古書市場に潜む業

家の更新料を捻出するため、身の回り品を少し売却中である。

身の回り品といっても、本や衣服だ。高級宝飾品や高級美術品は所持していない。


以前、元の値段より高値で売られる書物について書いた。
あの時は怒り心頭だったのだが、
読みたい人の足元を見る方法で申し訳ないと思いつつ、私もやっている。
マニアックな絶版本を元値の倍近い値段で売却したりしているのだ。

インターネットで売却すると、売れるとメールでお知らせが来る。
「わーい! 売れた」というのが通常の反応だろうが、ワタクシは様子が違う。
深い悲しみに襲われるのだ。

プロは売れそうな物を安値で仕入れて高値で売る。手放すつもりで入手する。
ワタクシは自分の為の物を仕方無しに売るので、手放すのはかなり悲しい。
余所様が高値でも欲しいと思うような本は、ワタクシにとっても二度と手に入らないな本だ。

インターネットの古書市場にも、頻繁に検索をかけまくった所でほとんど出てこない、出てきたところで、安値だとプロの商人がさっさと落札する、そういうたぐいの本が、高値を付けても売れるのだ。
(本当に凄い世界です。欲しいブツを登録して出品されたらお知らせメールが来るようにしておいても、ワタクシが駆けつける頃には売却済みになってるんですよ。素人に先を越されるようではプロは勤まらないので当たり前ですが)

そういうわけで、売れても嬉しくない。
悲しみに暮れながら「新しい持ち主はきっと私よりお前を可愛がってくれるよ」
と心で言いつつ、本を梱包するんです。
ちらとページをめくり、売られていく書物がしどけなく魅惑をふりまくのにどきっとしつつ
「はした金の為にお前を手放す私を許してくれ」とか
「私は定価ですらお前を買うのに逡巡した。新しい主は古書のお前を定価の倍で引き取ると言っている。余程お前を必要としているのだよ」とか言いながら、あのぷちぷちした梱包材でくるみ、受取人がじりじりと待っている姿を想像しながら宛名を書くわけです。(間違っても金の使い道に困った成金が高値がついている本を遊び半分に入手するケースは想像しない)

何としても手放したくない本は、別格として本棚の奥にかくまってある。手放す本は、貴重とはいえ、手放してもいいと判断した本だ。にもかかわらず、このいつまでも消えない悲しみは何だろう。

そんなことが続いて、ワタクシははっと気が付いた。
この異常な程の喪失感は、心身にとても悪い!!!
喪失感に利益が釣り合わないのだ!!!!!! 嫌なら売るな。

それにね、ワタクシの持っている本は、貴重な本とはいえ、貴重さもたかが知れている。
何万の利益が出るわけではない。泣く泣く手放して何千円の利益である。
付き合いで飲みに行けば一回で無くなる。いや、飲みに行くにはまるで足りない金額ではないか。
気づくのが遅かった。
貧すれば鈍する、とは良く言ったものだ!

よくも何千円の為にあの本やあの本を売ったよなぁ。
(本の名を挙げれば、知っている人は「そんな値で手放すなんて馬鹿だ」と思うに違いない) そういう訳で、カラオケは昼間限定、大人数の飲み会は、申し訳ないが私が居ても居なくても影響は少ないので、欠席します。


これには後日談がある。
「絶版本とはいえ元値の倍で買うか?人の足元見るんじゃねぇよ!」と買う方はひかえていたワタクシだが、先日買ってしまった。元値の倍以上で。世間の人はどんなに読みたい本だろうと古書に高額を出すよりも、図書館で我慢するのを選ぶはずだ。

書いたり読んだりの世界は、泣いてすがる妻子を蹴倒して別の道に足を突っ込むのに等しい。

いや、人間の振りをしていた怪異が隠しきれずに正体を現すのに等しい。
私が本当に欲しい物はごく幼少の時から、金では買えない物ばかりだった。
此の世では手に入らない物ばかりに惹かれるたちに出来ていたのだ。
書物や絵は、そうしたものと此の世をつなぐ呪術の手段の一つでしかない。
[PR]
# by leea_blog | 2006-04-16 01:38 | Comments(0)

春だ。美術館は人で埋まっている。

いきなり荒天、いきなり晴れ、の今日。。。。

竹橋の国立近代美術館に藤田嗣治展を見に行った。
もの凄い人だった。。。。。
人垣で絵が見られない位に!!!!

