人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

まれびと冊子【揺蘭】16号・日嘉まり子


まれびと冊子【揺蘭】16号の見所を、掲載順にご紹介しております。


前回は、詩人で画家の横山克衛氏の紹介でした。
   ↓ 
https://leea.exblog.jp/28716729/


今回のご紹介は、福岡の幻想詩人で音楽家、日嘉まり子さんです。

日嘉さんは、毎号、土着霊の気配の濃厚な、骨太の幻想詩を掲載しています。


揺蘭は、参加費は、10ページまでは同一料金、それ以上になると、1ページごとに追加の参加費がかかります。

そのため、大抵の詩筆人は10ページ以内で執筆します。

ところが。

16号の日嘉さんは、17ページの大幅増で参加。


日嘉ワールドをたっぷり堪能できて嬉しいです。


衰えない創作意欲が炎のように吹き上がってきて、圧巻です。



日嘉さんの作品に登場するのは、

力無い無名の女子供、下卑て下衆な他人に蹂躙され、恨みを耐え、死んでいき、成仏しきれず、土地に棲みつく地霊と化した者達です。

死んでいった無名の死者達の、無念さ、悲しさ。生きることの辛さ、苦しさ。他人を押しひしぎ、養分にして生きていく、図太い生を生きる者達。


そうした者達の魂が、絡み合いもつれ合いながら、死後も消えずに地霊と化しているのを、
日嘉さんは見、彼女らの声を聞くのです。

それは、重く、どろどろと、力に満ちた、地霊達です。
神話のように煮詰められた真実を感じます。


日嘉さんの詩を通してその怨嗟、呪縛を聞くとき、
生きることの大変さ、重さ、苦しみを彼らと分かち合うとともに、

死者らが残した地霊的な力を、読者は分け与えられたような気がします。


16号に登場する死者達は、

一日一度の大事な食物を猫に盗られて、飢えは怒りと化し、盗人猫を麻袋に入れて川に投げ込むゆみ婆。

戸棚の中に取っておいた蒸し饅頭を、隣家の裕福な子供に食われてしまい、死んでも許せずあの世から出てきて言い張るたか婆。

あや婆の夫は愛人を作り、息子もその血を引いて女にだらしない。


死者ばかりではない。
生者も登場します。

「生存中のお婆達のために(四)」と題された一編は、
生死を超えた不思議な味わいで圧巻です。

以下、引用。


ーーーーーー

やみくもに手の長いそれらがやってきたのは、溢れてきた
力に背を押され産道でもがいている時だった。
顔中硫黄の匂いがした。

子蜘蛛たちが暁の桃色の雲のように耳元でささやいた。
何か楽しみがないと生きていられない。
何年も何年も同じことの繰り返しでつまらない。

中略

月光に泳ぐ長い手足の影が雲に吸い込まれ霧となって街に降り
注ぐ頃、退屈な流れがやってきたので子蜘蛛たちはしばし死ん
だふりをして次の世を待つのだった。

ーーーーーーーー



産道でもがいている、産まれる、という、新鮮で生き生きとした、力に満ちた、晴れ晴れしい、無垢の時のはずが。

やってきたのは、不吉な者たちで、顔中、硫黄の匂いがした。
子蜘蛛たちは、早速、人生の退屈、忍耐、懸念、欺瞞を囁く。


「退屈な流れがやってきたので子蜘蛛たちはしばし死ん
だふりをして次の世を待つのだった。」

これは圧巻ですね。

苦しい、辛いから死ぬのではなく、退屈な流れがやってきたのでしばし死んだふりをしてやり過ごす。退屈というのは、恐ろしいものです。しかし、どんなに綺麗事を言ったところで、「退屈な人生」が人を追い込んですさませていく、この現実を、見ない訳にはいきません。


