転地療養日記 大晦日

e0016517_18415624.jpg

お祝いの桃をかたどった、パン。
25元。


大晦日です。

元旦の便で成田に到着予定です。


今年がもうじき終わり、
新しい年がやって来ます。

そんな夜は、
やはり、厳粛な気分になります。



ゴールデンウイークまで闘える体になれたのか、甚だ微妙ではありますが、
無事転地療養をおえられました。

到着した時が、
悲惨でしたから、

何とか持ち直しただけでも、
大きな成果と言えましょう。

ゴッドハンドのB先生と温泉のおかげでございます。

一月のクレジットカードの請求金額を見て、
さーっと青ざめております。

そんな世俗の心配が出来るようになったのも、
回復の証です。
それどころじゃ無かったです。

働けば何とか払えます。

働く為に資金を投入して、
体を壊して、
また資金を投入。。。

何のために生きているのか
わからないじゃん!

と、
通りすがりの皆様は思うでありましょう。

ワタクシも疑問に思います。

寝込んでいる間、
色々考えてみましたが、

資産も起業のセンスも無い人は、

大抵こんなものではなかろうか。

お釈迦様の時代から、
生きるという事は、
苦でありました。

脱したければ、
悟りを開かなくては!


しかし、働くと、
経済面の悩みが減ります。

経済的に何とかなる、
という事は、

選択の自由を手にする、
という事でもあります。

これは重要なことではありますまいか。

学生時代、貧乏で、
本や絵の具を買うのも大変だった、
トラウマで、
家が本で埋まっていたりします。

子供の頃、
好きな本に囲まれて生活したい、
と思いました。

叶っているじゃん!


働けば、
次の詩集も、
だせるかもしれない。

いや、しかしね、
詩集出すのにお金かかりすぎでしょう。



本年はお世話になりました。

来年も、

どうぞよろしくお願い申し上げます。







# by leea_blog | 2018-12-31 18:17 | Comments(4)

転地療養日記 台中日帰りの旅

療養目的のため、

ひたすらマッサージ、
温泉、
寝る、
食べる、
筋肉をつける為無理なく歩く、
という毎日。


唯一の遠出が、
台中日帰りの旅でした。
e0016517_15564289.jpg
台中駅の巨大オブジェ。
草の露を飲んでいる蜻蛉。


行ってみたい茶藝館等ありますが、
今回は、
体力に自信が無く、
いつもの人形屋に直行直帰しました。


台中は、
新幹線で一時間程で行けます。

楽々日帰りが出来ます。
見所も多く、
一泊して、
のんびりするも良しです。

給料がもらえるようになったし、
今回は新幹線で行こうかな。

と、思いましたが、

長距離バスの旅情捨てがたく、
またバスで行きました。

台北から台中まで、
300元。

平日割引で、
260元。安い!

掛かる時間は、
2時間半から3時間。

座席は、どこのバス会社も、
三列で、快適です。
トイレ付きです。


Uバスは、
無料ワイファイがつかえると書いてありましたが、
全く繋がらず、でした。








# by leea_blog | 2018-12-30 15:50 | Comments(2)

転地療養日記 牛肉麺その2

寒波が日本を襲っている様子です。
台湾も。

最初のうちは、
23度あって、
東京から到着すると、
暑くて気持ちが悪くなる程でした。

冬なのに、ホテルの部屋では冷房をつけた程!

深刻な冷え性のワタクシにとって、
有難い気候でした。

が!
寒波到来!
一気に10度も下がって、
コートが必要な寒さになりました。

それでも13度です。

東京の冬に比べて、
極楽のような冬。

マッサージに通いまくっておりますが、
ゴッドハンドのB先生曰く、
昨日は寒くて通りを誰も歩いていなかった、
との事。

13度で人通りが絶えちゃうのか!!

いやいや、寒いと言っも、
手袋もマフラーも要らないですよー。

その代わり、台湾の人は暑さに強いです。


e0016517_13422361.jpg

さて、先日、建宏牛肉麺に行った日記を書きました。

その並びにある、富宏牛肉麺にも、
食べ比べで出かけました。
兄弟店のようです。

牛肉以外に乗っている具は、
テーブルの上から自分で好きな量を盛るシステムです。

辛さ等を好みに調整しましょう。

外見もお味も、値段も、
両店、ほぼ同じです。

敢えて言うなら、
スープの後味が、
建宏牛肉麺の方が、後を引く、
コクのある感じでしょうか。

とはいえ、
料理の味は、同じ店でも微妙に毎日違うもの。

どちらの店がいいかは、
各人の好みでしょう。

味は建宏牛肉麺が好みだけれど、
富宏牛肉麺は、
室内もあります。
路上のテーブルで食べるのに対抗ある方は、
こちらがお勧めです。

ワタクシにとって決定的なのが、
富宏牛肉麺には、
各テーブルに、ボールに盛った生にんにくが置いてある所です!

上記画像の、右上隅にちょっと写っています。

生にんにくをかじりながら、
食すと、さらに美味しくてスタミナもアップ!

