でもない、
地霊から力をもらっている系の詩を書く人だ」、と思った。



(他の執筆人紹介に続く)






















[PR]
by leea_blog | 2018-11-29 19:56 | Comments(6)

ボナール展に行って来た

e0016517_21194947.jpg
連休最後の日。

ボナール展に行って来た。

空いており、ゆっくり観られた。

混んでいる美術展ほど最悪なものは無いので、
良かった。


混んでいると、人を見に行くようなもので、
絵の鑑賞どころではないのだ。


ボナールは、
昔はそれほど気を引かれなかった。

ここ二、三年で気を引かれるよになった画家だ。


なんというのであろうか、
「ゆるい気分」にさせてくれる。

ストレス社会、
「ゆるい気分」は重要だ。

テーブルに差す陽、
浴室に差す陽、
浴槽に日差しを受けながら浸かる裸婦、

見えるもの、
見えたものの印象や記憶、
それらを、

絵の具に置き換えて行く作業を、
追体験して来た。


ところで。
ワタクシが絵を描かなくなって久しい。

理由は、
「真剣な話、スペースが無さすぎる」事。

ヨガをするスペースすら無いのだ。


描かない事は、
ストレスである。。。


が、描いた絵がちゃんと保管されないのも、
産み主として、
絵たちに申し訳なく、辛い。

で、
生産を中止して何年にもなる。


美術展を見に行く度に、
思うのが、

「皆、描いた絵の保管をどうやっているのだろう」。。。


私は、絵を実家の押し入れに置いて来た。


ところで、
Twitterを再開してみた。


うわー、
関係無いものが表示されまくりで、

目的のものにちっともたどり着かない!!!


とほほ。。。。


まあ、慣れであろう。







[PR]
by leea_blog | 2018-11-25 21:33 | Comments(6)

閑話休題・三連休だ・プチ幸せを感じる脳を作る


明日から、待ちに待った三連休だ。

休養するぞ!

そして、
まれびと冊子【揺蘭】の会計報告を済ませ、
少しずつ関係者への寄贈を始めます。


ところで。

「自殺」というキーワード検索で拙ブログにたどり着いた方々は、

「仕事に復帰しているのか!」と、

感心なされると思う。


そして、

「朝から晩まで仕事して、
休日は疲労で寝て居る。

自殺しなかったとしても、
そんな人生は嫌だな。

何の希望も無い」

と、お思いであろう。


まあ、ワタクシ自身、
「死なないで良かった!」と、
思っている訳でもない。


しかし、確実に、
見える景色は変わった。

石ころだらけで道の無い山の急斜面に居たのが、
見晴らしの良い尾根に上がって来たように、
見えるものが違う。



鬱から社会復帰を考えている通りすがりの方のご参考になるように、
コツを書いてみると。

「脳が幸福と感じる」訓練を、
地道に繰り返してみた事が、
回復に繫がりました。


最初は、全く効果がありませんでした。

効果が無いというレベルではなく、

「幸福を感じる事に全く意義を見いだせない」感じでした。

「幸せ」が、全く無価値になってしまっていました。




まあ、鬱・神経衰弱で仕事に行けないのですから、

「何かに意義を見いだす」とか、

「嬉しいと感じる」とか、

そういう普通の人が日常的にできるようなことが、

全くできなかったのですね。



そもそも、
リアルで死にたいと思う人に、
幸せなど何の意味が有りましょうか???