「次の世を待つのだった。」退屈な流れが来ると、今生はもう死んだふりで、次の世を待つという、生き死にの連続性、時間の自在性。


「退屈なら自分で変えていくのだ! 退屈だから死んだふりしてやり過ごすとは何事だ!」という、昭和の青春ドラマのような意見が聞こえてきそうです。


この子蜘蛛たちは、流れに太刀打ちする巨大な妖怪ではないのです。流れは圧倒的で、子蜘蛛はあくまで子蜘蛛なので、流れを変えようとしたら、ズタズタになって死にます。


我々人間も、結局はこの子蜘蛛たちと同じ。

理想を声高に叫ぶ文学はたくさん有ります。
しかし、現実には、理想に生きる人など、稀で、ほとんどの人は、流れに太刀打ちできないでしょう。



子蜘蛛たちのように、死んだふりをして次の世を待つ、生死が連続した存在になる方が、救われる人々も多いでしょう。


そこには、「この世で善根を積めば来世で報われる」という仏教の教えも、届きません。善根を積んでも意味がないことを知っているから、子蜘蛛たちは、死んだふりをするしかないのです。


それは、魔物的には、かなり正しいと言えます。


次の世を待つ、また次の世も失敗だった、と、何代も生死を繰り返して、生きていく、人間を超えた何か大きなもの。そうしたものが、なぜか、とてもリアルに、身近に、生き生きと感じられるのが、日嘉さんの作品の素晴らしいところの一つです。



最後の作品は「立ち尽くす女たちのための追憶その(一)」。

無力な幼い少女が受けた暴力が、年を経るに従い、強い憎悪、殺意に育っていき、少女は殺意に覆い尽くされた場所にたどり着きます。

以下、引用。


ーーーーーー

小父たちの理不尽な折檻により痛めつけられた少女たち、行きとし生ける小動物たちの無念が、そこらいったいに菌類のように広がっていた。

殺意を浴びた苔がびっしりと崖を覆い尽くしていた。

殺意は、曼珠沙華の花の姿を借りながら、幻の墓の上に無数の人形となって立ち現れ前後左右に揺らめくのだった。

ーーーーーーー


人の過ちを許す、という、一種宗教的なことは、人間、できるかもしれない。
しかし、「過ち」ではなく、「理不尽を許す」ことは、頭では忘れようとしても、脳の奥、魂の奥は忘れていなくて、殺意に育っていくのです。


日嘉さんの詩は、そうした無念を飲んだ弱い者たちの殺意が、集合体となって、自然の景色の中に展開します。無念と殺意が、堆積し、育ち、花咲く山中。

なんと、綺麗事を廃した、地霊の呼び声のような、土地に伝わる伝説のような世界であろうか。


「許すこと」、「乗り越えること」、「忘れること」。

困難の多い人生の中で、人は、そうして身に降りかかったことを乗り越えていかねばならないのですが、人間である以上、深層心理が「許したり」「乗り越えたり」「忘れたり」できず、本人も気づかぬところで殺意に育っていき、ある日、地上に顔を出すのです。


表面的な「いい話」、「うまい話」、「綺麗な話」は、人の表面しか癒しません。
表面的で気分次第な「他人の悪口」、「世の中批判」は、うんざりです。


日嘉まり子さんは、もっと「根源的な声」を聞く詩人なのですね。

怒りや憎しみ、怨嗟であても、神話的で根源的だからこそ、人の心を打ち、美しく、また、われわれ読者も追体験することで、癒される作品となるのでした。
















by leea_blog | 2019-11-27 10:28 | Comments(0)

