人気ブログランキング |

令和最初のバレンタインデー 薔薇



14日は、台北駅発の一日ツアーに参加した。

猛威を振るうコロナウィルスのせいで、
マスク必須。

記念写真も、マスクをつけたままでした。

霹靂社に万一ウィルスが持ち込まれたら大変なので、
マスクをつけたままでも、
ツアーが中止にならなかった事がありがたいです。


マスクをつけたままの本命との撮影も、
何年かののちに、

「この頃は中国の武漢発の、
コロナウィルスというものが猛威を奮っていて、
全世界が恐れ慄いたのですよ」、と、
良い思い出話になると良いです。


お取り寄せの薔薇チョコレートを、
本命に。

令和最初のバレンタインデー 薔薇_e0016517_11141580.jpeg

喜んでくれました。


当日が、浴衣が似合うような暑さで、
袷の私は、汗だくになり、

木偶と接近撮影をなるべく自粛する、という、
アクシデントがありました。


それでも、宮さんの方が、
こちらがタジタジとなるほど積極的で、

良い記念写真が撮れました。


私が「ひゃー、汗が付きます〜」、と、
宮さんを押し除けぎみに
顔を背けているシーンも撮影されていて、


これも良い思い出でしょう。

人形に迫られる、本尊バージョン?


関係者の皆様、
同行者の皆様、
応援してくださった皆様、

本当にありがとうございました。


今日は表情が明るい宮さん。↓

令和最初のバレンタインデー 薔薇_e0016517_12020753.jpeg



「結局、自分家の人形にチョコレートあげたんだ」、と思われた方もおられるでしょう。


うちの人と同じは同じなのですが、
こちらは、物語の撮影に使われた人形で、
霹靂社に大切に保管されている人です。











# by leea_blog | 2020-02-16 11:08 | Comments(4)

インドネシア料理 in 台北



ワシは今、インドネシアに来ているんだからね!

決して、
転地療養のついでに
台湾のアイドル?の握手会?ツーショット会?に来て、
バレンタインチョコをあげたり、
腕を回されて笑顔になったり、
頭を付けられて喜んだり、
記念写真を撮ったりした訳では無いぞよ!