これから行こうと思っている方は要注意。
ちゃんと近くで見ようと思うなら、ひたすら並んで、のろのろとすり足状態で人の流れに沿って進むしかない有様です。
絵はがき等の販売コーナーは人垣で商品に近づけません。
平日に行くのをお薦めします。
え? 休暇が取れない?
そおだろうなぁ。私も同じだ。
さもなければ、会期終了間近が良い。 少しは空いているかもしれない。

ううーん、かなりの数の作品が来ているし、作品は美しいし、季節も良いしで、人がどっと繰り出すのはわかるけど。
いつもと同じ愚痴で恐縮だが、もうちょっと何とかならないのかな。あんなのは作品を見る空間じゃないよ。
作品との対話なんて無理。思索にふけるなど論外。
立ち止まれないし、ぼーっとしていたら人にぶつかられまくりです。

仕方ないので私は、離れたところから人垣越しに作品の上半分を眺めたりしているわけです。そして、年輩者や若い子ちゃんが多い事に気づいた。
こらこら、お年寄りや学生、専業主婦は、極力平日行きなされ!
聞くとも無しに耳に入る会話からすれば、君らは地方から見に来たのでも何でもない、近場在住じゃないか。土日祝日は会社員に譲って、空いてる平日に行きたまへ!

美術館も、混雑緩和の工夫して欲しい。
平日割引とか導入すれば、少しは平日に流れるのでは。
あるいは、土曜日も夜遅くまで開館してよ。
金曜だけだと、美術館の近くに勤務してるサラリーマンしか恩恵に預かれないでしょ?

そして。絵はがきやカタログの印刷が良くない!
メイドインジャパンとは思えない。
客を舐めてるのか〜。
ううーむ、公立の美術館・博物館も独立行政法人→民営化のアレで、厳しいのだろうか。今回に限らず、昔に比べて絵はがき等の印刷が悪い。

いやはや。美術館・博物館系では、客の行列が館外に延々と延びて、延びるだけでは収まらずとぐろを巻くに至る光景を上野で目にし、憮然として引き返した記憶が多々。

文化に餓えた時代があったよね。
終戦直後の食べ物と物が無い時代みたいに。(済まぬ、これは伝聞だ。その頃私は生まれていない。親からさんざん聞かされた)
ワタクシの子供のころも、物資は取り敢えず足りていたが、文化的には貧しかった。衣食住を何とかするのに必死な時代だったのだと思う。

しかし。大人になっても。
日本国は時間の余裕の無さにおいて高名な国だ。一家族に複数台のテレビや車はあっても、時間は相変わらず足りない。時間が足りない生活は、楽しみを成熟させないから、文化も即効性に走る。時間や空間のゆとりが無いとゆたかの実感も無い。

えー、そんなこと言われても、ととまどう人も多いが。
日本人の現代の時間感覚は、旅行といえば海外で一週間、国内なら二泊三日ほどではないか。

ワタクシは単独でほっつき歩く事が多いので、勢い出先で隣り合った人たちと話すことになる。お決まりのパターンだが、休暇の日程の話になると、相手の観光客は「え? 日本からここまで来たのに、一週間で帰るの?」「飛行機での移動時間が有るから正味三日位ですね」「ここまで来るのにお金掛かったんでしょう? たった三日?」「日本では時間はお金より貴重なのです。会社員が一週間休みを取るのは大変で、取れれば幸運ですから」