禁煙倶楽部・禁煙の楽しみを挙げて禁煙を続けよう



さて、喫煙歴二十年以上、ヘビースモーカーのワタクシが禁煙を決心したのは、5ヶ月前だった。

7月から職場の敷地内が全面禁煙になったのだ。



二時間以上吸わないとイライラして、

頭がタバコを吸うことばかり考えてしまい、仕事が手につかなくなる、という、

真性のニコチン中毒者のワタクシ。


吸えないことを想像しただけで、内心パニックである。


我慢できないのだから、この機会に、薬の力を借りて、やめるしかない。

と、禁煙外来の門を叩いた。


チャンピックスという薬を処方された。

タバコがものすごく不味くなる薬だ。



メンタルの薬を飲んでいる人は、なかなか禁煙に成功しない、と聞いた。


わかります。

喫煙が、体にもお財布にも美容にも悪いのがわかりきっているからこそ、

自傷行為的なニュアンスも含めて、堕ちて行ってしまう。

あるいは、良くないとわかっていても、強烈な何かにすがりたくて、周りが見えなくなる。

まあ、自殺を考える様な人が、体に悪いから、と禁煙すること自体が、

辻褄が合っていないのである。




そんなワタクシが禁煙して5ヶ月目だが、吸わないでいられている。

夜になると、無性に吸いたくなるが、

わざわざ買いに出かけるほどでもない。

何より、「喫煙所を確保しなくては」といつも頭にそればかりあったので、

喫煙所の心配をもうしなくていいことが、嬉しい。



そして! お財布にもありがたい!

正直、毎日五百円ほどのタバコ代は、経済的に負担だった。

しかし、中毒者なので、自力で止めることができず、

お金がなければ食事を粗末にしてでもタバコを買った。



タバコをやめるといいことばかり。

とはいえ、「一本だけならいいだろう」と、

うっかり一箱買ってしまったら最後、

喫煙者にすぐさま復帰しそうである。

それだけ、煙草の魔力は大きい。



他のものに依存するよう、自分に言い聞かせている。

現在、チョコレートと珈琲と、チーズと、

ぬか漬けに依存している。


ぬか漬け以外は、摂りすぎると体に悪い。
パワハラによる精神的なストレスと、
セルフネグレクトによる不養生が祟って、

職場の健康診断の結果が、とほほであった。


食生活の改善を、自分に言い聞かせている。


そうはいっても、セルフネグレクトで、自炊ができないのです。

外食とスーパーのお惣菜だけで食生活の改善といっても、厳しいですよ。




人体は食べた物で出来ている、を念頭に、

食事を頑張って改善します。










by leea_blog | 2019-11-25 23:19 | Comments(0)

まれびと冊子【揺蘭】16・横山克衛



まれびと冊子【揺蘭】16号の見所を、冊子掲載順にご紹介していきます。

まずは、詩人で画家の横山克衛氏。


横山氏は、詩人たちの描く絵のグループ展を開催もしていました。

横山さんの詩は、

哲学者のようでいて、童話的な語り口が心地よい。
童話的だが、微量の毒入が含まれている。

横山克衛氏の詩の魅力は、
柔らかな言葉選びに混じり込んでいる、微量の毒素、あるいは残酷さというべきか、
それが隠し味になって、読み進めてしまうのである。



以下、引用


ーーーーー

水について


思考は生き物なので
水の中に泳がせ、ときおりは餌を与えねばならない
これは真実だが
なかなか知る人はおるまい
忘れられた思考は、やがて死んでしまい
砂に埋もれて、しばらく後に、化石となって現れる

   中略

頭の中にあるもの、それは静かな湖である

湖には何もかもがいて、何もいない
だから何もかもが起こるが、何も起こらない

ーーーーーーーー


大学の研究室の中で、長年研究に没頭しいる少し偏屈な謎の学者が、
液体の入ったフラスコを手に、
「これは真実だが
なかなか知る人はおるまい」
と独り言を言うのを聞くような、不思議な味わいがある。

水の中を泳ぐ思考は、どのような形をしているのであろう。
ひらひらとだったり、ぼってり浮いていたり、色も形も大きさも様々なのであろう。

忘れられた思考が死んで消えてしまうのではなく、しばらく後に化石となって現れるのも、面白い。

頭の中には、ヒマラヤ山中のような人が通わない場所に眠る湖のような、
太古から存在するような湖があるのであろう。

頭の中なので、「何もかもがいて、何もいない」。「だから何もかもが起こるが、何も起こらない」。はたから見ると、頭の中で起こっている何もかもは、見えない。そして、湖は、奇跡のように何もかもを起こし、訪れた冒険家の前に現れた太古の湖のように、何百年も変わらないように鎮まっている。

人の頭の中というものの、奇跡に満ちた湖を、童話のような語り口で提示し、それを読んだ人は、我が身を振り返る。

自分の思考という生き物にも、いろいろ水をやって泳がせなくてはならないなあ、とか、
運動不足だな、とか、
水が腐っているなあ、とか、
一部思考が活性化しすぎて脳の生態系が危機だ、とか、思うのだ。