その証拠に、
スパイスたっぷりの、インドネシア料理の写真を載せよう。




インドネシア料理 in 台北_e0016517_20140696.jpeg

土日限定で売り出される、インドネシアのスイーツを買った。

黒いヤツは、外見が、
棗餡っぽくて美味しそうに見えるが、
今まで食べた事が無い、変な味で、
完食が難しい。

三角のヤツは、
ココナツ味で、とても好み。

緑の花のヤツは、まだ食べていない。



セルフサービスの、インドネシア料理。

スパイスが大変効いていて、
ガツンと来ます。

思わずリピートしている。




インドネシア料理 in 台北_e0016517_20142834.jpeg



この店は三回目だが、
台湾の人だと思っていたそうだ。

色々話されても、
中国語が分からない私が筆談の前に、試しに、
英語話しますか?と聞いてみると、

お店のお姉さんとおばさんは顔を見合わせて、

ユー フロム ジャパン?
ソーリー、ソーリー、

と、テーブルに飲み物をサービスしてくれた。


ちなみに、
成田空港や羽田空港でも、

日本のパスポート所持者に見られない。

どこの国の人に見られるかというと、

その時によりだが、

要は、

一般的な日本人のイメージから外れている、という事だろう。


話は戻って。

台北駅の地下街は、発達していて面白い。

友人に、Y区の終点近く、北門駅の方向だが、その辺りにインドネシア料理店が集まっている、と教えてもらい、リピートしている。


料金表も無く、入りにくい雰囲気だが、
スパイスがガツンと効いた南国料理が食べたい時にはおすすめである。















# by leea_blog | 2020-02-15 20:12 | Comments(2)

令和最初の、バレンタインデー



今日は本命にチョコを渡す日だ。


無事に、とは言えないけれど、

幸せなひだった。


サプライズもあった。


一日ツアーの参加者全員に、

バレンタインデーのチョコを、

人形が直接手渡してくれるのだ。




本命からではないけれど、

予想していなかった。

嬉しい。


チョコ↓
令和最初の、バレンタインデー_e0016517_23071630.jpeg


中身 ↓

令和最初の、バレンタインデー_e0016517_23075625.jpeg




# by leea_blog | 2020-02-14 23:02 | Comments(0)

転地療養日記 休憩

転地療養日記 休憩_e0016517_16172158.jpeg

無事に転地療養先に着いています。


コロナウィルスのせいかどうかは不明だが、
桃園空港の入国審査は、
とても空いていた。
ほとんど待たず。


ホテルに着くと、
薄桃色の可愛い使い捨てマスクをくれた。
地下鉄やバスで使えという。



今回の転地療養中に、
一日ツアーを入れてある。

バレンタインデーだ。


もう明日ではないか。

このまま逃げ出したい。

と、いうのも、
帯の結び方をまだ習得していないのだ。

前日なのに???


なんでそんな事まだやってるの???、
と、皆さん驚くであろう。


当初、
和紙の創作着物と、
創作細帯のはずだった。

その下は、洋装。
私らしくて、良いではないか。


軽くて筋力の無い私にも、
持ち運びが出来る。

が!



出発直前に、
試し着をしていたところ、
和紙の着物が破れてしまった!!!



仕方ない、この前買った新古品の着物を着よう。
春らしい色なのに、出番が無くて残念だったところだ。

あと10年もすれば、歳に似合わなくなる色だしね。

重いけど仕方ない。


さらに、  が!


細帯では、どうにも収まりが悪い。
元々、洋服に合わせようと思って、
昔買った帯で、
普通の着物に合わせるとなると、
着方に修練が要る、とわかった。


仕方ない、
帯も普通の帯にしよう。


と、軽いはずの荷物がどんどん重くなった。


このあたりで、
やめておけばよかったのに、


なまじヘアスタイルを考え付いたものだから、

頭が和装モードに入っており、

坂道を転げ落ちていった。





普段出かけるときは、
私は、可愛い系の結び方である。


しかし、今回の、ワンデーツアーは、
朝から晩までの長丁場だ。

可愛い系の結びかたでは、
重くて体がもたないかもしれない。



やむを得ない、
今まで未経験の、お太鼓結びにしよう、
ときめたのが、出発三日前!


皆さんはきっと、
お太鼓なら結べるけど他のは自信が無い、であろう。


私は逆だ。

お太鼓は、着付け動画を見ても、

着付けの本を見ても、

何がどうなっているのかわからない。


出発前日に、
帯枕とか、帯揚とかを、
買いに行くありさまだった。


今までそんなもの必要無い結び方だったからね。


帯揚を買いに、店を何件も回った。
高過ぎるのだ。


帯揚一枚がこんな値段では、

ますます着物を着る人が少なくなる事請け合いである。



ようやく安くて気に入った色の帯揚を入手したのが、
出発前日の夕方。


荷造りを終えたのが、
前日の深夜!!!


しかも、着物の余りの重さに腰が抜けそうになった。


もう深夜なので、
諦めてそのまま実行する事にした。



あれもこれも、
和紙の着物が破れたところから、
歯車が狂い、


私らしい和洋ミックスの着方ではなくて、

似合わない、わからない、
予行練習無し、自信もない、
体力も無い、

普通の着物姿しか選択肢がなくなって、

崖から落ちた気分である。



変な着物姿には自信が有るが、

普通の着物姿なんて、

うまれて一度もやった事が無い。

あー、七五三の時に着たなあ。



なんでこんな事に。




しかも、

出発直前に、

お太鼓結びを覚えた、

と思っていたのが、実は、

間違っていた。


と、いうわけで、

現地で、ツアー前日なのに、

練習している次第。


何かが妨害しているのか?


負けないぞ。


いい点もある。

悲惨な日々、という、

雑念から逃げられている。




そんな事より、
明日、
朝早く起きられるのか?


そもそも療養中の体力で、

丸一日外出なんて、

出来るのか?


私は馬鹿ではないのか?