哲学の話をしているのではなく、
脳から出る物質が、変わってしまう病気なんですね。


今では、
「あと半日で今週も終わる!」とか、
普通の人が感じるような幸福感も感じるようになりました。


この訓練は、
手軽に始められます。

「自分が綺麗だ」
あるいは
「気を引かれる」ものを、
目に入る所に色々と並べておき、

日常的に、
脳に、
「ねえ、ちょっと、これ綺麗だよね?」等、
揺らぎを与え続けます。


ワタクシは、
ネットで食玩を落札して、
キーボードの周囲に置いて眺めたり、
部屋のあちこちに置いて目に入るようにしてみました。


人によって、
苔を育ててみたり、
昔集めたコレクションをもう一度取り出して並べたり、
綺麗な食器を並べておいたり。

手間もお金も、
努力もほとんど無しに始められることがおススメです。


「回復しても、
仕事に行かなくては生活出来ない。

仕事で鬱になったのに、
また仕事したら、

また鬱になる」

うん、うん、もっともです。

しかし、
資産のある人を除いて、
鬱で寝込んでいると、

経済的な打撃がもの凄いです。

経済的な苦痛が少しでも楽になると、

脳の疲労も、
少し楽になります。

脳は身体の一部なので、

血行を良くして、
栄養が届くように、
少しずつサポートしてあげる感じが良いと思います。

社会復帰が目標の人は、
無理の無い範囲で、

「入浴」。

幸福ホルモンの出を促すと、言われていますが、
経験者の私としても、
「効果が有った」事の一つです。

入浴は、疲れますし、
いきなり効果は出ませんので、

どん底の人は、
ともかく眠って、

身体を作る食事を、
少しで良いから食べて、

気が向いた時に入浴する、

程度で良いと思います。


職場復帰をした当初は、

夏でしたので、汗をかきます。

「お風呂に入らないと明日出勤出来ない!

でも、貧血を起こして倒れそう!」

と、

「たかが入浴」で、

毎晩ぎりぎりの選択を迫られていました。

体力が無い状態で復帰しましたから。。。


地道に、

倒れない範囲で習慣化して行った所、

今では、

「貧血を起こすリスクは有るけれど、

入ると段々気持ちよくなって行く」感じが出て来ました。


まー、湯治が良いのではないか、と。

温泉、寝る、食べる、しかしない生活を続けますと、

だんだん「暇だな」という感じが湧いて来て、

散歩もするようになり、

効く温泉を選べば、

二週間ほどで、

「食欲がわいて来る」、

「変化が欲しくなる」といった、

生命活動の回復がみられます。


一回で治る訳ではないので、

それの繰り返し、ですね。

















[PR]
by leea_blog | 2018-11-22 23:54 | Comments(4)

揺蘭15号 目次




 揺蘭 

ーYOURANー15 もくじ


【日嘉まり子】 
名もない死者たち(母たちその一)・・・・  3 
名もない死者たち(父たちその一)・・・・・6  
名もない死者たち(女たち、その一)・・・・・8 
名もない死者たち(親族たち、その一)・・・・11  


【天野清二】
不眠の夜・・・・・・・・・ 16 
壁の中で生きる・・・・・・・17 


【玉田晃平】
連作詩 深夜の航海日誌 Ⅲ プロローグ・・ 18  
Ⅹ JAZZ-夜の内に潜む脈搏が尽きる時・・・・・・19 
Ⅺ 静寂の内に潜むRainy City…・・・20 
Ⅻ 太鼓と笛と歓声・・・・・・21 
Ⅻ-Ⅰ 間奏曲 格子窓の向こう・・・・22 
Xiii ピアノマン・イン・ブルー・・・・23


【勝嶋啓太】
妖怪図鑑・・・・25 


【天野英】
詩的イメージをこそ・・・・36 


【横山克衛】
文学的世界・・・・・ 46 
名前について・・・・48 
物語の秘密・・・・ 50 
横山アート観覧日記帳・・・・・・53 


【西野りーあ】
紅蝶人形愛・・・・・・・・・・・55  
紅蝶の人「人形愛伝説」
−人にはあらず花に似るー・・・・・ 58 


後書き・編集後記・・・・・・・・・65
執筆人連絡先・・・・・・66   

表紙「めまいの宮居・円環に」

裏表紙「めまいの宮居・白昼」

コラージュ・西野りーあ


[PR]
by leea_blog | 2018-11-19 20:20 | Comments(0)

まれびと冊子「揺蘭」15号完成!

