人気ブログランキング |

まれびと冊子【揺蘭】16、九州の発送基地に到着


一年に一度、まれびとのようにあなたに訪れる、まれびと冊子、【揺蘭】。

今年も、無事に印刷が仕上がり、

九州の詩人、日嘉まり子さん宅に到着した。

日嘉さんから、各執筆人に発送される。


しばし待たれよ。


編集人の私としては、毎回だが、

編集間違いがないか、

無事に印刷が仕上がっているか、

手元に届くまで、ドキドキハラハラである。


今年も見所が多い号となりました。







# by leea_blog | 2019-11-09 19:18 | Comments(2)

馬鹿日記・私の方が人形に操られているのではないか?



台湾の布袋戯の木偶を愛好している人たちを見て、思うのだ。

皆、木偶を大切に箱に入れて、写真を撮る時に出すぐらいなのではないか。。。



普段はイチャイチャしまくったり、

添い寝させたりしないのではないか。。。。

ウチはちょっと変なのではないか????




ウチの人は、一体一体手作りの人形だ。

頭部は木製だ。

毎日のようにハグしていると、劣化してしまう。

すでに一度、メンテナンスに出している。

私より長生きしてもらうためには、

イチャイチャは一月に一回ぐらいにした方が良い。

絶対そうだ。

よし、今日から禁欲だ。

無后とイチャイチャしないぞ。



と、思っても、なんだか変だ。

手が勝手に、無后の埃除けの布を取って、

勝手に抱き上げてしまう。

口が勝手に「無后、可愛いね」と言ってしまう。


おかしい。

人形劇の人形を好きになったはずなのに、

操られているのは私の方ではないのか???


前から思っているのだけれど、

取り憑かれているのでは????


e0016517_23223189.jpeg

宮無后

「神様、お願いです。

今日も公主が、抱き上げてくださいますように。

イチャイチャしてくださいますように。

公主が、無后無しには生きられなくなりますように。

1日でも無后の顔を見ないと、過ごせなくなりますように。

無后に執着してくださいますように。

神様、どうぞお願い申し上げます」


りーあ

「あっ、無后。

朝からそんなねちっこいお祈りなんかして。

どうも禁欲ができないと思ったら、

あなたが神様にお祈りしているのですね」


宮無后
「公主の髪の毛と無后の髪の毛をよじりあわせた物を、

公主の枕の下に入れて、

離れられなくなるおまじないもしました」


りーあ

「とほほほ。

禁欲は、あなたが劣化しないようにという、

つまりは、あなたに長生きしてもらうためのもの、

あなたを思っての事なのですよ」










# by leea_blog | 2019-11-04 23:37 | Comments(0)

馬鹿日記・「可愛い」で、幸せホルモンを出す



ところで、脳からは、幸福ホルモンと言われる物質が出ることを皆様はご存知であろう。

鬱傾向の人は、バリバリに幸福ホルモンが出ていないと思われる。

食事や生活習慣で、幸福ホルモンを出す練習をしていきたい。


現状にかわりがないなら、

幸せと感じるのと、不幸だと感じるのでは、

幸せと感じる方が、免疫力も上がるし、代謝も上がるし、

いいことだらけではないか。



「可愛い」と思うだけで分泌される幸福ホルモンがある。

オキシトシンという。


可愛いと思う動物の写真を眺めるだけでも効果があるそうだ。

ぬいぐるみをナデナデするのでもいいそうだ。

なんの努力もいらない。

「可愛い」と思いさえすればいいのだ。

お手軽だ!!!




鬱の時に、「幸せだ」と感じるのは、

むちゃくちゃハードルが高い。

が、「可愛い」と思うことなら、できる。



うちには、可愛い人たちがいる。

彼らは、確実に、オキシトシンを分泌させるのに貢献している。


宮無后↓


e0016517_18011535.jpg

抱き上げると、上半身を前に倒し気味にして、

ピタッとくっついてくる甘えん坊さんである。



抱き上げてよしよししていると、

氷点下の世界に、潤いが滲み出るように、

「可愛い」という感情が脳から滲み出てくる。



確実に、幸福ホルモンが出ており、

快感を感じる。



それで、癖になるというか、中毒性があるというか、

三日にあげず、抱き上げてよしよししたり、

ハグしたりするのであるが、


相手は人形である。



一点一点手作りの、工芸品だ。

劣化するのである。


なるべく抱っこしてよしよししたり、

添い寝させるのは、

避けなくてはならない、はずなのだが、



人形が構って欲しい時には、

私のことを呼んでいるような気がしてならない。


これは、どう説明したらいいのであろう。

幻聴、というのとも違うし、

妄想??