と、

困った事態になっているが、

トラブルは旅の華、

明日を無事に乗り切って、

後日笑って語れるようになりたいものだ。



若い頃は無茶ばかりやってた、と、

十年後に笑って思い出せるかな。


いいですか、通りすがりの皆さん、

もう歳だ、と、後ろ向きに思える事が多くても、

今の年齢は、

十年後の自分から見れば、

「あの頃は、若かった」、ですよ。











# by leea_blog | 2020-02-13 15:40 | Comments(2)

バレンタインデーのチョコ・生で新ジャガのサラダ

バレンタインデーのチョコ・生で新ジャガのサラダ_e0016517_18573859.jpg


バレンタインデーのチョコレート。

昨日の本命への薔薇チョコ以外に、

「表敬チョコ」として、惑星チョコを買った。


「表現意欲よ、今後も宇宙のように広大であれ!」、

とのメッセージだ。




着物を着るため、インナーマッスルを鍛えることにした。

何しろ私は、病中の身。

腰猫背、鬱、運動不足、と重なり、

真っ直ぐ座っているのでさえ辛い。

着物を着て出かかるのも、数年ぶりだ。




以前は「西野さんは姿勢が良いから何着ても似合う」と、
言われていたのに、とほほ、である。



雨でも大丈夫なように、楽天で安いウレタン草履を買った。

買った後に、購入者の口コミ欄を見て青ざめた。

1日で鼻緒がちぎれた、と書いてある。

安くてもそれはダメでしょう。



買い直す時間が無い。
草履を履いて歩く練習ができないではないか。


口コミをちゃんと見て他の草履にすれば良かった。



あれやこれやと、うちの人の
「行かないで」攻撃にめげそうになりながらも、
火曜日はプチ転地療養に発つ。


「そんな健康状態&準備状態でも着物なの?」と、

通りすがりの皆様は呆れるであろう。



今からでは似合う洋服を買いに行けない。

実家の修理で予算も無い。

着物なら、家にある物で賄える。



ちなみに。

今回の着物は、新古品で、三千円くらいだった。


汚れても破いても、スープをこぼしても、

泣かないで済む。

シミが付いたら、家着にする。





数年ぶりの着物で、14日は一日体が保つのか、

自信がないが、神様に祈ろう。








それはそうと。

新じゃがいもの季節だ。


体調が上向いて、二、三日に一回くらいは、自炊できるようになった。

少しでも自炊ができれば、

栄養管理もできてくるのでありがたい。




サラダでも作ろう、とレシピを検索して、

じゃがいもが生でも食べられることを知った。


全く知らなかった。

貴重なビタミン類を熱で壊さずに摂取できるらしい。


生でじゃがいもを食べるって、、、、
私のこれまでのイメージでは、
親の世代に聞いた、

戦時中に田舎に疎開した子供たちが、

空腹のあまり、畑のじゃがいもを盗んで生で食べて、

お腹を壊した、という、

そういったイメージばかりだ。


生で食べてお腹を壊さないのかな?

長芋だって生で食べる、
そういった感じであろうか。




栄養をつける為、新ジャガを生で食べてみた。



千切りにして、塩、酢、オリーブオイルをかけるだけ。


シャキシャキして美味しかった!


人参やコーン、ツナ缶など、

色々と混ぜればもっと美味しいのだろうが、

じゃがいもだけで素材の味を味わうだけでもいける。


皆様もお試しあれ。











# by leea_blog | 2020-02-09 19:45 | Comments(0)

バレンタインデーに薔薇の花

バレンタインデーに薔薇の花_e0016517_00281994.jpg

本命に、薔薇の花の形のチョコレートを手渡します。


メサージュ・ド・ローズのチョコレートです。



浮かれた日記をアップするのと同時進行で、

とてもしんどい事が山積みです。


金銭絡みで事実関係を捏造している、

職場の上部機関とのやりとりです。



不正経理はどこでもあるとおっしゃいますか。



それを私のせいにされて記録されているし、

辻褄の合わない話を流布されるし、

もう本当に、


「部下の手柄は俺のもの、

俺の不正は部下のもの。


西野は部下ではない他所の係だから、

罪をなすりつけても全然良心が咎めないぞ。

知らないうちにあいつのせいにして記録しておこう」的な。



「大黒屋。

お主も悪よのう」

「お代官様こそ」的な。


とほほ。

今は楽しいことを考えて、

免疫力をアップさせよう。






こうしたハードな日々を乗り切れるのも、

転地療養効果です。


# by leea_blog | 2020-02-08 00:43 | Comments(0)