e0016517_19565911.jpg
「めまいの宮居に
降り立つかげが ある」


一年に一冊、まれびとのように訪れる幻妖詩誌、揺蘭。

お待たせしました!
15号、無事発行です。


今年の表紙は、

砥の粉色の紙に、
薄い小豆色の印刷色を選んで、
気品のある印象に仕上げました。

ラベンダー色の遊び紙が、
表紙と相乗効果を出しています。



表紙コラージュ(編集人作成)は、
カンボジアのアンコールワット、
北欧神話、
西洋の天使、
イスラム圏の円環模様を組み合わせました。


毎年ですが、
今号も永久保存版です。


内容の紹介を、
今後拙ブログで行って行く予定です。


今号も、大きな見どころが沢山有って、
とても良い一冊になりました。


目次を次の投稿で載せます。

目次を読むだけで、
ただならぬ気配が伝わって来ます。









[PR]
by leea_blog | 2018-11-19 20:14 | Comments(5)

まれびと冊子「揺蘭」日記・発送完了


ようやく土曜日だ。

まれびと冊子【揺蘭】15号が、

発送基地の、福岡の詩人・日嘉まり子さん宅を出た。


執筆人各位に、近日中に届くであろう。


編集人としては、

歓びとともに、

不安でもある時期だ。


「編集時点で、間違いがあったら、どうしよう。

印刷前なら直せるが、

印刷後では直せない。

間違いが有りませんように」

と、神に祈っている。



16年続いているが、

毎号永久保存番である。


これは一年に一回、

参加者の発表意欲が高まった時に発行するという形態ゆえでもある。

惰性では出さない。


毎回、参加希望者が自由に出入り出来る形態も、

どの号も良い作品が載る結果になっている。


来週は、
編集人は会計作業に入ります。




[PR]
by leea_blog | 2018-11-17 20:45 | Comments(2)

台湾から関西経由で秋の東京に贈り物が


台湾の伝統人形劇、布袋戯。

現代進化版のpiliの登場人物に、

宮無后、という人がいる。


「ゆりのうたたね」の過去日記をお読みの方は、

もうご存知であろう。


本日は、

貴重な品を賜わった。


いずれも、もう手に入らない、品々だ。



e0016517_23141084.jpg

マウスパッド。

写真ではうまく出ていないが、

背景が赤金色でとても綺麗だ。

艶やかである。
e0016517_23154008.jpg

ファミマ限定の風情のある栞(左)と、
金色が衣装の紅と引き立てあって豪奢なカード。

カードは、
高級チョコレートのゴディバの限定セットに付いていてもおかしくない、
「特別な感じ」がたっぷりです。




台湾ご在住の宮無后の偶主様が、

日本の関西の宮無后偶主様に託して、

見知らぬ私にお裾分けしてくださったのだ。



う、うれしい。。。

もう手に入らない品を、

見知らぬ私に、お裾分け。。。

なんと暖かいご厚意であろうか。


ありがとうございます!



暮れも押し迫った頃に、
また転地療養で台湾に行くので、
直接お礼を言う機会が有るといいなあ。。。




帰宅した私の様子がいつもと違うので、

気になっている宮無后




e0016517_23131751.jpg

e0016517_23144293.jpg
宮無后「こ、これは。。。」

e0016517_23141662.jpg

カードを手にして、
いつもより目力が増している無后。


e0016517_23142624.jpg

いつもより目がきらきらしているうちの無后。


うちの宮無后は、
書物の樹海での生活で、
第二の人生を送っており、
「剣も欲しければ買ってあげますよ」、と、
私が言っても、
欲しがらない。

でも今日は、色々と感慨にふけっているようです。



貴重な品々を見知らぬ私に賜わった、台湾の偶主様、

台湾の旅から託されたお土産を運んでくださった偶主様、

お二方とも、

心より御礼を申し上げます。
















[PR]
by leea_blog | 2018-11-15 00:12 | Comments(2)

陋屋日記・福岡の詩人、日嘉さんから柿が届いた

e0016517_21423261.jpg
まれびと冊子【揺蘭】で、

力の強い地霊系の幻想詩を展開している、

福岡の詩人、日嘉まり子さんから、

今年も柿が届いた。


大振りの、実。

太陽を内側にぎゅっと閉じ込めたような、

見事な柿たちだ。


季節の恵みを味わおう。

ありがとうございます!