ま、私は海外に出るととたんに愛国者になるので、こうした日本人の勤勉さが短期間に生活レベルを押し上げ、高品質の物を生みだす国にしたのだ、とか付け加えるのだが。
大抵の反応は、「我々は自分や家族の楽しみのために働いて、こうしてここにいる。あなたがた日本人は、休暇もビジネスのように急ぎ足だ。なら、何のために勤勉に働くのか」である。

 「ほほほほ。稼いだ金は、来るべき神の国の為に宗教団体に寄付しているんです」とか、「人類の為に、遺跡の保護に寄付しているんです」とか、「発展途上国の援助や国際紛争の解決に資金を投じるべく、わたくしどもは単身赴任も過労死も厭わないのです」とか、理念の為ではない。単純に、長期休暇が欲しければ仕事を辞めなくちゃならない人がほとんどだからだ。
 衣食が足りたのなら、時間と空間のゆとりに目を向けたいものだ。

時間と空間のゆとりを求めると、とたんに職を失って衣食も足りなくなる。21世紀に入っているし、我が国も悪循環を少しずつ脱却して行くものと信じている。
[PR]
# by leea_blog | 2006-04-08 22:14 | Comments(0)

春が来た!

e0016517_225515.jpg
e0016517_226926.jpg
e0016517_2262930.jpg


去年の春、さいたま市の郊外で撮った写真、しかも携帯。

(画像が小さすぎて加工できず)

春はうれしい。

冬眠が終わりを告げる。
そして、春のうたた寝が待っている。
美しい柔らかい色彩の季節。
そして、猛々しい生命の季節だ。

歓送迎会が続く。眠い。

遠くに行きたい。
[PR]
# by leea_blog | 2006-03-28 22:11 | Comments(0)

ミチルさんミニ個展と、時間欠乏のりり山

昨日は、桜の開花宣言。

例年より一週間早いという。

梅の花盛りは例年より一ヶ月遅かったらしいし。

これでは体が保たないよ〜、と咳き込みつつ、熱も下がったし、自由が丘の小原ミチルさんのミニ個展に出かけてきました。

作品の出品数も増えて、光り物の具合も良い感じ、会場のヒーリングショップと素敵に調和していました。個人的には、CGにペイントした作品が特に惹かれますねぇ。ワタクシの作品傾向とは全く違うんですが、ミチルワールドの奥行きを感じさせます。

銀の手製アクセサリーを見つつ、着実にやりたいことを実現していく姿は頼もしいな、と感じました。


ワタクシも大分前からアクセサリーを自作したいという欲望を持っているのを思い出しました。装身具は、日常の中の呪術の道具。
 【欲しい物が手に入らないなら、あるいは存在しないなら自分で作れ】、が創作の基本。なぜ自分で作らないかというと。
 ↓
1 時間が足りない。
2 細かい作業で根を詰める事になり、肩と首に負担が掛かる。
3 魅惑される素材が、資金が掛かりすぎる物ばかり(汗)

この問題は根深い。十代の頃から時間の欠乏は大きな問題だった。。。。

 いやはや、絵を描く時間を十分確保できずストレス溜めている状態で、さらに手を広げてどうする、と自分に言い聞かせる訳です。作るだけではなくて、読んだり見たりも同時に重要だし。自由が丘への道すがら、溜まっていた本が少し読めてちょっとストレス解消できました。

 ワタクシの場合、一つのイメージに対して手段が多すぎるのです。手段を絞らないとどれも中途半端になってしまうので、場所を選ばない詩と絵に絞ったのでした。紙と筆記用具が有れば電車の中でもできるでしょう。
 本当は、物語と色彩と音楽が同時に展開する「影像」も激しくやりたい。

 一時、20分くらいの影像を作ろうとして色々やったのでした。自作の物語の影像化。 プランを聞いただけで誰も乗ってくれなかったんです。「金が掛かりすぎそう」、と(笑) 何しろ出演者はワタクシがみずから北欧の街に出かけ、粘り強くカフェで道行く人を眺めつつ、イメージに合う人をスカウトしてくる、という、今考えれば無茶な案でした。広告出してオーディションしろよ、オーディション! 
 さらにロケ地は海外だったんですよねぇ。うら若いワタクシがロケ地候補を上げて色彩効果その他を熱っぽく語るのを聞いて、多くの人が“引いた”のでした。