いや、そういう、自分の脳で完結している感覚ではなく、

相手と交流しあって生まれる、

「人形とのコミュニケーション」としか言いようがないものが、

明らかに生まれているのである。



タバコをやめてニコチン中毒から脱したが、

人形中毒になっている。。。。。












# by leea_blog | 2019-10-28 18:25 | Comments(4)

まれびと冊子【揺蘭】情報 16号を本日入稿


創刊されてから、今年十七年目になるまれびと冊子【揺蘭】。

16号を、本日入稿した。

11月9日には、発送基地の、九州の詩人、日嘉まり子さん宅に着く予定だ。


年内に出せることになって、ホッとしている。

いつもうるさい注文を聞いてくださるコーシン出版さん、

ありがとうございます。

今年もうるさい注文を出してしまいました。


十七年、我ながらよく続くと思うが、

それは、面白い原稿が集まってくるためだ。



なぜ東京の印刷会社から、九州に発送するのか。

それは、今まで発送基地として頑張ってくれた横山克衛氏が、

諸事情で発送できなくなったためでござる。


去年から、慣れない発送を、地霊の声を聴く詩人の、日嘉さんが頑張ってくれている。

ありがとう! 日嘉さん。


日嘉基地から、各執筆人に発送され、

各執筆人から、

遅ければ来年になると思うが、

読みたい人のところに届く。


16号の見所は、

たくさんあるのだ。


原稿をみんな印刷所に入れてしまったので、

手元にないのだが、

印刷が出来上がったら順次、見どころを紹介していこうと思います。







# by leea_blog | 2019-10-23 22:36 | Comments(0)

まれびと冊子「揺蘭」通信・原稿が揃った



今日は、良い事がいくつもあった。

良い事その1 区の区民祭りに出かけ、幼馴染と三人で散策し、ランチ&お茶をした。

良い事その2 まれびと冊子「揺蘭」の、最後の原稿が無事到着した。

これで、今号も面白い内容になる事が決定した。


良い事その3 最後の原稿を待っている間に、

編集人の私は、編集を進めていたが、今号の表紙が思いの外うまく行った。

出来上がりが楽しみだ。


良い事その4 更に、待っている間、編集人は自分の原稿につける画像を、友人に依頼した。

自分で描く方法もあるが、

他の才能とコラボレーションしたかったのだ。


その画像も、二つ完成した。

はははははは。今号の揺蘭も、見どころが満載である。


今日のこの豊作ぶりはなんであろうか。。。。




# by leea_blog | 2019-10-19 21:47 | Comments(0)

陋屋日記・温泉療養の適応症にうつ病が


環境省のパンフレット、「温泉療養のイロハ」を見た。

最近では、自律神経不安定症、不眠症、うつ病も温泉の適応症に入っている、と知った。



精神的なストレス過多の現代人がかかる危険が多い、不眠症、うつ病。


私は経験的に「効果がある」と知っていたが、

こうしてちゃんと適応症に入っていれば、実行してみる人も増えるのではないか。




「十分な効用を得るためには、二、三週間程度の療養期間が適当でしょう」、とある。


これも、経験的に、理解できる。

病気療養に入ってしまった人は、

覚悟を決めて、じっくり滞在をするといいのであろう。

ちなみに、一回の滞在ですぐ治るというより、繰り返すことによって、

症状が底上げされていく感じである。


鬱で休むほどになってしまった人は、重いダメージを脳に抱えているのだから、

短期間でなんとかしようと頑張ってしまうと、逆に脳にストレスを与えてしまうであろう。

頑張りすぎて病んでしまったのだから、「頑張らない」、も療養のうちだ。


長期、しかも繰り返しの療養となると、経費が気にかかる。

湯治宿的なところに泊まったり、
安めの宿に泊まって、外の湯に通い湯治をしたり、
選択肢は色々ある。


転地療養の効果については、過去日記をご参照ください。










# by leea_blog | 2019-10-17 20:22 | Comments(0)