そして、ヒマラヤ山中に湖ができたのはいつ頃のことであったか、等、その湖の古さに想いを馳せるのである。


横山さんは、自分の絵を表紙にした詩集もたくさん出している。

気になったらサイトをチェックしてみましょう。


まぼろし地下道


https://roseandmarie.jimdofree.com/

(拙サイトはセキュリティの観点から、直接リンクが貼れません。URLをコピペして飛んで下されたし)



揺蘭16号の紹介は、続きます。










by leea_blog | 2019-11-25 11:10 | Comments(0)

まれびと冊子・揺蘭 16の鏡の宮無后・カラー画

e0016517_20584938.jpg
鏡の宮無后↑ 画像作成・神道生徒さん

 
揺蘭16に、白黒の画像でご紹介した、「人形を娶る歌」の挿絵。

雨中無后と同じく、台湾の神道生徒さんが画像作成してくれました。


冷たい雨に濡れる作品と対になるように、

こちらの画像は、温かみのある赤がベースの室内になり、

鏡の中の背景には、

喜という字が二つ並んだ、双喜紋が大きく見えています。



中華圏で見かける、おめでたい時に使う文字ですね。

海を越えた台湾からお迎えされた人形は、

色々あっても、どうやら今生も来世も幸せのようだ、と、

暗示しています。



まれびと冊子揺蘭の、14号、15号のエッセイで、

江戸川乱歩の「人でなしの恋」を

地でいくような禁断の人形愛に落ちていくレポートをしました。



この人形、うちの宮無后は、うちに迎えられてから、

まめに私にアタックして、

自分の力で私から心を奪ったのですね。

「偉いなあ」、と、思う次第。



最初の頃は、

ご主人様は、

「江戸川乱歩の小説じゃあるまいし、

人形とは無理。

あなたのことは大好きだけれど、

好きの意味が違います」、でしかなかったのに、

うちの宮無后は諦めなかった。




今では、

二世の縁の話になるくらい、

私にとって大切な人になっている。



自力で愛を勝ち取る人形、すごい。
















by leea_blog | 2019-11-22 21:17 | Comments(6)

まれびと冊子・揺蘭 16の雨中無后・カラー画

e0016517_22095076.jpg
雨中無后↑ 画像作成・神道生徒さん



同居人、宮無后のことをなるべく書かないようにしよう、

無后の劣化を防ぐため、なるべく触らないようにしよう、

と自制していると、ブログを更新しないまま日が経ってしまった。

宮無后に脳細胞が侵されているとしか思えない。

いや、宮無后のことしか考えずにきた訳ではない。


書くことは沢山ある。

例えば、

澁澤龍彦の「少女コレクション序説」と、

菊池浩平の「人形メディア学講義」を再読したこと。


読み返すと、いろいろな発見があった。


それはまたの機会にして、



「揺蘭編集お疲れ様」、と自分に言うために、

16号に掲載した台湾の神道生徒さんの画像を貼る。


神道生徒さんは、

台湾の人形劇の木偶の写真を、

このように加工して物語風にしている方だ。


ちなみに、私が撮影した元画像はこちら。
e0016517_23024246.jpg



紙面では、白黒でしか紹介できず、残念だ。



発光する雨の中に佇む美麗な衣の人物(人形かも)、

暗示的な大きな時計、

青い冷たさと光と、

非日常な紅い衣。

長い物語のワンシーン。



衣のかさがたっぷりあって、贅沢な作り。

身分の高い人の、

秘められた後宮から抜け出して来たのかもしれない。




傘を差しかけて、

「濡れますよ。うちで雨宿りしませんか。

暖炉に火が燃えていますよ。暖かいスープも有ります」

と、誘いたくなる。

熱いお風呂に入れてあげて、

毛布で包んであげたくなる。

暖かい寝床を用意してあげたい。





一夜の宿を申し出ても、おそらく、一夜では済まなくなるだろう。

どう見ても「わけあり」の、女と見まごう美青年なのだが、

やはり、事件に巻き込まれるだろう。

後宮の秘密を知ってしまい、

命を狙われることだろう。

待っているのは、ハッピーエンドか、悲しい結末なのか。






雨中無后の画像を最初に見たとき、


映画、「ブレードランナー」を連想した。


人形とは、本当に、

意のままになり難いものだ。
















by leea_blog | 2019-11-17 22:32 | Comments(4)