 裸石を見ていると、物語の登場人物達がまとう装身具が、色彩と共に脳裏をよぎり続けるんです。石や金属などの素材は、使って欲しくてしきりに目配せをするのです。これが欲しい、と思うと、お値段がワタクシの給料よりも高い。

 ごちゃごちゃ言っている内に時間は過ぎてゆく。宝石細工は北欧のヴェルンドなどの天才的な妖精族に任せて、ワタクシは手元の仕事から片付けなくては。
[PR]
# by leea_blog | 2006-03-22 22:30 | Comments(3)

夕暮れの灯りがつきはじめる海際の、、、、

e0016517_2242985.jpg


春だ。
というのに、ひどい風邪で喉をやられて、ほとんど声が出ません。

先月インフルエンザで寝込んだばかりではないか。。。。

風邪で寝込むのは良い点も有る。
その一 休息せざるを得ないこと。
その二 ぼーっとできること。
その三 本を読めること。

読みまくった本のことを書きはじめると延々と止まらないので、今日は先日出かけたでずにいしぃの携帯写真を貼り付けるだけにしておこう。

夕暮れ時、空はまだ明るいのに地上は何となく薄闇が漂って、街灯が付きはじめる時間。
空の明るさと地上の街灯がえもいわれぬ不思議な雰囲気で。
刻々と暮れてゆく景色に、「終わらないで」といつも思う。
昼と夜との境目の時刻は、素晴らしい。
桜が咲き始める頃になると、幻覚ではないかと思う程素晴らしい黄昏時が多くなる。
[PR]
# by leea_blog | 2006-03-15 22:22 | Comments(0)

AngelAidさんのプチ個展  

三寒四温。。。。


小原ミチルさんが自由が丘のヒーリングスペース“イリス”にて、二度目のプチ個展を開催。3月14日から3月23日までです。お店に近づくと、心地よい水の音と良い香りがしてくるんです。
今年は銀のアクセサリーもお目見えのようです。
詳細はこちらをどうぞ↓

http://homepage2.nifty.com/AngelAid/ivent.html


他の人たちの創作を見ていると、私も視覚表現や立体を早くやりたくて堪らなくなるんですが(笑)
油彩の絵の具が、ぜーんぶ駄目になっちゃってるんです。
それ以前に、画材を広げるスペースが皆無!
頭を切り換えて、デジタル画像表現に向かえば取り敢えずスペースと画材の問題は解決するのですが。。。
別物なんだよなぁ。
アナログ表現とデジタル表現。
デジタル表現は、外光によって刻々と表情を変えることが無いし。
生まれる所が全く別。育つ所も全く別。似てるけど、違うのだ。
デジタルの可能性には本当に驚いているものの、
アナログが充実していてのデジタルだと思うのだ。。。。。



風邪を引いた。。。。
寒暖の差が激しすぎる今日この頃だから、引いて当然だが、、、ちょっと悲しい。先月インフルエンザで寝込んだばかりなのに。

◎熱で食欲がない時の助っ人→今回は、頂き物の、柚子胡椒。野菜を煮込んだスープに少し入れると、ぴりっと食欲を刺激して体も温まります。

 柚子胡椒って???? ワタクシはこの歳まで名前も知らなかったのですが、九州では一般的な調味料のようです。柚子の皮と青唐辛子を細かくすりつぶして塩と漬け込んだもので、上品で奥深い味わいが飽きません。
 納豆やスープ、サラダに入れると、いつものおかずが別物のようになって、びっくり。柚子と唐辛子、と聞いただけでも体に良さそう。まだ食べたことのない方は、お試しあれ。
[PR]
# by leea_blog | 2006-03-12 21:01 | Comments(0)