[PR]
by leea_blog | 2018-11-13 21:45 | Comments(2)

馬鹿日記・考え事をする人形

e0016517_19020579.jpg

本日は、宮無后の髪を整えようと、掛け布団の上に寝かせておいた。

ふと振り返って無后をみると、

上記画像のように、

ちょっと「心ここに在らず」の目をしていたので、

スマホで撮った。



過去の馬鹿日記をご覧の皆様は、


「いつもと同じじゃん!!」、と、

思われるであろう。


が、一緒に暮らしていると、

木偶の全身から漂う雰囲気や、

視線の先、

微細な表情の変化が、

凄くよく分かる。



以下の画像は、

こちらに無茶苦茶アピールして来ている目つき。


e0016517_19031398.jpg

一枚目の画像と、雰囲気違うでしょう???

え?同じにしか見えない???


ふっ、、、リアルで見ると、

本当に違うんですよ。


まあ、いい。

先を続けよう。






りーあ「無后、どうしたんですか。

心ここに在らずの顔をして。

考え事しているの?」


宮無后「想像していました」


りーあ「何を想像していたの?」


宮無后「以前に読んで頂いた、黒蜥蜴のお話を。

さらわれてしまったら、

どのような感じだろう、と」






以下の過去日記ご参照




馬鹿日記・人形に江戸川乱歩の「黒蜥蜴」を薦める話。「黒蜥蜴」の妄想的原型の世界
https://leea.exblog.jp/25724304/

(拙ブログは、セキュリティーの観点から、
直接リンクが貼れません。

URLをコピペして飛んでくだされ)





黒蜥蜴的な女怪に誘拐されて、

緊張している所を想像しているのだそうです。



e0016517_19021057.jpg


ちなみに、ウチの宮無后は、

物語の読み聞かせをするうちに、

自分も色々と想像してみる、という、習慣が芽生えています。



e0016517_19024713.jpg


りーあ「なるほど、

確かに、表情が硬いですね。。。。


警戒しているのが伝わるものの、

私がポーズを付けた訳でもないのに、

髪の美しさをアピールしたり、

長い髪の毛越しに見つめたりして、

それほど嫌では無さそうですね」



宮無后「色々と想像してみました。

もし黒蜥蜴のような女性に攫われても、

私は人形なのですから、

殺されないのではないか。

剥製にしなくても、

人形ですから、

そのまま展示しておけます。

それほど恐ろしくはないのではないか、と」



りーあ「貴方が攫われたら、

絶対助けに行きますよ。」



宮無后「私の空想は、

いつも、

黒蜥蜴の正体は、

実は公主だった、というものです。」


りーあ「それなら、

安心ですね」


宮無后「生まれ故郷から、

かばんにしまわれて、

持ち運ばれて、

目隠しを外してもらったら、

不思議な隠れ家でした。

私は、黒蜥蜴体験をしたのではないでしょうか?」



りーあ「なるほど。

一番最初の旅が、

そもそも黒蜥蜴っぽかった、と」


宮無后「振り返れば、

そういう貴重な時間でしたのに、

その頃私は、まだ意識がはっきりしていなくて、

味わう事も出来ませんでした」


りーあ「確かに、素還真は、

頭部の梱包が適当だったのですぐ取れてしまって、

帰国前に、いろいろ顔をみながら話し合ったんでした。」


e0016517_20080993.jpg

素還真「スーツケースに入りませんね」

スーツケースに、試しに入ってみた所。


e0016517_20080037.jpg
りーあ「どうしましょう」

素還真「腕に抱いて飛行機に乗ればいいのでは」

スーツケースに入らなくて真剣に困っている私を尻目に、

スーツケースにお尻を入れたまま、

悠然としている素還真なのでした。


e0016517_20125840.jpg

宮無后は、

お店でちょうど入る大きさのバッグを付けてくれたので、
こんな感じでした。

顔の梱包が、しっかりしていたので、

上手に包み直す自信がない私は、

梱包を外さずに、

家まで持ち運んだのでした。


確かに気分は黒蜥蜴にさらわれた宝石商のお嬢さん、かもしれない。























[PR]
by leea_blog | 2018-11-11 20:17 | Comments(2)