ワタクシは生にんにくが好きなのですが、
息が臭くなる為、
日本では敢えて食べません。
悲しい。

と、いうことで、
この二店は、
どちらもお勧め、
リピート必至です。

北門から近くの洛陽路にあります。
西門からも少し遠いですが徒歩圏ですので、
散策のついでに足を伸ばしてみては。

故宮博物院に行く方は、
名前は忘れましたが、
上の階にあるレストランの、
牛肉麺もお勧めです。

初めて台湾に行った時、
食べて、衝撃を受けました。

牛肉と、牛すじが、
ゴロゴロ入っている!
これでもか、という感じに入っていました。

塊で入っている店は、
その後遭遇していません。

牛肉麺に入っている牛すじは、
プリッとした食感もナイスで、
癖になる美味しさです。

メニューに、
半肉半筋、とあるのが、
牛すじいりです。




# by leea_blog | 2018-12-29 13:41 | Comments(4)

転地療養日記 台湾は果物が美味

e0016517_19154711.jpg

爆汁美人柑。↑隣は人形劇マグカップ。
左手後方は、向日葵の種。

台湾は果物が美味しい!
果物屋で買って、
不足しがちなビタミンC補給に、
ホテルで食べます。

今は12月で、
マンゴーもライチも無いけれど、

美味しいパパイヤもあるし、
日本の蜜柑とは違った蜜柑があります。

釈迦頭もある!
外見はゴツゴツしたかんじですが、
↓甘くて美味しいんです

e0016517_19223884.jpg

それはそうと、
台湾では、
爆汁とか、噴汁とか、
汁気があり過ぎて、
勢いが余った果物が喜ばれるようです。

ライチなど、
お値段高めの噴汁の物を買ったら
気をつけて剥かないと、
汁が噴き出ます。

危険!

それにしても、
日本の蜜柑は、
こたつでテレビを見ながら食べられるように、
汁で手が汚れない、
合理的な果物です。

台湾のみかんは、
剥くと、
房の皮が薄くて、

汁気たっぷりの中身が
「見て!爆汁でしょ?
食べて!食べて!」と、
自己主張しまくります。

それを「うわー、ジューシー!」と、
愛でながら、
汁で汚れないように気をつけながら食べます。

日本の蜜柑は、
汁で指や服が汚れる心配をしないで食べられるように、
独特の進化を遂げたのであろうか。

日本の蜜柑は、
大きさも、
小ぶりで、
気軽にいくつも食べられるし、
指が汚れないので
何かしながら食べられて、
主役にはならないけれど、
日本の冬に無くてはならないビタミン源ですね。














# by leea_blog | 2018-12-26 19:14 | Comments(4)

転地療養日記 牛肉麺

e0016517_21153635.jpg
北門駅から歩いて五分ほど、
建宏牛肉麺の牛肉麺、
大きさは中。
百元。安くて美味しいです。

大、中、小で値段が違います。

中が普通の、大きさです。

中でお腹一杯になります。



牛肉麺は、
大抵180元くらいしますので、
100元は、激安です。

安いのに美味しい!

その代わり、

路上に並べたテーブルで、

屋台ののりで食べます。

外気に触れながらの食事は、

東京にはほとんど無いから、

むしろ贅沢ともいえます。


転地療養中は、
栄養のある物を食べるのも、
お仕事のうちです。


東京の台湾料理屋の、
美味しくない牛肉麺で我慢していたので、

本場の牛肉麺が嬉しい。











# by leea_blog | 2018-12-25 21:14 | Comments(2)

転地療養日記 北投温泉 瀧乃湯

e0016517_19565194.jpg

メリークリスマス!

無事に台北に到着しております。

引きこもり生活だったのに、
フルタイムで働くようになり、

疲労困ぱい状態でした。

体が石のように、
硬く冷たくなっていて、

お風呂で温めようとしても、
貧血を起こしてしまう状態。



今回の転地療養の目標は、
ゴールデンウイークまで保つ心身を手に入れる事です。


ゴッドハンドにマッサージしてもらい、
温泉に浸かり、
栄養のある物を食べ、
余計な事は悩まずに、
眠る!
滞在中は、この繰り返しです。

(あと台湾人形劇のピリかな)


いつも転地療養は、
10日以上経ってからじゃないと、
効果が出て来たな、と感じられないのに、

フルタイム勤務をしていると、
長い休みが取れません。


体力その日暮らしのワタクシとしては、
この先どうなるのだろう、と、
なかなか不安であります。


まあ、今悩んでもはじまらない事は、
転地療養中は忘れる!


ところで、

台北から地下鉄で40分くらい行くと、
北投温泉という、
とても効く温泉があります。


癒されるというよりも、
ズシーン、と、
重い効き方です。


過去日記ご参照。

立ち寄り湯の、
瀧乃湯に行ってみると。

平日なのに、
女湯が激混みで、
順番待ちでした。

男湯は、
順番待ちしていませんでした。


長い待ち時間を覚悟して来たのか、
トランプ持参のお客さんも居ました。

150元で歴史のある、
効果の高い立ち寄り湯に入れるのだから、

トランプしながら待つのも苦ではないのかもしれませんね。


早朝とか、
夜遅くとか、

皆んながお風呂に来ない時間帯をねらうのがオススメです。
あとは、お昼御飯の時間帯も、
人が少なくなります。


日程に余裕のある旅行者さんは、
休日は、はずした方がいいと思います。








# by leea_blog | 2018-12-24 19:55 | Comments(2)