陋屋日記・太陽の恵み。大ぶりの柿を頂いた

e0016517_17272154.jpg

福岡の詩人、日嘉まり子さんから大ぶりの柿を頂いた。

太陽の恵みだ。

ありがとうございます。

ビタミンが補給できます。



日嘉まり子さんは、

まれびと冊子・揺蘭で、力強い地霊系の幻想詩を書いている。

今年は日嘉さんの詩は17ページ。

通常の倍近いページ数で、豊作である。





by leea_blog | 2019-11-13 17:31 | Comments(0)

まれびと冊子【揺蘭】16 完成!!!



e0016517_20304133.jpg

まれびと冊子、【揺蘭】の16号が無事に届きました。

表紙は私が毎号、コラージュを作成しています。

今号の表紙タイトルは

「めまいの宮居・時間霊の出現」。

時間霊は、私が思いついた四次元的な霊です。




今回も、見所が多い号です!


編集間違いも無く、出来上がって、

本当にホッとしています。

これも皆様のおかげですじゃ。




見どころなどを、

順次ご紹介していく予定です。





by leea_blog | 2019-11-12 20:34 | Comments(0)

まれびと冊子【揺蘭】16、九州の発送基地に到着


一年に一度、まれびとのようにあなたに訪れる、まれびと冊子、【揺蘭】。

今年も、無事に印刷が仕上がり、

九州の詩人、日嘉まり子さん宅に到着した。

日嘉さんから、各執筆人に発送される。


しばし待たれよ。


編集人の私としては、毎回だが、

編集間違いがないか、

無事に印刷が仕上がっているか、

手元に届くまで、ドキドキハラハラである。


今年も見所が多い号となりました。







by leea_blog | 2019-11-09 19:18 | Comments(2)

馬鹿日記・私の方が人形に操られているのではないか?



台湾の布袋戯の木偶を愛好している人たちを見て、思うのだ。

皆、木偶を大切に箱に入れて、写真を撮る時に出すぐらいなのではないか。。。



普段はイチャイチャしまくったり、

添い寝させたりしないのではないか。。。。

ウチはちょっと変なのではないか????




ウチの人は、一体一体手作りの人形だ。

頭部は木製だ。

毎日のようにハグしていると、劣化してしまう。

すでに一度、メンテナンスに出している。

私より長生きしてもらうためには、

イチャイチャは一月に一回ぐらいにした方が良い。

絶対そうだ。

よし、今日から禁欲だ。

無后とイチャイチャしないぞ。



と、思っても、なんだか変だ。

手が勝手に、無后の埃除けの布を取って、

勝手に抱き上げてしまう。

口が勝手に「無后、可愛いね」と言ってしまう。


おかしい。

人形劇の人形を好きになったはずなのに、

操られているのは私の方ではないのか???


前から思っているのだけれど、

取り憑かれているのでは????


e0016517_23223189.jpeg

宮無后

「神様、お願いです。

今日も公主が、抱き上げてくださいますように。

イチャイチャしてくださいますように。

公主が、無后無しには生きられなくなりますように。

1日でも無后の顔を見ないと、過ごせなくなりますように。

無后に執着してくださいますように。

神様、どうぞお願い申し上げます」


りーあ

「あっ、無后。

朝からそんなねちっこいお祈りなんかして。

どうも禁欲ができないと思ったら、

あなたが神様にお祈りしているのですね」


宮無后
「公主の髪の毛と無后の髪の毛をよじりあわせた物を、

公主の枕の下に入れて、

離れられなくなるおまじないもしました」


りーあ

「とほほほ。

禁欲は、あなたが劣化しないようにという、

つまりは、あなたに長生きしてもらうためのもの、

あなたを思っての事なのですよ」










by leea_blog | 2019-11-04 23:37 | Comments(0)